倉ヶ崎城(くらがさきじょう)

倉ヶ崎城の基本情報

通称・別名

倉ケ崎城、喜連川城、大蔵ヶ崎城、(喜連川陣屋)

所在地

栃木県さくら市喜連川5978(お丸山公園)

旧国名

下野国

分類・構造

山城

天守構造

築城主

塩谷惟広

築城年

文治2年(1186)

主な改修者

主な城主

塩谷氏、喜連川氏

廃城年

天正18年(1590)

遺構

土塁、横堀(空堀)

指定文化財

再建造物

説明板

周辺の城

乙畑城(栃木県矢板市)[6.2km]
勝山城(栃木県さくら市)[8.3km]
佐久山城(栃木県大田原市)[9.9km]
神田城(栃木県那須郡)[10.0km]
御前原城(栃木県矢板市)[10.6km]

倉ヶ崎城の解説文

喜連川城(きつれがわじょう)は、現在の栃木県さくら市にあった城郭である。

歴史・沿革
喜連川城の起源は、宇都宮氏一族の塩谷氏が城を構えた事から始まった。戦国時代に入ると、塩谷氏は宇都宮氏から離反と帰参と繰り返した。また、一族の内紛が続発して衰退していった。小田原の役の際には、塩谷氏は小田原へ参陣しなかった為に改易された。

小田原の役後、名族である足利氏の断絶を惜しんだ豊臣秀吉は、足利氏姫を小弓公方家頼純の子である足利国朝に娶わせ(国朝の姉嶋子が秀吉の側室で、取り成したとされる)、喜連川3500石を与えた。更に関ヶ原の戦い後、徳川家康から1000石を加増されている。喜連川藩内は、かつての小弓公方方・古河公方方の対立などがあり、1647年(正保4年)には喜連川騒動が発生した。しかし、江戸時代を通じて喜連川氏の支配は続いた。明治時代の1870年(明治3年)、廃藩置県に先立って喜連川藩は封土を新政府に奉還し、喜連川城は廃城となった。

倉ヶ崎城の口コミ情報

mas.k上野介様[2017年08月05日]
スカイタワーが閉鎖になってます
外郭からは立ち入れないので気をつけましょう

右近衛中将PINKGIN様[2015年08月14日]
散策路を登るがことごとく途中で通行止めとなる。役場側から左側の方は登れそうだが、整備がされていない。

常陸介一休.道灌!?様[2015年04月07日]
2015.4.1より、お丸山公園の一部散策路が開放されました。
また4/4から4/19まで午前9~午後4まで、お丸山公園スカイタワー近辺が、桜の開花により期間限定で開放されています♪(°▽°)

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore