岡本城(おかもとじょう)

岡本城の基本情報

通称・別名

岡本根小屋城

所在地

栃木県宇都宮市大字中岡本小字根古屋

旧国名

下野国

分類・構造

平山城

天守構造

築城主

岡本富高

築城年

14世紀前期

主な改修者

主な城主

岡本氏、玉生氏

廃城年

慶長2年(1597)

遺構

曲輪、土塁、横堀(空堀)

指定文化財

市史跡(岡本城跡)

再建造物

碑、説明板

周辺の城

勝山城(栃木県さくら市)[5.9km]
飛山城(栃木県宇都宮市)[6.6km]
戸祭城(栃木県宇都宮市)[8.2km]
宇都宮城(栃木県宇都宮市)[8.9km]
中里城(栃木県宇都宮市)[9.2km]

岡本城の解説文

岡本城(おかもとじょう)は、栃木県宇都宮市大字中岡本小字根古屋にあった日本の城。

14世紀前期(1337年2月以降)築城、慶長2年(1597年)10月13日廃城。別称として岡本根小屋城。

沿革
清党岡本氏時代
岡本城は、14世紀前期、芳賀氏流岡本氏の当主岡本信濃守富高により、その居城として築かれた。しかし、築城した富高が観応2年/正平5年(1351年)の薩?山の戦いで討死すると、その跡を継いだ富高の子正高も貞治2年/正平18年(1363年)に武蔵野における戦いで討死し、富高の血統は断絶してしまう。

藤姓岡本氏時代
玉生氏の系図によれば、玉生信濃守富高が、貞治2年/正平18年(1363年)6月17日、武蔵国苦林野の戦いで討死すると、その戦功により、玉生氏は岡本郷を賜ったとある。その後、玉生富高の弟である勝親が、岡本信濃守富武を名乗り、岡本城に入城する。玉生氏は、塩谷氏を出自とする藤原姓の一族であり、富武は、藤姓岡本氏ということになるが、藤姓岡本氏の歴史は不明である。しかしながら、玉生氏の系図によれば、玉生勝定(1459年生~1520年没)の娘が、勝親の子孫であろう岡本重親に嫁いでおり、この事から岡本城は、代々藤姓岡本氏の居城となっていたと考えられている。

玉生氏時代
玉生氏が芳賀高経の弟の重季を養子に迎えると、重季は、玉生氏の居城を岡本城に移す。その後、文禄元年(1592年)から同4年(1595年)まで笠間城を居城とした時代もあったが、代々玉生氏の居城となった。しかし、主君である宇都宮家が改易されると、岡本城も廃城となった。

岡本城の縄張と現在
岡本城は、高台になっている台地の角隅に築かれており、方形主郭を台地が突出した最北端に築き、その主郭を、ほぼ"へ"の字型の堀と曲輪を重ねて守る梯郭式の城と考えられている。但し、遺構は主郭周辺によく残っているものの、二の郭以降の曲輪は、長年の開発により時代を経てほとんど壊滅しており、三重堀説と五重堀説があり、議論が分かれている。

また、岡本城の北側約500mのところにも、岡本富高が築いたと伝わる居館跡の土塁と堀が僅かに残っており、名目的には別の城として扱われているが、機能的には、岡本城の出丸として位置づけられていたものと考えられている。

岡本城の口コミ情報

初代征夷大将軍天下一の号様[2012年02月22日]
登録マップに誤差有り。岡本北小学校近くのセブンイレブンを北上約100メートル右折。案内板有ります。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore