豊田城(とよだじょう)

豊田城の基本情報

通称・別名

所在地

茨城県常総市本豊田

旧国名

下総国

分類・構造

平城

天守構造

複合式層塔型[5重7階/1992年築/RC造模擬]

築城主

豊田善基

築城年

正平年間(1346〜1370)

主な改修者

主な城主

豊田氏、加賀谷氏

廃城年

慶長4年(1599)

遺構

消滅

指定文化財

再建造物

石碑、説明板、近隣に模擬天守(地域交流センター)

周辺の城

古間木城(茨城県常総市)[4.8km]
多賀谷城(茨城県下妻市)[9.3km]
谷田部城(茨城県つくば市)[10.5km]
小田城(茨城県つくば市)[11.2km]
大宝城(茨城県下妻市)[11.3km]

豊田城の解説文

豊田城は、平安時代末期から戦国時代までこの地方を支配した垣武平氏一族の豊田氏が、東部に流れる小貝川べりに城を築いたものです。

当時の豊田城は天守閣造ではなく、カヤ葺きで小貝川の水を要塞としたものであろうと思われます。

現在は、「地域交流センター」となっており、1,100人収容のホール及び図書室と、常総市石下地方の歴史を紹介した展示室からなる複合施設として、平成4年に開館しました。

地域交流・文化醸成の場として、また常総市のランドマークとして、地域の方々に親しまれております。 ■開館時間
午前9時から午後4時30分(但し、入館は午後4時まで)
休館日:月曜日(祝日の場合は、翌日)、年末年始(12月28日~1月4日)

■展示室観覧料
一般 400円 小中学生 200円

■交通案内
関東鉄道常総線 石下駅下車徒歩10分、常磐自動車道 谷和原インターより25分、常磐自動車道 土浦北インターより30分

情報提供:常総市生涯学習課

豊田城の口コミ情報

Nabeppu左馬頭様[2015年10月25日]
前の方も記載されてますが、模擬天守とは別の所が本来の城跡です。実際は、小貝川西岸の堤防上で、石碑と案内板があります。車が停められるチョとした公園が有ります。上善若水の碑が有ります。

傾奇揚げ仙兵衛様[2014年02月12日]
豊田城(体育館隣)の駐車場では地元農産物の直売所があります。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore