住吉城(すみよしじょう)

住吉城の基本情報

通称・別名

所在地

神奈川県逗子市小坪5

旧国名

相模国

分類・構造

平山城

天守構造

築城主

不明

築城年

鎌倉時代?

主な改修者

北条早雲

主な城主

北条早雲、三浦氏

廃城年

遺構

曲輪

指定文化財

再建造物

説明板

周辺の城

鐙摺城(神奈川県三浦郡)[2.1km]
鎌倉城(神奈川県鎌倉市)[2.2km]
八王子山台場(神奈川県鎌倉市)[5.7km]
村岡城(神奈川県藤沢市)[6.6km]
六浦陣屋(神奈川県横浜市)[6.8km]

住吉城の解説文

戦国時代初期、伊豆・小田原を本拠に相模国制圧に乗り出した北条早雲が、鎌倉時代初期までの三浦氏の傍流で相模国の豪族となっていた相模三浦氏を攻め、永正9年(1512年)8月、当主の三浦義同(道寸)は本拠の岡崎城(現伊勢原市)を落とされた後、小坪の住吉城に籠もる。しかし住吉城も早々に落とされ、三浦義同は新井城(または三崎城、現三浦市)に逃れ、3年の篭城戦の後に滅ぼされた。

住吉城址は逗子マリーナ背後の飯島崎の山上にあり、現在は住吉神社となって、砦の遺構と思われるものは残っていない。相模三浦氏の砦以前に、鎌倉幕府により鎌倉と三浦半島との間の防衛拠点として築かれていたと言われ、また、先述の治承年間の小坪合戦時に三浦勢が陣を敷いたのもこの近辺と考えられることから、鎌倉時代以前から既に砦の原型は存在していた可能性もある。

住吉城の口コミ情報

キョロ大宰大弐ちゃん様[2012年07月26日]
R134小坪トンネル。夏のこの時期だから言う訳ではありませんけど、『出る』んです、ここ。
関東エリアで有名なスポットです…。
鎌倉は、多くの人の無念がさまよう都市なので、お出かけの際はご用心を!
ここに限らず、多くの城・城趾は『人の無念』がさまよう場所なので、神聖な気持ちで登城・訪問しましょう。m(__)m

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore