川崎城(かわさきじょう)

川崎城の基本情報

通称・別名

塩谷城、塩谷故城、蝸牛城

所在地

栃木県矢板市反町

旧国名

下野国

分類・構造

山城

天守構造

築城主

塩谷朝業

築城年

正治・建仁年間(1199〜1203)

主な改修者

主な城主

塩谷氏

廃城年

文禄4年(1595)

遺構

曲輪、土塁、横堀(空堀)、堀切

指定文化財

市史跡

再建造物

石碑、説明板

周辺の城

御前原城(栃木県矢板市)[2.2km]
矢板城(栃木県矢板市)[2.4km]
乙畑城(栃木県矢板市)[6.5km]
玉生城(栃木県塩谷郡)[6.5km]
大宮城(栃木県塩谷郡)[6.8km]

川崎城の解説文

川崎城(かわさきじょう)は、栃木県矢板市大字川崎反町小字中島(かつての下野国塩谷郡)にあった日本の城(山城)。塩谷氏の居城。正治建仁年間(1199年~1203年)の頃築城。文禄4年(1595年)2月8日廃城。塩谷城、塩谷故城、蝸牛城などとも呼ばれる。

藤姓塩谷氏時代
川崎城は、正治建仁年間(1199年~1203年)に塩谷朝業により築城され、以後塩谷氏の居城となる。藤姓塩谷氏とは、朝業から隆綱までの塩谷氏のことであるが、この時代の川崎城に関する事績は少ない。おそらく、侵攻されることもなく塩谷氏の城として安泰であったためと思われる。

川崎塩谷伯耆守実録には、文安3年(1446年)8月3日(大沢家記では8月13日)に宇都宮持綱が川崎城を攻めた記録があるが、これは、塩谷教綱が川崎城下の幸岡ヶ原で宇都宮持綱を殺害した事件を正当化するために残された記録であると考えられ、喜連川判鑑など他の資料と照らし合わせてみても事実ではない。当地には、宇都宮持綱の墓とされる上卵塔があるが、矢板市が設置した史跡案内板も、この記録について全く支持しない記述をしている。

重興塩谷氏時代
重興塩谷氏とは、塩谷孝綱から義綱までの塩谷氏のことである。この時代、那須氏との対立が激化していたこともあって、川崎城が戦場となることが度々あった。

永禄2年(1559年):10月。結城晴朝、川崎城を包囲し5~6日攻め立てるも、落城せずに撤退。

永禄7年(1564年):10月7日夜。塩谷義孝の弟孝信が手勢16騎にて川崎城に侵入し義孝を殺害。川崎城を占拠する。

永禄9年(1566年):義孝の嫡子義綱が、宇都宮、佐竹、那須の援軍を得て川崎城を包囲。孝信は川崎城を脱出し落城する。

天正5年(1577年):3月15日。那須勢木幡原(川崎城南東)まで押し寄せ戦う。(那須塩谷合戦)
8月3日。那須勢富田原(川崎城北東)まで押し寄せ戦う。(富田原合戦)

天正6年(1578年):5月13日。那須よりの忍びを1名生け捕る。
9月7日。義綱、木幡神社(川崎城東)に参詣のところ那須の忍びが襲い掛かり2名を討ち取る。...

川崎城の口コミ情報

カーネル様[2016年05月14日]
東北本線矢板駅を出て西へ10分にある矢板城の石碑を眺めてから、更に西へ県道30号で左折して南へひたすら歩き、川崎城南東にある売店脇から階 段を上り始めますが、ここまでで駅から1時間

階段を登ると、大堀切。虎口を通って本丸。本丸から二の曲輪を眺めると間の堀の大きさがよくわかります
このあと二の曲輪・三の曲輪を経て南の登り口に降りました

そこから県道242号を東へ東北本線を超え、木幡神社でお参りしてから東のシャープの工場地帯で南下すると御前原城

こちらは平城で土塁に囲まれてます。小ぶりだけど、よく遺構が残ってます。北上して矢板駅に戻って2時間半でした

歩き計画されている方の時間目安になれば幸いです

傾奇揚げ仙兵衛様[2012年07月28日]
川崎城本丸の麓に川崎城公園と隣接する蕎麦屋『信生庵』近くに『城の湯温泉』も在り

隻眼猫大納言様[2012年07月06日]
近くに日帰り温泉が二軒あり。
探索の後に一汗流すのも一興也。

「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。