久下田城(くげたじょう)

久下田城の基本情報

通称・別名

所在地

茨城県筑西市樋口字城山221

旧国名

常陸国

分類・構造

平城

天守構造

築城主

水谷正村

築城年

天文14年(1545)

主な改修者

主な城主

水谷氏

廃城年

元和元年(1615)?

遺構

曲輪、横堀(空堀)、横堀(水堀)、土塁

指定文化財

県史跡(久下田城跡)

再建造物

石碑、説明板

周辺の城

中村城(栃木県真岡市)[4.3km]
伊佐城(茨城県筑西市)[4.5km]
桜町陣屋(栃木県真岡市)[5.3km]
下館城(茨城県筑西市)[6.4km]
真岡城(栃木県真岡市)[8.5km]

久下田城の解説文

久下田城(くげたじょう)は、茨城県筑西市樋口にある城。茨城県指定文化財(史跡)。
概要
天慶年間(938-948)、藤原秀郷が平将門追討のために築いた三館(上館・中館・下館)のうち上館にあたるという伝承がある。

結城・水谷と宇都宮氏の対立が深まっていた天文14年(1545年)、下館城主の水谷正村(蟠竜斉)が北方の宇都宮氏から下館領を守るため、下館城の北に築城した。

歴史・沿革
天文14年(1545年)、下館城主の水谷正村(蟠竜斉)が築城。
天文年間、宇都宮家臣の八十岡伊織を大将とする約200騎により攻められるも、水谷正村(蟠竜斉)がこれを撃退。
天文年間、宇都宮家臣の武田治郎を大将とする約3,000騎により城められるも、結城氏の援軍を受けた水谷正村(蟠竜斉)が撃退。
元和元年(1615年)、いわゆる一国一城令が出される(これを受け久下田城も廃城か)。
寛永16年(1639年)、下館藩主水谷勝隆が備中国成羽藩に転封。

構造
栃木県旧・二宮町(現・真岡市)に接し、東に勤行川が流れる台地上に建つ。筑西市樋口の城山一帯が城域で、往時は二宮町の台地を含み大規模な城下を構成していた。

考古資料
遺構
二の丸跡が公園となっており、それを囲むように2つの曲輪が残る。空堀、土塁のほか、現在は用水路となっている水堀など多くの遺構が現存している。

久下田城の口コミ情報

佐竹常陸介いわちん様[2017年05月21日]
久下田城跡までのアクセスは、真岡鉄道久下田駅からだと、回り込むかんじで15分弱くらいで、やはり車がいいですね。特に軽自動車が○

わかりやすいアクセスは、国道294から県道216に入り真岡鉄道線路をまたぎ、100mくらい東に進むと左側に久下田城入口の小さい看板がありますが、道が狭くおすすめしません!

おすすめは看板から200mくらい先の左側に、福聚寺石碑がある(ちょっと見ずらい)
福聚寺入口の道を入り寺沿いを通り、久下田城東側に出る感じで、小さい川沿いがあるのでそこに車が1、2台スペースあり。
できれば軽自動車がいい。

籔が多く、トイレなしですが土塁、空堀、本丸跡、石碑など遺構あり楽しめると思います。

結城四天王、水谷正村が宇都宮勢に備えた城です

まー蔵人頭様[2016年11月26日]
2回目の登城で以前よりもかなり荒廃してた。駐車は先人の書かれている通り。周りの道は道幅狭い。台地下にある橋の手前に一台分のスペースがあったので駐車。公園の中は藪が酷く社も崩れたままの状態でした。

立花飛騨守様[2016年09月27日]
真岡鉄道真岡線久下田駅のすぐ東側にありますが、駅から歩くと、回り込まないと行けないので、少し歩くようです。

城跡東側の道路脇に、駐車スペースが、何カ所かあります。城跡周囲の水路は水堀です。

主郭周囲は、深い空堀がめぐり、畑になった郭脇にも、やぶが酷いですが、堀や土塁が残ります。

常陸介一休.道灌!?様[2015年02月09日]
リア攻め移動中にカーナビ画面に久下田城跡の表示があらわれ、もしや…と思い慌てて調べると城めぐり登録城!?これはリア攻めするしかない♪と立ち寄りました。
二の丸まで車で行くこともできるのですが、あまり大きい車だと細めの道路なので脱輪するかも!!空堀は結構な量のゴミの不法投棄が…よくありがちですが、やめてほしいですね!!(>_<)

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore