大宮城(おおみやじょう)

大宮城の基本情報

通称・別名

所在地

栃木県塩谷郡塩谷町大宮

旧国名

下野国

分類・構造

山城

天守構造

築城主

君島胤景

築城年

南北朝時代

主な改修者

主な城主

君島氏

廃城年

慶長2年(1597)

遺構

曲輪、土塁、横堀(空堀)

指定文化財

再建造物

碑、説明板

周辺の城

玉生城(栃木県塩谷郡)[4.4km]
川崎城(栃木県矢板市)[6.8km]
中里城(栃木県宇都宮市)[7.4km]
乙畑城(栃木県矢板市)[7.9km]
御前原城(栃木県矢板市)[8.5km]

大宮城の解説文

大宮城(おおみやじょう)は、栃木県塩谷郡塩谷町大字大宮に存在した城。14世紀前期頃築城、慶長2年10月13日(1597年11月22日)廃城。

沿革
大宮城は、君島胤時の三男大宮胤景によって、大宮氏の創始とともに14世紀前期頃に築かれる。当初は、本家君島氏の居城である船生城の東南の守りを成す城として位置づけられていた。大宮の地は、城の南側にあった大宮城南遺跡を始めとして古くから開けた場所で、城は、西の山古墳群によって形成された既に人工的に整地されていた丘陵地帯の東側を巧みに利用して築かれ、一城別郭の構造を成している。

その後、大宮氏代々の居城になったと考えられているが、その事跡はほとんど伝わっていない。ただ、大宮城主については、亀田大蔵助、赤埴周防守などの名前も見られるので、ある時期より何らかの事由で大宮氏の居城ではなくなり、城主が変遷していったと考えられている。また、今宮祭祀録によれば、天正15年(1587年)2月に『大宮の地再興、これにつき、上の郷の衆在城』とあり、金枝土佐守、上平弥七郎、飯岡新左衛門などが城主に据えられたと記されている事から、大宮城は、途中で廃城となり、天正15年まで廃れていたと考えられている。現在に残る大宮城の遺構は、この頃に改修された時のものである。

その後、主君である宇都宮氏の改易とともに、大宮城も廃城となった。

大宮城の口コミ情報

カーネル様[2017年07月25日]
JR宇都宮駅から玉生行きバスに乗る・・・はずが、バスの時間があわなかったので、玉生行きではなく、手前までしか行かない今里行きに乗り終点の今里へ

バス停から直線で5.7kmをひたすら北上し、東北自動車道と鬼怒川を越えます
歩道があるので安心して歩けます。55分ほど歩き、西諸杉信号で左折
その先の大宮信号のところに氏家街道口バス停があり、帰りはここからバスに乗り宇都宮駅へ戻りました

バス停の少し北で左折しておおみや保育園を目指し、その先の宝福寺の東側に鳥居があるのでそこから山に入りました
社の西にある大きな空堀を越え藪を進むと、本丸で小さな社があります
さらにに西へ藪を進むとまた大きな空堀で、掘を下って宝明寺にでました

今里バス停からお城見学して、氏家街道口バス停にたどり着くのに、だいたい2時間でした

大宰大弐道灌♪ヽ(´▽`)/様[2014年11月28日]
日々輝学園高校脇を、お墓の方目指して坂を上がるとグラウンドの手前に『西の山古墳群』の案内板が。
それによると、高校と隣のお寺と墓地を含めた、この山全体が『大宮城址』であるとのことで、かなり大規模な城址であったようです。
グラウンドの隣が『大宮城址本丸』の説明板がありますが、自分はお寺の駐車場に車を置かせて頂き、徒歩で民家脇のあぜ道をグラウンド方面へ登ってリア攻めしました♪
ただ、おそらく、高校の敷地の可能性があるので、心配でしたら一応許可をとられた方が良いかも知れませんです(⌒‐⌒)

sugar3776太政大臣様[2014年08月18日]
確かに何も無いです。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore