下館城(しもだてじょう)

下館城の基本情報

通称・別名

螺城、法螺貝城

所在地

茨城県筑西市甲地内

旧国名

常陸国

分類・構造

平城

天守構造

築城主

水谷勝氏

築城年

文明10年(1478)

主な改修者

主な城主

水谷氏、松平氏、増山氏、黒田氏、石川氏

廃城年

明治2年(1869)?

遺構

曲輪、堀

指定文化財

市史跡(下館城跡)

再建造物

石碑、説明板

周辺の城

伊佐城(茨城県筑西市)[1.9km]
久下田城(茨城県筑西市)[6.4km]
海老ヶ島城(茨城県筑西市)[8.2km]
結城城(茨城県結城市)[8.3km]
関城(茨城県筑西市)[10.1km]

下館城の解説文

下館城(しもだてじょう)は、現在の茨城県筑西市甲(本城町)にあった城。筑西市指定文化財(史跡)。

概要
天慶年間(938-948)、藤原秀郷が平将門追討のために築いた三館(上館・中館・下館)のうち下館にあたるという伝承がある。

文明10年(1478年)、水谷伊勢守勝氏が結城氏広から下館領を与えられ築城したのが、明治維新まで残った城郭の始まり。以後水谷氏の居城として戦国時代を経て、江戸時代初期の寛永16年に水谷勝隆が備中国成羽藩へ転封。松平頼重が入封する。寛永19年(1642年)の松平頼重転封後は一時天領となるが、井上正岑、黒田直邦などの支配を経て、石川総茂が2万石で入封。石川氏9代の治世が続き明治維新を迎えて、廃城となった。

歴史・沿革
文明10年(1478年)、水谷勝氏が結城氏広から下館領を与えられ築城。
天文14年(1545年)、水谷正村(蟠龍斎)が宇都宮氏に備え、下館城の北に支城久下田城を築く。
天正18年(1590年)、水谷勝俊が豊臣秀吉から下館領と下野芳賀郡をあわせた水谷領4万7,000石を安堵される。
寛永16年(1639年)、水谷勝隆が備中成羽に転封。
寛永16年(1639年)、松平頼重が5万石で入封。
寛永19年(1642年)、松平頼重が讃岐国高松藩12万石を賜って転封。
寛文3年(1663年)、増山正弥が三河国西尾藩より入封。
元禄15年(1702年)、増山正弥が伊勢国長島藩に転封。
元禄15年(1702年)、井上正岑が丹波国亀山藩より入封。
元禄15年(1702年)、井上正岑が常陸国笠間藩へ転封。
元禄16年(1703年)、黒田直邦が入封。
享保17年(1732年)、黒田直邦が上野国沼田藩に転封。
享保17年(1732年)、石川総茂が伊勢国神戸藩より2万石で入封。...

下館城の口コミ情報

口コミがまだ投稿されていません。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore