桜町陣屋(さくらまちじんや)

桜町陣屋の基本情報

通称・別名

所在地

栃木県真岡市二宮町物井2013-2

旧国名

下野国

分類・構造

陣屋

天守構造

なし

築城主

大久保(宇津)教信

築城年

元禄12年(1699)

主な改修者

主な城主

宇津氏

廃城年

遺構

主屋、土塁、堀

指定文化財

国史跡(桜町陣屋跡)

再建造物

石碑、説明板

周辺の城

真岡城(栃木県真岡市)[4.1km]
中村城(栃木県真岡市)[5.1km]
久下田城(茨城県筑西市)[5.3km]
富谷城(茨城県桜川市)[8.7km]
伊佐城(茨城県筑西市)[9.1km]

桜町陣屋の解説文

小田原城主・大久保加賀守忠朝の3男教信が、分家して野州桜町4000石を知行し、宇津家を再興して、元禄12年(1699)にこの地に陣屋を創設した。

文政6年(1823)、領内が疲弊したため、藩主大久保忠真の命を受けて、二宮金次郎が桜町復興のために赴任し、以来26年間在陣執務して、桜町復興に成功し、名声をあげた。

その後明治維新に陣屋は廃止となり、現在は茅葺き屋根の陣屋の建物が残っており、国指定史跡に指定されている。

情報提供:真岡市教育委員会文化課

桜町陣屋の口コミ情報

佐竹常陸介いわちん様[2017年05月21日]
どこからアクセスするにも農村地帯なので、駅も遠くバスもなしで車、バイクですかね。

桜町陣屋、二宮尊徳史料館に向かいます。何ヵ所かに看板も出ています。
駐車場もかなり広いです。

二宮尊徳に興味ある方にはいいかもしれません。陣屋としては高さ1m程度の土塁があるくらいです。

まー宮内卿様[2016年06月10日]
二宮尊徳資料館を目印に行く。駐車場も資料館前と松林があったところにある駐車場がある。二宮神社の脇を歩いていくと土塁や虎口、その脇に陣屋跡の石碑がありさらに奥に進むと役所建物が一部修復されているが現存する。ただし建物内に立ち入ることは出来ない。建物に近づくと灰の臭いが鼻につく。建物奥に進むと北東土塁と共に水路の跡が砂利を敷いて表されている。

常陸入道ねんさい和泉守様[2013年01月14日]
真岡駅にレンタサイクルがあり、駅から直線距離3.6キロほど。陣屋は意外と土塁が残る。南側に虎口も残る。二宮尊徳資料館が隣接している。無料。

半日皇帝下野守様[2010年12月03日]
かの有名な、二宮尊徳さんが住んで農業指導した場所です。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore