多気城(たげじょう)

多気城の基本情報

通称・別名

多気山城

所在地

栃木県宇都宮市田下町

旧国名

下野国

分類・構造

山城

天守構造

築城主

宇都宮宗円

築城年

康平6年(1063)

主な改修者

主な城主

宇都宮氏

廃城年

慶長2年(1597)

遺構

曲輪、石垣、土塁、堀

指定文化財

再建造物

石碑、説明板

周辺の城

徳次郎城(栃木県宇都宮市)[6.3km]
鹿沼城(栃木県鹿沼市)[6.8km]
戸祭城(栃木県宇都宮市)[7.9km]
犬飼城(栃木県宇都宮市)[8.6km]
宇都宮城(栃木県宇都宮市)[9.2km]

多気城の解説文

多気城(たげじょう)は、現在の栃木県宇都宮市田下町にあった中世の山城である。宇都宮氏の城だった。別名多気山城。

歴史・沿革
古くは1472年(文明4年)に多気兵庫守の居城だったという記録がある。一方、その築城に関しては1576年(天正4年)に築城されたとの記録もある。いずれも明らかな記録ではなく、築城時期や築城者は不明とされている。

戦国時代末期、宇都宮氏は南に台頭する北条氏、北にこれに乗ずる日光山僧兵の侵略に晒されていた。本拠の宇都宮城は平城で防御に不向きだった為、宇都宮国綱は宇都宮城を玉生美濃守に託し多気城を改修して拠点とした。小田原の役に続く宇都宮仕置で領土が安堵され、再び宇都宮城に本拠を戻している。

1597年(慶長2年)に宇都宮氏が豊臣秀吉によって改易されると同時に廃城となった。

多気城の口コミ情報

【リベンジ】陸前守智ぞう様[2017年05月08日]
ネットで多気城を検索してみると、宇都宮氏が後北条勢力に対応するために、そーとう堅固で広範囲に縄張りが形成されているよう。

最終的には宇都宮氏はここに拠点を移したようだし

遺構もけっこう残っているよう。しかし、ほとんどが薮の中

巨大要塞とは正に多気城!遺構を組まなく見るには何人かでチーム作って一日がかりで見るようかなと思います。

何気に多気城入口の近くの293号線沿いには美味しい食べ物店が三件

肉食うなら“ステーキ宮”!

魚が美味しい“うおえい”!

行った事ないけど美味しいと評判“たけし”

などがあります。

まー武蔵守様[2016年04月10日]
多気不動尊を目印に行くと市営駐車場(無料)がある(トイレ・食事処・自動販売機有り)ためそこで駐車。そこから歩くと多気山と不動尊の分岐点がある。迷わず多気山の案内表示に従うと東多気道という林道(先人の不動尊脇道路か。)にでるがすぐ先に案内表示があるのでそのまま進むと七曲りに入る。しばらく上ると虎口や土塁が見えてくる。更に進むと景色が開けて郭跡があり本郭は更に上る。途中堀跡のようなところがある。多気山頂上が本郭跡。周りを散策すると土塁や虎口、堀があった。奥に物見台のようなところがあった。栃木百名山の看板があるところ。

【リベンジ】陸前守智ぞう様[2015年11月04日]
いい天気なんで、多気山城に登ろうかと、市営駐車場に止め、お茶屋さん近くの登山道から登ろうとするも、

やや!大雨の為に通行止め!

しかし、ご安心あれ。そこから道路を多気不動尊に向かって行った先に、左に入る道路があるので、そこから入って行くと

先ほどのお茶屋さんから来た登山道と合流する形で上に延びてる登山道から登れます。

ただ、道が滑るので溝のある靴で。

私も運動靴で本丸まで到達出来ました。

本丸回りをぐるっと一周出来る道あります。土塁や、虎口、郭など楽しめ、

さらに眺めも最高で双眼鏡を忘れずに。

秋風が気持ち良く、東やで、お弁当食べたくなりました。

是非ピクニック感覚で。

【リベンジ】陸前守智ぞう様[2015年02月27日]
293号線沿いにある多気不動尊の鳥居を潜りちょっと登り、お茶屋さんの前の市営駐車場に車を止め

登山道を20分ほど登ると山頂(多気城跡)に到着します


道は整備されてるし歩きやすいです

登山して中盤から始まる曲輪が素敵

土塁もアチコチに残ってました

山頂には東屋もあり眺めもよろしいです

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore