戸祭城(とまつりじょう)

戸祭城の基本情報

通称・別名

戸祭中城

所在地

栃木県宇都宮市戸祭元町

旧国名

下野国

分類・構造

平城

天守構造

築城主

戸祭高定

築城年

不明

主な改修者

主な城主

戸祭氏

廃城年

遺構

消滅

指定文化財

再建造物

石碑

周辺の城

宇都宮城(栃木県宇都宮市)[1.6km]
江曽島城(栃木県宇都宮市)[4.5km]
犬飼城(栃木県宇都宮市)[5.8km]
飛山城(栃木県宇都宮市)[7.7km]
多気城(栃木県宇都宮市)[7.9km]

戸祭城の口コミ情報

まー武蔵守様[2017年03月05日]
石碑のある住宅地周辺は道幅狭し路駐不可。薬師堂前の道路向かいにある酒造会社側に路駐しました。隣接する民家に立派な長屋門があります。

まー武蔵守様[2017年03月05日]
先人も書かれていますが石碑は十九夜堂にひっそりと建てられており見逃すかと。また右脇に説明書きがありますが白い石碑のため見づらいためネットによるどこのサイトにも出ていません。ではその説明書きを記します。
《往昔天台座主宗円 下野国守護に任じ城山『現多気山』に城郭を築き宇都宮氏を称す 承久の乱後その客将戸祭氏二荒山神社北方高地『現八幡山公園』に出丸砦を築き文明二年備中守髙定は山城の一廓に雪江禅師を請し祥雲寺を開創し此の地に居館を営む
戸祭中城之にして戸祭の地名これに始まる
昭和六十一年薬師堂改築に當り地名の因田を後毘に遺さん為に戸祭中城趾の碑を建立するものなり
昭和六十一年六月七日 戸祭祥雲寺第二十七世 貫山裕之 謹誌》

日本史跡研究会様[2017年02月25日]
城址碑は戸祭元町の十九夜堂にあります。
付近は住宅で遺構はありません。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore