飛山城(とびやまじょう)

飛山城の基本情報

通称・別名

所在地

栃木県宇都宮市竹下町380-1

旧国名

下野国

分類・構造

平山城

天守構造

築城主

芳賀高俊

築城年

永仁年間(1293〜1298)

主な改修者

主な城主

芳賀氏

廃城年

天正18年(1590)

遺構

曲輪、土塁、横堀(空堀)

指定文化財

国史跡(飛山城跡)

再建造物

塀重門、竪穴建物、木橋、土橋、石碑、説明板

周辺の城

水沼城(栃木県芳賀郡)[5.9km]
岡本城(栃木県宇都宮市)[6.6km]
宇都宮城(栃木県宇都宮市)[7.2km]
刑部城(栃木県宇都宮市)[7.7km]
戸祭城(栃木県宇都宮市)[7.7km]

飛山城の解説文

飛山城(とびやまじょう)は、現在の栃木県宇都宮市竹下町にあった中世の城郭である。宇都宮氏の家臣・芳賀氏の居城であった。

歴史・沿革
飛山城は鎌倉時代後期にあたる永仁年間(1293年-1298年)頃、宇都宮景綱の家臣・芳賀高俊によって築かれたといわれている。芳賀氏は飛山城に居する間は清原氏を名乗ったと言われており、この清原姓が後の現宇都宮市東部の地名『清原』となったと考えられているが、不詳である。飛山城は芳賀氏(清原氏)の居城として宇都宮氏と命運を共にし、宇都宮氏の滅亡と共に廃城となった。なお、この間の飛山城の動静は歴史書に見えないため不詳となっている。

芳賀氏は上野国・越後国の守護代に任じられるなど隆盛したが、戦国時代になると芳賀氏や飛山城も関東平野の覇権争いに例外なく巻き込まれた。弘治3年(1557年)には宇都宮氏や芳賀氏を支援した常陸国の佐竹義昭による宇都宮城奪回作戦(その時期の宇都宮城壬生城主・壬生綱雄が占領していた)の最前線基地となっている。天正18年(1590年)、関東に台頭していた後北条氏を滅亡させた豊臣秀吉(関東は古代豊城入彦命により開かれた)は、下野国(旧下毛野国、国造は豊城入彦命を祖とする下毛野氏)宇都宮城に入城し関東の支配体制を決定する宇都宮仕置を行う。そこで秀吉は宇都宮氏18万5千石の所領安堵を裁決し、宇都宮城の支城であった飛山城も安堵された。しかし慶長2年(1597年)、宇都宮国綱が改易となったのにともない廃城となった。

現在の状況
飛山城跡は1977年に国の史跡に指定され、現在は史跡公園として整備されている。公園内には、土塁や堀、木橋、兵士の詰所と思われる掘立柱建物などが復元されている。また、公園に隣接して「とびやま歴史体験館」が開設され、城や城主芳賀氏に関する史料などが展示されている。

構造
飛山城は、鬼怒川の東岸を利用して造られた東西240m、南北420mの長方形の縄張りに築造された平山城である。現在残されている遺構は約14ヘクタールと広大な領域に広がり、北側と西側を鬼怒川およびその支流に沿った断崖(比高差25メートル)、東側と南側を二重の土塁と堀で囲う、堅固な造りとなっている。また内側空堀も幅15m、深さ4mもある大掛かりな遺構を保持している。

城は北西部に主郭があり空堀によって5つの曲輪に分けられている。その南側には1つの郭(曲輪)が設けられ、さらにこれらの曲輪の東側と南側を取り囲むように細長い曲輪が設けられ、その外堀沿いには5つの櫓台が置かれていた。各郭とも土塁と堀で囲まれており、最北の小さな郭に城主の居館があったと考えられる。発掘調査によって、城跡からは、兵士の詰め所と思われる竪穴住居や貯蔵庫と思われる半地下式の竪穴建物が確認され、また、常滑焼や瀬戸焼などの陶磁器類や小札や轡などの鉄製品が出土している。

なお、城跡からは「烽家」と記された墨書土器が出土しており、平安時代初め頃にはこの地が烽火台として利用された可能性の高いことが確認された。

飛山城の口コミ情報

立花飛騨守様[2017年07月26日]
駐車場完備。思ったより良かった。空堀が壮観で。

バスだと、最寄りからちょっと遠いみたい。

カーネル様[2017年07月25日]
JR宇都宮駅から柳田車庫行きの関東バスに乗る。柳田車庫からは直線で1.6km

県道64号のバイパス沿いに東進し、鬼怒川を渡り終えたところですぐに南下する(間違い)

土手沿いを歩くと城の北西にたどり着くが、見上げるほどの西側の切岸に阻まれる

どこかよじ登るところを探したが、周囲から丸見えなので侵入をあきらめ、城の北側の農地を東側に抜けて、国道408号に合流。柳田車庫バス停から東に抜けて、国道408合線で南下するのが正解です

南下するとJA清原支所前バス停があり、最寄りのバス停になります
左側にNTT施設がある信号を右折して路地を進むと飛山城の駐車場で、いきなり見事な空堀が出迎えてくれます

敷地内は案内も丁寧で、土塁が立体迷路のようにめぐっており楽しめました
歴史体験館を見学してから柳田車庫バス停に戻りました

道に迷ったこともあり、所要時間は2時間でした

土塁ルイ様[2017年05月06日]
堀や土塁の遺構もいいですが、時間があれば、北側の鬼怒川の河川敷に降りて遠望してみてください。
比高差25mの断崖にちょこっと感動すると思いますよ。

傾奇揚げ仙兵衛様[2012年09月16日]
駐車場や遊歩道は奇麗に整備されています。
土塁や堀も近年人の手が加えられた感がハッキリ分かる。
重機で成形された土塁がパッチモンぽい

tomm加賀守様[2011年03月31日]
今回の震災で崖の一部が崩落したそうです。

半日皇帝下野守様[2010年06月08日]
デートにお勧めの場所
城内は芝生や歩道がキレイに整備されており、兵舎など建物も多数復元されてます。
西奥まで進むと、鬼怒川を目下に宇都宮の街が一望できます(o≧▽≦)o
また、無料の城内案内も時間で行われているので、参加してみるといい勉強になるかも(*´▽`*)
他には、有料で模擬の鎧を着せてくれたり、いろいろ楽しめます(o^o^o)

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore