勝山城(かつやまじょう)

勝山城の基本情報

通称・別名

氏家城

所在地

栃木県さくら市氏家

旧国名

下野国

分類・構造

平山城

天守構造

築城主

氏家公頼

築城年

建久年間(1190〜1198)

主な改修者

主な城主

氏家氏、芳賀氏

廃城年

慶長2年(1597)

遺構

曲輪、土塁、横堀(空堀)

指定文化財

再建造物

碑、説明板

周辺の城

岡本城(栃木県宇都宮市)[5.9km]
中里城(栃木県宇都宮市)[6.6km]
乙畑城(栃木県矢板市)[7.9km]
倉ヶ崎城(栃木県さくら市)[8.3km]
徳次郎城(栃木県宇都宮市)[9.7km]

勝山城の解説文

勝山城(かつやまじょう)は、現在の栃木県さくら市にあった中世の城郭である。宇都宮氏一族の氏家氏の居城、のちに芳賀氏の支城だった。別名を氏家城。

歴史・沿革
勝山城の起源は、宇都宮一族の氏家氏が本拠を構えた事から始まった。南北朝時代に入ると氏家氏は没落し、代わって芳賀氏の城となった。1597年(慶長2年)に宇都宮氏が豊臣秀吉によって改易されると勝山城も廃城となった。

構造
勝山城跡は現在、公園と博物館となっている。

勝山城の口コミ情報

【下野国】陸前守智ぞう様[2017年05月09日]
勝山城に咲く、桜が素晴らしい。て言うか、あまり混んでなくて穴場チックな感じが良いです。

もしも勝山城の駐車場が満車でも、道路挟んで隣のスーパー駐車場に止めても大丈夫だそうです。

勝山城からの眺望。辺り一面が見渡せて、敵の動きもまるわかり。って感じです。

城跡内にあるさくら市ミュージアム、勝山城の展示はあまりないので(笑)

ただ、入口のお土産コーナーに勝山城の本(1200円くらいだったと)もありますし、

受け付けの人に勝山城のパンフレット頂けます。

勝山城、なかなかの城だと思いますよー。

隣の鬼怒川の下流には飛山城があり、船で往き来してたと思われます。(笑)

【下野国】陸前守智ぞう様[2016年12月19日]
お城をいろいろ見てきて学習してからまた来てみました

かなり良好に史蹟残ってます。

ジクザグ空堀や土塁。

櫓跡なんかも!

後でまたじっくり見に行きたいです。

【下野国】陸前守智ぞう様[2014年03月31日]
JR氏家駅から国道4号を宇都宮方面へ2㌔ほど進んだ所の“川岸南”の交差点を右上の道を1㌔程進むと勝山公園がありその中に勝山城跡があります。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore