徳次郎城

(とくじらじょう)

通称・別名

御城山

所在地

栃木県宇都宮市徳次郎町

城郭構造
平城
天守構造
築城主
新田徳次郎昌言
築城年
戦国時代
主な改修者
主な城主
新田氏(宇都宮氏家臣)
廃城年
遺構
曲輪、土塁、空堀
指定文化財
再建物
周辺の城
中里城(宇都宮市) 4.2km
多気城(宇都宮市) 6.3km
戸祭城(宇都宮市) 9.4km
勝山城(さくら市) 9.7km
岡本城(宇都宮市) 9.8km

徳次郎城口コミ情報

【哀戦士】越後守智ぞう様[2017年05月09日]
徳次郎(とくじろう)と言いますが、地元では“とくじら”と言ってます

築城者の新田徳次郎からきた名前で呼ばれてると思いますが、

奈良時代、日光地域を久次良一族が治めてて、

日光地域の外を“外久次良(そとくじら)”と呼ばれてたそうで、徳次郎地域は昔は“そとくじら”と呼ばれたみたいです

いつか、それが“とくじら”になって、

どう間違ったのか、徳次郎城の新田徳次郎の名前と外久次良の由来がごっちゃになって、そうなったみたいです

とくじろう、とくじら、どっちも間違いではない。みたいです。

歴史って面白い(笑)

【哀戦士】越後守智ぞう様[2017年05月09日]
119号線からちょっと脇道に入った所に徳次郎城はあります。

城跡周辺は昼間なのに薄暗く、人通りもあまりない。女子の一人散策はちょっと危ないかも(笑)

縄張りは郭に迷路のように堀がはりめぐらされてる。茨城の小幡城に近い縄張りです。

遺構は良好に残ってるも、本丸周辺ちょっとと二の丸周辺ちょっと以外は薮まみれ。

行けなくはないけど、それなりの装備は必要。

外堀沿いをちょっと歩くもすぐ薮まみれ。

しかし、郭や土塁などは確認出来る。

市指定にしてちょっと整備すれば、なかなかの物になると思うんだけどなあ。

城の北側には三重に取り巻いた堀切も確認出来た。北の日光山勢力への対応だろう。

城跡のすぐとなりに田川が流れており、その下流には宇都宮城があり、船で往き来してたと思われる。




【哀戦士】越後守智ぞう様[2015年10月07日]
2年前に見に行った時は、なんじゃこりゃ!?と全然見るところないじゃんと思いましたが、

2年たって、知識や城の見る経験値積んでまた、訪れてみると!

城の回りを一周してみると、おお!城跡回りに外堀がとりまき、内側に内堀!二重堀切!土塁もしっかりと!

何処が何もないだー!俺の目は節穴かっ

2年前より道が整備されている気がしました

太田武蔵守道灌!?様[2014年11月28日]
『所有者は一般個人の為、見学等は出来ない!!』とのことでしたが、入って行っちゃいました(⌒‐⌒)
徳次郎城址50mの看板の所に駐車し、ひたすら奥へ…。
すると手書きの案内板があるので、非常に分かりやすく、『ここまでしておいて、見学出来ないって…。』と思ってしまいました(*^^*)
ただ、やはり個人の敷地ですので、大人数で、わいわい…というのは、許可をとられた方が良いかも知れませんねf(^_^;

伏龍鳳雛SAS様[2012年03月23日]
城跡何メートルという看板有り。
天守、内堀、外堀、等の表示有り。木に貼ってあるだけの手作り感ですが
見るべき物はないです

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore