玉縄城(たまなわじょう)

玉縄城の基本情報

通称・別名

甘縄城

所在地

神奈川県鎌倉市城廻200

旧国名

相模国

分類・構造

平山城

天守構造

築城主

北条氏綱

築城年

永正10年(1513)

主な改修者

北条氏綱

主な城主

後北条氏、松平氏

廃城年

遺構

曲輪

指定文化財

再建造物

周辺の城

村岡城(神奈川県藤沢市)[1.2km]
藤沢御殿(神奈川県藤沢市)[2.8km]
斎田左衛門屋敷(神奈川県横浜市)[4.2km]
畠山重保館(神奈川県横浜市)[5.1km]
鎌倉城(神奈川県鎌倉市)[5.2km]

玉縄城の解説文

玉縄城(たまなわじょう)は相模国鎌倉郡玉縄村(現在の神奈川県鎌倉市玉縄地域城廻)にあった平山城。甘縄城ともいう。

城の歴史
北条氏時代
永正10年(1513年)北条早雲(伊勢盛時)により築かれた。城の外堀が柏尾川と直結し、相模湾まで舟を繰り出す事が可能だった関係で水軍などを統括する重要拠点となった。更に鎌倉に近いことから鎌倉の防衛という面でも重要な役割を果たした。

大森氏の小田原城を奪い、西相模に進出した北条早雲は東相模の相模三浦氏と争うが、長期戦となった。この際、同氏の主筋である武蔵の扇谷上杉家当主上杉朝興が三浦氏の援軍として挟撃してくる事への備えが必要とされ、三浦半島の付け根に当たるこの地に玉縄城が築かれた。三浦氏滅亡後は安房里見氏に対する押さえとしての役割を担った。

北条氏時代には、一門の重要人物が城主として置かれた。初代城主氏時は早雲の実子、2代城主為昌は氏綱の実子であり、為昌の急逝後は氏綱の娘婿で長く城代として為昌を補佐してきた北条綱成が「為昌の養子」という名目で3代城主となった(ただし、実際の年齢は綱成の方が上である)。以後、綱成の子氏繁、氏繁の嫡男氏舜、その弟氏勝と4代にわたって城主の地位が継承された。

堅城として知られ、大永6年(1526年)11月26日に足利義明に呼応して鎌倉へ攻め入った里見義豊(里見実尭を大将とする説もある)の軍勢を撃退したときをはじめ、度々里見氏の攻撃を退けた。また上杉謙信・武田信玄が相模へ乱入した際も攻略をあきらめたほどである。豊臣秀吉による天正18年(1590年)の小田原征伐においては、徳川家康の攻撃を受け、守将北条氏勝は降伏・開城。以降徳川氏の支配下になる。

徳川氏時代
徳川政権下においても玉縄城は重要視され、家康側近の本多正信の居城となり、その後は一門の長沢松平氏の居城となった。元禄16年(1703年)2月10日、長沢松平氏が上総国大多喜藩へ転封となったのを機に玉縄城も廃城となった。

現在
昭和30年頃までは比較的多くの遺構が残っていたようであるが、昭和38年(1963年)に女子高の清泉女学院中学高等学校が城跡に移転して以降、その多くが破却された。破壊を免れた遺構としては、城の最高部であったと言われる土塁「諏訪壇」があるが、樹木が生い茂り、実際に訪れても形状の把握は難しい。また、清泉女学院校門前に安置されている巨石は、玉縄城遺構の一部と言われる。

近年は宅地化が進み周囲に数多くのマンションが建築された。辛うじて清泉女学院中学高等学校に隣接する住宅地に「早雲台」、周辺地域に「城山」「城廻」等の名を残すが、地名以外に往時の状況を偲ぶ事は困難である。また学校警備の関係上、城跡の見学は自由にはできない。

一方でその地域は自然環境に恵まれ、清泉女学院中学一年の理科野外実習は校内で行われるほどである。...

玉縄城の口コミ情報

león飛騨守氏郷様[2015年03月03日]
北条氏康の弟、為昌が城主だった時期には三浦半島・河越城領までも含む広大な領域を管轄した重要な支城ですが、現在は清泉女子校の敷地内に土塁の一部が残るのみでした(学校の敷地内を見学する際には許可が必要)

ふわん坂(久成寺脇の坂)・七曲坂・現在は緑地公園になっている太鼓櫓跡には城跡である痕跡が残ります。

城跡自体は宅地化により遺構が消失し若干寂しいですが、周辺には玉縄北条氏の供養塔がある龍宝寺や北条綱成縁の諏訪神社、里見氏との激戦を物語る首塚等があるので合わせて廻るのがオススメです。

奥月様[2014年05月25日]
築城500年祭の時に中に入れました。近年七曲坂などが整備されています。また、近くの龍宝寺には地域の人が作ったとみられる模型などの資料が展示してあります。

赤いRVR弾正大弼@松本様[2011年10月28日]
昭和60年代に一度だけ登城しました。警備員さんに入れてもらいましたが、当時中にはシェパードが何頭も放されていました!校庭の一角に高まりがあって、そこが城址だと言うことでしたが。くれぐれも校舎には入るな!とも言われたのを、覚えています。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore