真岡城(もおかじょう)

真岡城の基本情報

通称・別名

芳賀城、(真岡陣屋)

所在地

栃木県真岡市台町字城内(真岡小学校)

旧国名

下野国

分類・構造

平城

天守構造

築城主

芳賀高貞

築城年

貞治元年(1362)

主な改修者

芳賀氏

主な城主

芳賀氏

廃城年

遺構

曲輪、土塁、横堀(空堀)

指定文化財

再建造物

石碑、説明板

周辺の城

桜町陣屋(栃木県真岡市)[4.1km]
中村城(栃木県真岡市)[6.0km]
刑部城(栃木県宇都宮市)[7.5km]
上三川城(栃木県河内郡)[8.3km]
久下田城(茨城県筑西市)[8.5km]
舟戸城(栃木県芳賀郡)[8.8km]
西明寺城(栃木県芳賀郡)[10.1km]
富谷城(茨城県桜川市)[11.4km]
伊佐城(茨城県筑西市)[12.8km]
飛山城(栃木県宇都宮市)[13.0km]

真岡城の解説文

真岡城(もおかじょう)は、現在の栃木県真岡市台町にあった中世の日本の城である。宇都宮氏の家臣であった芳賀氏の居城であった。別称、芳賀城ともいう。

歴史・沿革
真岡城の起源には諸説あるが、鎌倉時代末期の貞治元年(1362年)に芳賀高貞が築城して御前城から移転し、戦国時代の天正5年(1577年)になって、芳賀高継が北条氏の侵攻に備えて堅固な城郭としたとの説が有力とされる。

1597年(慶長2年)に宇都宮氏が豊臣秀吉によって改易されると同時に廃城となった。江戸時代には遺構の一部が徳川幕府の代官所として利用された。

現在の状況
真岡城跡は現在、真岡市立真岡小学校ならびに城山公園となっている。城山公園には土塁や堀の痕跡が見られる。また、郭の周囲を囲んでいた腰曲輪は比較的良好な形状で保たれている。城山公園付近に四の郭が、小学校付近に三の郭、二の郭、本郭が所在していた。三の郭、二の郭、本郭の各郭間は空堀で仕切られていたが、現在、空堀はなく土塁のみが残る。

構造
真岡城は連郭式平山城(平城に近い)であった。城の周囲には五行川や行屋川が流れ、またこれら河川から水を引いた水濠があったという。郭は南北に並ぶように4つ設けられ、最南端に大手門があり南から順番に四の郭、三の郭、二の郭、本郭と連なり各郭間には空堀があった。各郭の周囲には腰曲輪があり、本郭と二の郭の間に搦手門があったといわれる。

真岡城の口コミ情報

2020年03月18日 源摂津守@ポンコ2南海道
真岡城



真岡鉄道真岡駅から線路と並行した道を北に進み、真岡駅入口の十字路交差点を右(東)へ行き、T路路交差点を左(北)に行くと城跡に建つ真岡小学校正門前に着きます。ここまで駅から徒歩12~3分でした。

正門前には案内板があります。
また正門の向い側には駐車場付きの城山公園があり、丘陵のため見晴らし良好です。
城山公園は四ノ丸があった場所で廃城後しばらくしてから陣屋が置かれたと公園内の案内板にありました。
案内板によれば校舎があるのが三ノ丸、二ノ丸跡、敷地北側のグランドは本丸跡のようです。
小学校のため立入を遠慮し、正門前から東回りに小学校敷地を一周しましたが、郭毎の高低差は不明ですが、東隣の行屋川公園から数㍍の高さの切岸を見上げたり、横の行屋川が堀の役目も果たしてたんかななどと、城跡を感じさせてくれました。公園北側から空堀跡に入れますが、ここが虎口に感じられ、ネットで見ると搦手門跡と腰曲輪というのもあります(正門の案内板では堀跡となってます)。
グランド(本丸)北側には空堀跡があり、城塁を上がると土塁も確認できました。
ちなみに、行屋川公園や川沿いの木々に提灯がかけられ、桜の時期は華やかなのかなと推測できました。

虎口っぽいところを出て、北側⇒西側と周囲を歩きましたが、丘陵の敷地は民家が隣接しており配慮は必要かと思います。
北西側に小さな児童公園がありますが、その名も外堀公園、また西側⇒南側へ進むと小学校敷地(二ノ丸・三ノ丸付近)の城塁が横矢掛(折れ)になったような箇所もあったりと、城跡を思わせるものが確認できます。
空堀などに寄り道しながら敷地を一周するのに30分程度かかり、駅までの往復含めると1時間弱を要しました。

今回利用した真岡鉄道は本数が少ないため、公共交通機関でお越しの際は計画的に登城されたほうがいいです。



2017年09月25日 小山 飛騨守 政光
真岡城

駅前の観光情報センターのようなところに行くと地元の詳しい方が、行き方と周囲の詳細を教えてくださいます。
いつもいるかどうかは分かりませんが。

2010年06月12日 半日皇帝下野守
真岡城

大河ドラマ「春日局」が放送された年、一年間だけ
巨大な天守閣の絵
がありました(‾▽‾〃)

「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「ニッポン城めぐり」 ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore