茂木城(もてぎじょう)

茂木城の基本情報

通称・別名

桔梗城

所在地

栃木県芳賀郡茂木町(城山公園)

旧国名

下野国

分類・構造

山城

天守構造

築城主

茂木知基

築城年

建久8年(1197)

主な改修者

主な城主

茂木氏

廃城年

遺構

曲輪、土塁、横堀(空堀)

指定文化財

町史跡

再建造物

説明板

周辺の城

千本城(栃木県芳賀郡)[5.5km]
村上城(栃木県芳賀郡)[6.3km]
西明寺城(栃木県芳賀郡)[10.8km]
森田城(栃木県那須烏山市)[11.8km]
野口城(茨城県常陸大宮市)[13.4km]

茂木城の解説文

茂木城(もてぎじょう)は、現在の栃木県芳賀郡茂木町にあった中世の日本の城である。宇都宮氏の支族であった茂木氏の居城であった。

歴史・沿革
1180年(治承4年)宇都宮宗綱の次男・八田知家は源頼朝の蜂起に際の勲功によって、頼朝より茂木保の地頭職に補任される。
1192年(建久3年)に知家は三男・知基に地頭職を譲り茂木氏を名乗らせた。その茂木知基によって、建久年間(1190年 - 1199年)に築城される。
1556年に佐竹氏に攻められ茂木氏はこれに臣従、以後佐竹氏の影響下に入る。
1585年(天正13年)には天谷場の合戦で北条氏・結城氏らの連合軍によって1度は城を落とされているが、佐竹氏の援軍を得て奪回している。
1594年(文禄3年)に佐竹義重の命によって茂木氏16代・茂木治良は小川城へと移り、茂木氏の支配が終わる。
1595年(文禄4年)に佐竹氏に属する須田治則が城主となる。
1610年(慶長15年)に佐竹氏が秋田に移封となり、代わって細川興元が茂木に入り、城下に陣屋を設けたため廃城となった。

現在の状況
現在の茂木城跡は城山公園となっていて、曲輪・土塁・空堀が見られる。また、斜面の木々は間伐されており、良好な形状で保たれている。

茂木城の口コミ情報

大山祇武蔵守明希様[2016年06月11日]
茂木町民に感謝! 綺麗な公園となっていますが、遺構はしっかり残ってます。
野鳥の囀ずりのみならず、SLの汽笛とブラスト音が聞こえる城跡で、来た甲斐がありました。

野呂利駿河守休三23夜のみ様[2015年04月07日]
伝承では鎌倉初期の建久年間築城とされるが、確実な史料では南北朝時代。ただし今の場所にあったかどうかは疑問が出されている。
それはともかく、実際の城域は、今の城址公園の北側の羽黒神社辺りまで城址公園もう一つ分広がっている。
当時の大手道は現在出丸と呼ばれているところの北側の谷筋だったらしい。
車でⅠ郭近くまで登ることができる。車道以外にも遊歩道があり、桔梗橋付近などに登り口がある。
地元では桜の名所。

コロ助様[2015年02月25日]
茂木駅から徒歩15分で到着。

土塁や曲輪を活かした公園になっています。公園なのできれいに整備されているし、山城としての遺構もよく残っているし、とても良かったです。空堀から見上げる土塁にトキメキました。

すごく素敵な所なのに、日曜日にも関わらず人が殆ど居なくて、かなりのんびり出来ました。眺望も良く、綺麗な夕日を眺められました。

大宰大弐道灌♪ヽ(´▽`)/様[2014年12月23日]
城山公園…公園って聞くと、何だか公園化された時にかなり遺構が壊されてしまってるのでは?…と考えてしまいがちですが、この茂木城址…多少手は加えられてるものの、かなり良好な保存状態です♪山頂に駐車場がありリア攻めも楽々です(笑)山頂の本郭、また空堀を隔てた出丸からの眺望は、とても気持ちよかったです♪何だか何回か繰り返し訪れてみたくなるような素敵な城址公園でした。

田部朝臣土持兵庫頭様[2013年12月10日]
 町指定という、予算の限られた指定のレベルを考えれば、十分以上に整備されています。
 駐車場もかなり充実していて城の中心部分まで舗装道路を登っていく事ができます。
 敷地内の眺望が非常に良く、攻め寄せられた時、どのような兵力配置をしたのか、目に見える様な素晴らしさです。
 山城としての防御設備の技巧などが見て取れ、敵兵の誘導経路等がはっきりわかるので、車でのアクセスと合わせると山城初心者にはうってつけだと思います。
 まぁ本丸の遊戯施設はご愛嬌。あの程度設置することで「公園」として成立して整備できるのであれば、むしろ他の城跡もどんどんやってほしいといった所。

伏龍鳳雛SAS様[2013年03月04日]
車で山頂まで行けます。駐車場あります。
対向車いたらきついですけど

μ1030SW様[2010年06月13日]
茂木町から案内版もあり行きやすい。
公園として整備されています。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore