伊佐城(いさじょう)

伊佐城の基本情報

通称・別名

所在地

茨城県筑西市中館522

旧国名

常陸国

分類・構造

平城

天守構造

築城主

伊佐為宗

築城年

鎌倉時代

主な改修者

主な城主

伊佐氏

廃城年

興国4年(1343)

遺構

曲輪跡、堀切跡

指定文化財

県史跡(伊佐城跡)

再建造物

石碑

周辺の城

下館城(茨城県筑西市)[1.9km]
久下田城(茨城県筑西市)[4.5km]
結城城(茨城県結城市)[8.6km]
中村城(栃木県真岡市)[8.7km]
桜町陣屋(栃木県真岡市)[9.1km]

伊佐城の解説文

伊佐城(いさじょう)は、常陸国伊佐郡(現在の茨城県筑西市)にあった伊佐氏の城。その城域は、東側に勤行川をのぞむ台地上の施無畏山延命院観音寺境内とその周辺で、「伊佐城跡」の名称で茨城県の史跡に指定されている。

築城
築城年不明。築城者は、藤原北家山陰流の伊達朝宗(常陸入道念西)との説あり。また、天慶3年(940年)、下野押領使の藤原秀郷(俵藤太)が平将門追討の際に上館(元館)・中館・下館の三館築いたという伝説があり、この三館のうちの中館を伊佐氏が改修したものが伊佐城との説もある。

概要
南北朝時代までの伊佐城については記録がなく、その詳細は不明。同城のあった常陸国伊佐郡は、平安時代末期から鎌倉時代まで、伊佐氏の領地であった。

南北朝の争乱が常陸国に及ぶと、城主の伊佐氏が同族の伊達行朝を迎え、南朝方の北畠親房が拠る小田城に呼応。大宝城関城など南朝方諸城とともに戦う。北朝方高師冬軍の攻撃に長く絶えたが、興国4年(1343年)についに落城、以後廃城となる。

伊佐城の口コミ情報

音みく図書頭闇サガン様[2017年04月22日]
地図情報の川沿いに駐車スペースがありますよ。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore