逆井城(さかさいじょう)

逆井城の基本情報

通称・別名

所在地

茨城県坂東市逆井1234

旧国名

下総国

分類・構造

平城

天守構造

築城主

逆井常宗

築城年

享徳年間(1452〜1455)

主な改修者

主な城主

逆井氏、後北条氏

廃城年

天正18年(1590)

遺構

曲輪、土塁、空堀

指定文化財

県史跡(逆井城跡)

再建造物

櫓、櫓門、土塀、主殿、木橋、石碑、説明板

周辺の城

関宿城(千葉県野田市)[8.4km]
古間木城(茨城県常総市)[9.6km]
駒城(茨城県下妻市)[10.5km]
多賀谷城(茨城県下妻市)[11.1km]
栗橋城(茨城県猿島郡)[11.8km]

逆井城の解説文

逆井城(さかさいじょう)は、下総国猿島郡(現・茨城県坂東市逆井)にあった戦国時代の平城。落城後、後北条氏によって大規模に築城しなおされたため、それ以前の遺構と後北条氏時代の遺構が重なっている。はじめ逆井氏の城を逆井古城、後北条時代の城を飯沼城ともいう。

概要
北側に西仁連川用水を臨み、西に入江だった蓮沼が存在する台地の先端上に位置している。西仁連川は江戸時代の干拓の際に沼の西側外周部が掘削されたもので、干拓前は飯沼という南北30kmに広がる沼が城の北方に存在していた。この南北に細長い飯沼は逆井城の北で東西に蛇行しており、城はこの沼の歪曲部に位置し沼に囲まれた「後堅固の城」でもあった。

北崖を飯沼が洗い堅固なため、本丸が最北端に位置している。南側に曲輪が連なり、大軍も収容できるように大規模な構造となっている。

築城は享徳年間ごろといわれる。小山義政の五男・常宗がこの地を領して逆井氏を名乗り、この城を居城にしたという。しかし常宗の孫・常繁のときの天文5年(1536年)、古河公方方であった逆井氏は後北条氏と対立した。そのため後北条方の大道寺盛昌の攻撃を受け逆井古城は落城、逆井氏は滅亡したと伝わる。ただし落城年がこの地域への後北条氏の進出時期に合わないため落城時期には異論もある。

後北条氏の勢力下に入った逆井城は、天正5年(1577年)、玉縄城主北条氏繁によって藤沢から技術者が呼ばれ、新たに築城されることとなった。逆井の地は北条氏にとって下野・常陸方面への侵攻の最前線であったためである。後北条氏の最新の技術が投入された飯沼城には氏繁が入り、佐竹氏・多賀谷氏などと対峙した。天正6年(1578年)、氏繁は逆井城で没し、その後を子の氏舜・氏勝兄弟が継いだ。風魔小太郎の子・風魔孫右衛門など忍者集団300人が拠っていたともいう(『関東古戦録』)。

天正18年(1590年)、豊臣秀吉の小田原の役による後北条氏滅亡に伴い、廃城となった。

逆井城跡公園
城址は公園化され、櫓・土塀・櫓門・木橋などが復元されているが、これらは発掘調査に基づいた時代考証を行い復元されたもので、中世城郭の姿をできるだけ忠実に再現している。また復元位置をずらして遺構の保存を行っている。西二ノ曲輪は逆井城以外からの移築建造物・復元建造物が存在する。関宿城の薬医門、復元された古河城書院礎石など。本丸殿社の位置には堀之内大台城の御殿が復元されている。

また「鐘掘り池」という池もある。池の名の由来は、逆井城落城時に城主逆井常繁の室(娘とも)の智姫が先祖伝来の鐘を被ってこの池に入水したと伝えられたため、この鐘を探すために後に何度も池が掘り返されたことにちなむ。

参考文献
猿島町城址調査委員会・日本城郭史学会編 『下総国逆井城址』 猿島町教育委員会、1983年。

逆井城の口コミ情報

安田式部大輔秀元様[2017年06月08日]
2016年 大河ドラマ「真田丸」第8話で海津城のモデルとして出演した城です。

・10メートル程ある井楼櫓には昇れます。※転落注意!!

コロ助様[2014年03月25日]
関宿城から徒歩20分程、利根川を渡った所にある「道の駅さかい」にレンタサイクルがあります(1時間\200、延長は1時間\100)。鼻歌混じりにママチャリを走らせて45分程で逆井城に到着します。東側の曲輪にゲートボールコースがあり、多くの方が楽しまれていました。

野舘宮内少輔サラマンダー様[2013年11月04日]
2013年10月13日8時45分(345分)
※純粋に城跡だけを見るなら60分もあれば十分かと…

この日は毎年行われている『坂東市第24回ふる里さしま古城まつり』
臨時駐車場もあり

城の外周はゆっくり歩いても25分位
北側に田んぼが広がり(昔は沼だった)、全体的に2〜3m位高くなっています

東西南北で説明すると、城の北側に本丸とそれを囲っている空堀、入口は東側の木の橋と南西の土橋
遺構などは、鐘堀池と再建された櫓門
鐘堀池の由来は、落城時に身を投げた女性が、鐘とともに入水し、その鐘を堀り出そうとしたため

城の西側には水堀があり、再建された二層櫓や塀、御殿と関宿城移築城門などがあります
この日は特別なのか、二層櫓や御殿の中に入る事が出来ました〜
トイレもこの地区にあります

城の東側に幅20m位の広場が東から南にあり、その外側に空堀があります

最後に城祉の入口があり、管理事務所と食事処がある南側
管理事務所はお休み

城のパンフは不明です…

祭に出陣式や鉄砲演武等がありましたよ〜

野舘宮内少輔サラマンダー様[2013年09月30日]
2013年10月13日、逆井城で第24回ふる里さしま古城まつり
武者行列、鉄砲演武等をやるようです

尻啖え孫市下総守様[2013年01月01日]
時は戦国末期、北条家の北関東攻略最前線基地。平城ながら天然の地形を活かした縄張を確認できる。復元された櫓や木橋、他城からの移築建造物が有名だが、それ以上に秀逸なのが、北条伝統の比高二重土塁やえげつない横矢掛、高低差のある空堀。また城跡周辺のアップダウンのある地形も天然沼を利用した要害を想起するに余りある。

逆井城の周辺観光情報

ミュージアムパーク茨城県自然博物館

県内最大の自然環境保全地域である坂東市大崎の菅生沼のほとりにあり、優れた自然環境と広い野外施設を有し、本館で学んだことを野外で体験できる、参加体験型の博物館です。

菅生沼

沼に生息する魚類や飛来する鳥類、岸部でみられる昆虫や野草の種類が豊富で自然観察者に人気の高いネイチャー・フィールドです。

逆井城跡公園

戦国時代末期に後北条氏の北関東進出拠点として築城された逆井城は、天正18年に廃城となりましたが、現在もその外堀と土塁が残っています。

情報提供:坂東市商工観光課
「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore