駒城(こまじょう)

駒城の基本情報

通称・別名

駒館、駒楯城

所在地

茨城県下妻市黒駒字奥内47-1

旧国名

常陸国

分類・構造

平城

天守構造

築城主

藤原実寛

築城年

南北朝時代

主な改修者

主な城主

藤原実寛

廃城年

遺構

曲輪、土塁、横堀(空堀)

指定文化財

県史跡(駒城跡)

再建造物

石碑、説明板

周辺の城

関城(茨城県筑西市)[3.9km]
大宝城(茨城県下妻市)[4.9km]
多賀谷城(茨城県下妻市)[5.7km]
結城城(茨城県結城市)[10.3km]
逆井城(茨城県坂東市)[10.5km]

駒城の解説文

南北朝時代にあった城跡。東西約120m、南北約180mの城跡の北西部に『駒城址』の碑がある。駒館、駒楯城ともいわれた。

駒城は小田城(つくば市)、関城(築西市)、大宝城とともに常陸国における南朝方の戦略的拠点として重要な存在であった。在地の武将の名は確定できないが、中御門少将実寛を擁して奮戦し、興国1・暦応3年(1340)5月27日、北朝方の将高師冬の猛攻により実寛は生け捕りにされ、やがて落城したといわれる。

情報提供:下妻市教育委員会生涯学習課

駒城の口コミ情報

まー蔵人頭様[2016年01月01日]
県道233号線の脇道を入ると車一台分の道幅しかありません。駐車場はない為城址石碑前に路駐。ここは車一台置いても対抗車両が通れます。
ここはアパートが隣接したりして遺構が見つかりませんでした。石碑周辺にこんもりとした土塁跡しか見受けられませんでした。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore