岡本城(おかもとじょう)

岡本城の基本情報

通称・別名

岡本根小屋城

所在地

栃木県宇都宮市大字中岡本小字根古屋

旧国名

下野国

分類・構造

平山城

天守構造

築城主

岡本富高

築城年

14世紀前期

主な改修者

主な城主

岡本氏、玉生氏

廃城年

慶長2年(1597)

遺構

曲輪、土塁、横堀(空堀)

指定文化財

市史跡(岡本城跡)

再建造物

碑、説明板

周辺の城

勝山城(栃木県さくら市)[5.9km]
飛山城(栃木県宇都宮市)[6.6km]
戸祭城(栃木県宇都宮市)[8.2km]
宇都宮城(栃木県宇都宮市)[8.9km]
中里城(栃木県宇都宮市)[9.2km]
桑久保城(栃木県塩谷郡)[9.6km]
徳次郎城(栃木県宇都宮市)[9.8km]
舟戸城(栃木県芳賀郡)[11.7km]
江曽島城(栃木県宇都宮市)[12.1km]
多気城(栃木県宇都宮市)[13.2km]

岡本城の解説文

岡本城(おかもとじょう)は、栃木県宇都宮市大字中岡本小字根古屋にあった日本の城。

14世紀前期(1337年2月以降)築城、慶長2年(1597年)10月13日廃城。別称として岡本根小屋城。

沿革
清党岡本氏時代
岡本城は、14世紀前期、芳賀氏流岡本氏の当主岡本信濃守富高により、その居城として築かれた。しかし、築城した富高が観応2年/正平5年(1351年)の薩?山の戦いで討死すると、その跡を継いだ富高の子正高も貞治2年/正平18年(1363年)に武蔵野における戦いで討死し、富高の血統は断絶してしまう。

藤姓岡本氏時代
玉生氏の系図によれば、玉生信濃守富高が、貞治2年/正平18年(1363年)6月17日、武蔵国苦林野の戦いで討死すると、その戦功により、玉生氏は岡本郷を賜ったとある。その後、玉生富高の弟である勝親が、岡本信濃守富武を名乗り、岡本城に入城する。玉生氏は、塩谷氏を出自とする藤原姓の一族であり、富武は、藤姓岡本氏ということになるが、藤姓岡本氏の歴史は不明である。しかしながら、玉生氏の系図によれば、玉生勝定(1459年生~1520年没)の娘が、勝親の子孫であろう岡本重親に嫁いでおり、この事から岡本城は、代々藤姓岡本氏の居城となっていたと考えられている。

玉生氏時代
玉生氏が芳賀高経の弟の重季を養子に迎えると、重季は、玉生氏の居城を岡本城に移す。その後、文禄元年(1592年)から同4年(1595年)まで笠間城を居城とした時代もあったが、代々玉生氏の居城となった。しかし、主君である宇都宮家が改易されると、岡本城も廃城となった。

岡本城の縄張と現在
岡本城は、高台になっている台地の角隅に築かれており、方形主郭を台地が突出した最北端に築き、その主郭を、ほぼ"へ"の字型の堀と曲輪を重ねて守る梯郭式の城と考えられている。但し、遺構は主郭周辺によく残っているものの、二の郭以降の曲輪は、長年の開発により時代を経てほとんど壊滅しており、三重堀説と五重堀説があり、議論が分かれている。

また、岡本城の北側約500mのところにも、岡本富高が築いたと伝わる居館跡の土塁と堀が僅かに残っており、名目的には別の城として扱われているが、機能的には、岡本城の出丸として位置づけられていたものと考えられている。

岡本城の口コミ情報

2021年08月18日 水天一碧
岡本城



岡本城は五重堀のお城でした。

五重堀の名残を辿ってみた結果、ざっくりと堀の位置がイメージしやすい場所を出してみます。
とは言え、添付したこの写真だけでは五重堀と主郭の実際の距離感や、その下野の城らしいクレイジーなつくりは全くわからないと思います。岡本城は本当にいい城ですから、先人様たちのステキなフォトもご覧いただき、実際に訪ねてみてください😊

①現地でざっくりと堀の位置関係が想像しやすい場所です。公民館に車を駐めたら、公民館の裏へ行きます。
右端の公民館から写真左端まで堀がまず一本あります。真ん中の住宅の裏の辺りから同じように左端まで一本。その更に奥のビルの向こう側に写真の右端から左端まで一本、それぞれが平行してあるようなイメージです。実際の位置とはちょっとズレています。すごくざっくりとした位置関係です。
②同じ立ち位置から振り返ります。正面の森の中に主郭があります。もう一本の堀は森に沿うように、二郭にある太陽光発電の真ん中の辺りを通り抜けて、左端の木々の隙間に向けて曲がっていくようなイメージです。これもざっくりです。
③1番外側の堀は公民館に来る手前の太陽光発電の辺りを抜けていたはずです。宅地との段差に堀跡の匂いがします。

4枚目からの写真は堀があった場所の写真です。
凹みと段差と傾斜を堀跡として心眼で見ていただければ…。

添付した写真以外にも、堀が通っていたであろう住宅のお庭や駐車場に明らかに不自然な大きな土の壁があったり、怪しげな段差があったり、堀の名残を示すようなものもありましたが、そこは個人の方のお宅なので、写真を出すのを控えています。
下野の城は、どこの地域に行っても、とにかく大きく深くよく掘っています。お庭にちらりと見えた大きな土の壁から考えても、かなり大きな堀で周囲を囲んでいたんではないかなあと感じました。

※五重堀の探索の参考にさせていただいたのは、偉大な先人様のサイト、栃木県の中世城郭です。下野のお城歩きには欠かせないです。管理人様にはいつも感謝しかないです。

2021年05月12日 摂政お城エリコ
岡本城

県道73号線の岡本北小学校を目指します。小学校に入る交差点を北に進むと「台岡本上」バス停が有ります。そこを右折して細い道を東に行くと「台岡本二区公民館」が有り、説明板が有ります。そこに駐車出来ます。そこから北に行くと大規模ソーラーの敷地の二郭が有ります。北の土橋を渡ると主郭の虎口になります。

2019年04月24日 クルス磐城守トッツィー
岡本城



4/23 主郭土塁を北側から見上げる。川は昔からあったのでしょうか?北側からは攻めにくそうです。

2012年02月22日 初代征夷大将軍天下一の号
岡本城

登録マップに誤差有り。岡本北小学校近くのセブンイレブンを北上約100メートル右折。案内板有ります。

「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「ニッポン城めぐり」 ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore