多気城(たきじょう)

多気城の基本情報

通称・別名

多気山城、城山城

所在地

茨城県つくば市北条

旧国名

常陸国

分類・構造

山城

天守構造

築城主

伝・平維幹

築城年

平安時代中期

主な改修者

主な城主

多気氏

廃城年

遺構

曲輪、土塁、横堀(空堀)

指定文化財

再建造物

周辺の城

小田城(茨城県つくば市)[4.2km]
海老ヶ島城(茨城県筑西市)[9.7km]
真壁城(茨城県桜川市)[10.4km]
大宝城(茨城県下妻市)[10.8km]
多賀谷城(茨城県下妻市)[11.1km]

多気城の解説文

多気城(たきじょう・たけじょう)は、常陸国筑波郡多気(現在の茨城県つくば市北条小字多気)にあった城。多気山城(たきさんじょう)・城山城(じょうやまじょう)とも称する。現存する史料や遺物が少なく、謎の城とされてきた。

概要
城山(じょうやま)と通称される多気山(たけやま、標高約129.4m)に築かれた山城の跡で、4つの曲輪があり、それらを堀や土塁が囲んでいる。その外側には大きな堀の跡があり、南には土橋の跡も見つかっている。4つの曲輪のうち1~3曲輪は連なりあって多気山の山頂から中腹にかけて広がり、4曲輪は少し離れて多気山と西隣の道場山との間にある。『筑波町史(上巻)』では「保存状態が比較的良好であり、当地方の戦国史解明の重要な手掛り」と記載している。

歴史
平安時代中期に常陸平氏の宗家である大掾氏の平維幹が常陸国筑波郡水守から多気の地に移り築いた城とする説があり、『吾妻鏡』に登場する「多気の山城」とは維幹が築いた多気城とされる。しかしながら、現存する大規模な城郭遺構は戦国時代、特に永禄から慶長にかけてのものと考えられており、茨城城郭研究会は、平安時代の城跡に大改修を施したものであろう、としている。維幹の子孫は代々多気氏を名乗ってこの地で勢力を持っていたが、1193年(建久4年)、6代の多気義幹の時、八田知家らの策略にはまり没落した(建久の変)。義幹は今も北条地区の住民から「たきたろさま」と呼ばれ、親しまれる。発掘調査では、室町時代頃のものと思われる土師質土器が見つかっているが、多気義幹の死からこの時代までの多気城の様子は不明である。

現時点では戦国時代に純軍事目的で築城されたことが推察され、文献史料でも1559年(永禄2年)に結城氏が小田氏側の北条を攻め、1572年(元亀3年)に北条付近で造作が行われていること、1579年(天正7年)に「嶽山再興」の記録がある程度である。

これまでに出されてきた築城の理由には、以下のような説がある

・北条五郎顕家の館とされる小泉館の詰めの城だった
・上杉謙信または佐竹義重が小田城を攻めるために築いた
・佐竹義宣が関ヶ原の戦いの前後の緊迫した状況で築いた

戦国時代以降の出土遺物はわずかで、同時代の陶磁器は発掘されていない]。このことや、火災の痕跡・鉄砲玉などの戦闘形跡も見られないことから、最終期にはあまり使用されなかったと推測されている。

現況は山林になっている。多気山では採石が行われていたため、城郭の南西部の地形は往時に比べ大きく変形している。

多気城の口コミ情報

上野介一休.道灌!?様[2015年09月16日]
常陸多気城!!…下野の多気山城をリア攻めした後で、隣国常陸に似たような名前の多気城というのがあるのに気づき、気になっていました♪(^^)

しかし残念ながら…私有地で立ち入り出来ないので、麓を少し歩いて見ましたが、それらしき遺構は…やはり中に入らないと無さそうでした!?(^^;

野舘宮内少輔サラマンダー様[2014年06月13日]
本日、筑波温泉ホテルという所で温泉に入りに来たので、攻略を押したら新しい城になった事が分かり、行ってみようと思ったのですが、データが乏しかったので、市に連絡してみました〜

聞いてみた所、城跡の土塁等はあるが、私有地の為入山不可、石碑等も無く、麓の神社等もその時代のものでは無いらしいです…

パンフレット等も作る予定は無いそうです

とても残念です…

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore