多賀谷城(たがやじょう)

多賀谷城の基本情報

通称・別名

下妻城

所在地

茨城県下妻市本城町(多賀谷城址公園)

旧国名

常陸国

分類・構造

平城

天守構造

築城主

多賀谷氏家

築城年

寛正2年(1461)

主な改修者

主な城主

多賀谷氏、徳川氏

廃城年

慶長14年(1610)

遺構

曲輪、土塁、横堀(空堀)

指定文化財

市史跡(多賀谷城本丸跡)

再建造物

碑、説明板

周辺の城

大宝城(茨城県下妻市)[2.3km]
関城(茨城県筑西市)[4.6km]
駒城(茨城県下妻市)[5.7km]
豊田城(茨城県常総市)[9.3km]
古間木城(茨城県常総市)[9.6km]

多賀谷城の解説文

下妻城(しもつまじょう)は、常陸国関郡下妻荘(現在の茨城県下妻市)にあった日本の城。多賀谷氏の居城であったことから多賀谷城(たがやじょう)とも称し、地元では一般にこの名称を用いている。

城郭は広大で旧真壁郡下妻町の領域がすっぽりと収まるほどであった。1950年代までは曲輪・濠・土塁跡が残っていたとされるが、1961年(昭和36年)に始まった都市計画事業を経て、現在では多賀谷城跡公園内にわずかに痕跡を残すのみとなっている。

概要
城が完成した15世紀中頃は東西両館からなり、東館を本丸とする2廓の単純な構造であった。その後多賀谷氏の勢力拡大に伴い城を北方向へ拡張していき、多賀谷氏7代の重経の頃(16世紀末から17世紀初頭)には南北1.5kmにおよぶ長大な城域を有するようになっていた。この時代の下妻は常陸国西部最大の都市であり、城郭・城下町の規模や充実度の面で常陸国屈指の存在であった。

城跡は下妻市指定遺跡となっており、カワラケ(素焼きの陶器)が出土している。付近には本城・新屋敷・本宿・上宿・陣屋など城や城下町の名残が偲ばれる地名が残るが、宅地化の進行により、その遺構の一部は失われている。また下妻市役所の西に城跡公園がある。城跡公園は1961年(昭和36年)からの都市計画事業により建設され、市民憩いの場となっている。ここには1890年(明治23年)12月に建立された碑があり、表面に多賀谷氏7代140年の経歴が漢文で刻まれ、裏面に碑の建立費用を負担した旧臣の子孫264名の氏名が彫られている。

城郭の構造
平城であり東西に沼と河川(小貝川・鬼怒川)、南方に湿地帯を控えていたことから、北方への防御態勢が重点的にとられ、秋田県立図書館が所蔵する「常陸国下妻城図」によれば北には土塁や濠が七重にも巡らされていた。これは単に北側に自然的障壁がなかっただけでなく、北方に多賀谷氏が敵対した結城氏や水谷氏の領地が存在したことが影響している。

城は館沼(たてぬま)によって東西に分断され、沼の東側に本城(本丸)・中城(二の丸)・三の丸・北城・南館(姫曲輪)を、沼の西側に西城を置いていた。周囲に小野子(多賀谷一族の居住地)・虚空蔵曲輪等を配していた。城域は南北1,500m×東西900mであった。土を台地上に盛った土塁を複数築き(盛土)、土塁の周りの掘割には大宝沼から引いた水を満たし、主要な土塁は7つの橋で結んだ。これを「多賀谷七構え」という。

城下町の構造
飯田・石塚・片岡・渡辺などの姓を名乗る多賀谷氏の家臣は、城郭外延部の本宿・上宿・今宿(新宿)・坂本などに居住した。本宿などは「宿」(宿場)である以上、商工業者(商人・職人)も居住していたが、家臣団の集住があり、城郭の一部としても機能していたと考えられる。こうした城郭的機能を町場が有するのは下妻城特有のものでなく、結城城・山川城・海老ヶ島城などにも見られる戦国時代の関東地方の特徴的な城下町構造である。

北城の北にはタカジョウマチなどの小字が見られ、職人が居住していたと考えられる。初期の城下町は北方にある牛頭天王(現在の下妻神社)の門前町・大町(現在の下妻市下妻乙)とその東隣の西町を中心に発展し、重経の時代には大町の南に位置する三道地(さんどうち、現在の下妻市下妻丁)から新地まで拡大した。

歴史
築城と城下の発達...

多賀谷城の口コミ情報

新田沼端守兵庫介義貞様[2017年09月15日]
下妻 ふるさと博物館に多賀谷城の模型が展示してありました。
そに展示物を見てから城跡に行くと、また感じ方が違うと思います。

エキスポ24日智ぞう様[2017年09月15日]
説明看板読むと何度も北条軍を撃退した難攻不落な城みたいですが、そんな面影なく遺構も残ってないのが寂しいです。

佐竹常陸介いわちん様[2017年03月25日]
昔は、かなり広い城郭だったらしいが、今は公園になっていて、ちょっと石碑があるくらいで何もありませぬ。駐車場10台くらい。車か下妻駅からアクセス

すずママ右馬頭要害情報屋様[2015年11月25日]
子供の遊べる遊具のある城趾公園です。駐車場も6台くらいありました。近くにコンビニもあり子連れ行軍の休憩場所にぴったりです。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore