烏山城(からすやまじょう)

烏山城の基本情報

通称・別名

臥牛城

所在地

栃木県那須烏山市城山

旧国名

下野国

分類・構造

山城

天守構造

築城主

那須資重

築城年

応永25年(1418)

主な改修者

堀親昌

主な城主

那須氏、成田氏、板倉氏、堀氏、大久保氏

廃城年

明治2年(1869)

遺構

曲輪、石垣、土塁

指定文化財

市史跡

再建造物

説明板

周辺の城

森田城(栃木県那須烏山市)[4.0km]
武茂城(栃木県那須郡)[8.8km]
千本城(栃木県芳賀郡)[9.6km]
桑久保城(栃木県塩谷郡)[9.9km]
神田城(栃木県那須郡)[10.0km]

烏山城の解説文

烏山城(からすやまじょう)は、下野国那須郡(現:栃木県那須烏山市)にあった山城である。

歴史・沿革
応永25年(1418年)、下那須家初代那須資重によって築かれ、永正11年(1514年)の下那須家滅亡まで下那須家の居城、那須氏統一後は、那須氏の居城として使われた。

戦国時代には、佐竹氏により度々攻撃対象とされ、永禄6年(1563年)の大海の戦い、永禄9年(1566年)の治部内山の戦い、永禄10年(1567年)の大崖山の戦い、霧ヶ沢の戦いなど、何度か城下まで攻め込まれているがいずれも退けている。天正18年(1590年)、那須資晴の時、那須氏が改易され織田信長の次男・織田信雄が入城。2カ月間、城主を務めた。

江戸時代には、烏山藩の政庁となり短期間に城主が交代した。成田氏・松下氏・堀氏・板倉氏を経て、天和元年(1681年)、那須資祗が2万石で旧領に復帰するが、貞享4年(1687年)、子の那須資徳の時、改易。以後、永井氏・稲垣氏を挟み、享保10年(1725年)、大久保常春の入封後は、大久保氏が城主を務め、明治2年(1869年)、版籍奉還と共に廃城となった。明治5年(1872年)には、積雪によって三ノ丸御殿が倒壊、明治6年(1873年)には、失火によって、古本丸、二ノ丸、中城、北城の建物を焼失した。

考古資料
遺構
現在は、県立自然公園として、石垣・土塁など、各遺構が良好な形で現存している。また、搦手門が移築され現存している。

烏山城の口コミ情報

土塁ルイ様[2017年05月12日]
三河・遠江への転封を拒んで織田信雄が飛ばされたり、甲斐姫を側室に差し出した成田氏長が大名復帰したりの城です。

駐車場は、七曲り口・寿亀山神社の鳥居前に「←駐車場」の看板がありますが、奥に進んでも駐車場と呼べる程のスペースは無く、結局道の脇に止めました。
むしろ十二曲り口の方が駐車スペースがあるように思います。

先人も書かれている通り、西城周辺の堀底に入り込むと、案内板がなくなり、多くの踏み跡で居場所が分からなくなります。
正門跡にある案内図はアバウト過ぎます。細かく歩きたい方は、少なくとも縄張図は持参して下さい。

那須烏山市野上の民家に、搦手門の移築があります。

三沢出羽守伊兵衛様[2016年12月04日]
烏山高校近くの反対側に寿亀山神社への入り口があります。神社を含めた一帯が三の丸だったようです。神社付近に駐車場の看板があり、駐車スペースがあります。ここから七曲りの登城口になります。
連郭式の本丸・古本丸・中城とその帯曲輪?が城内歩道になってます。立派な堀切や空堀が残っており、ちょっとした石垣も楽しめます。西城側の大きな堀を歩いてみたいと思ったのですが、この季節でも藪がひどく断念。城内歩道コース以外はあまり整備されておらず、大きく外れる勇気は出ませんでした。

カーネル様[2016年05月14日]
烏山線烏山駅から 駅を背に歩き国道294に出たら右折して北上
右左折を繰り返して烏山高校の南西にある寿亀山神社への入口に烏山城の案内図があります
夏だったので三の丸は草でぼーぼー。その脇を通り、寿亀山神社鳥居前の「城山七曲り」の標識に従い左折すると山道になります

道は緩やかです。登り続け太鼓丸・車橋址・常盤門跡を過ぎると見事な石垣があります
ここにも城の案内図があり、城内を1周して戻ってこれます。ここは看板が充実してるので、ありがたいです

先にある二ノ丸を囲う堀が大きく圧倒されたした

余裕があったので寿亀山神社にお参りしてから駅に戻りました。全部で2時間ちょいでした

歩き計画されている方の時間目安になれば幸いです

まさ大膳大夫猛虎 様[2015年06月16日]
烏山城築城迄
那須氏の祖と言われる首藤貞信の子 資道が1109年神田城から移る。
6代宗資の時、 《平治の乱》にて源義朝に与して敗れ、甲斐国稲積に逃れていたが、帰国して1165年稲積城に移る。
1414年福原城主の那須資之と沢村五郎資重が不和となり、資之に攻められ稲村城に逃れた。結果、上那須・下那須の分裂となる。資重は、稲積城が平城であり、東側の高い山から城内丸見えとなるのを嫌い、1418年八高山に烏山城を築き居住した。
稲積城は、家臣の本庄氏が在城した。

まさ大膳大夫猛虎 様[2015年06月15日]
294号線挟んで、烏山高校の反対側です。入口看板は小さいです。
城には、無関係と思うが間知石の石垣の端に、入口看板が有ります。
40M位奥には、3の丸の石垣、その奥には、烏山城説明板有ります。駐車場・トイレは無い、説明板近くの広まった所に車を2〜3台なら置けます。
看板を右側に奥に進むと登城口が見付かります。

斉藤中務卿にょふん様[2015年04月21日]
登り口が2つあったが、駅方面からは八雲神社からより郷土資料館を超えて少し行くと、三の丸あ跡の看板が見えてくる。こちらから登った方が城には早く着く。

太田武蔵守道灌!?様[2014年11月16日]
十二曲口から登城し、しばらくするとオオスズメバチの大群が……三の丸脇の七曲口からの登城がオススメです(⌒‐⌒)

傾奇揚げ仙兵衛様[2012年07月28日]
烏山城CCの看板ばかり目立ってしまいがち
烏山城趾は烏山高校の前方500m

さくら主膳佑にゃ〜様[2010年12月14日]
来年は1月29日(土)に現地説明会が開催される様です。時期が繰り上がってますが雪は大丈夫なのかな…?今年参加した時には市の広報に名前が載りました(^-^;

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore