大和郡山城(やまとこおりやまじょう)

大和郡山城の基本情報

通称・別名

雁陣之城

所在地

奈良県大和郡山市城内町2-18

旧国名

大和国

分類・構造

輪郭式平山城

天守構造

型式不明[5重6階?/1583年築/焼失(火災)?]

築城主

郡山衆(雁陣之城)、筒井順慶(郡山城)

築城年

応保2年[雁陣之城]、天正8年(1580)[郡山城]

主な改修者

筒井順慶、豊臣秀長、増田長盛

主な城主

筒井氏、豊臣氏、水野氏、柳沢氏

廃城年

明治6年(1873)

遺構

曲輪、石垣、横堀(水堀)

指定文化財

県史跡(郡山城跡)

再建造物

大手向櫓、東櫓、大手門

周辺の城

大和田城(奈良県奈良市)[1.9km]
稗田環濠(奈良県大和郡山市)[2.1km]
若槻環濠(奈良県大和郡山市)[2.7km]
辰市城(奈良県奈良市)[3.0km]
筒井城(奈良県大和郡山市)[3.4km]

大和郡山城の解説文

郡山城(こおりやまじょう)は、奈良県大和郡山市にあった日本の城。豊臣政権の中初期には秀吉の実弟羽柴秀長の居城となり、その領国であった大和・紀伊・和泉100万石の中心であった。江戸時代には郡山藩の藩庁が置かれた。

概要
10世紀後半、郡山衆が雁陣の城を築いたという記録が郡山城の初見とされる。奈良時代には薬園が営まれていた。郡山城は、秋篠川と富雄川の中間に突き出た西京丘陵南端上に位置する。平山城または平城として明智光秀や藤堂高虎らが普請に携わり、筒井順慶や羽柴秀長らの主導によって改修された。奈良は良質な石材が乏しかったため、奈良一帯の各戸に五郎太石20荷の提供を義務付け、寺院の石地蔵や墓石、仏塔なども徴発され石垣石として使用された。中には、平城京羅城門のものであるといわれる礎石が使われていたり、8世紀ごろの仏教遺跡である「頭塔」(奈良市)の石仏が郡山城の石垣の中から見つかっている。

17世紀初頭、増田長盛が改易された後一時廃城となるが、水野勝成入封時に徳川幕府よって改修を受けた。その後は譜代大名が歴代城主を務め、柳沢吉里が入封後は柳沢氏が明治維新まで居城とした。

桜の名所として、日本さくら名所100選に選定されている。2017年(平成29年)4月6日、続日本100名城(165番)に選定された。

沿革
雁陣之城
この城の築城時期は、1162年(応保2年)の『東南院文章』に、
郡山者件狼唳之輩張雁陣之城— 東南院文章
とある。「狼唳之輩」とは郡山衆を指しており、雁陣の城を築いていると記載している。この当時の城は盛り土と柵をめぐらした環濠集落のようなものであった。また1300年(正安2年)には「郡山庄」が独立しており、この時から「郡山」という名が現れた最初となる。

郡山城の最初の攻城戦は、永正3年(1506年)の夏で、赤沢朝経が大和国に侵攻し、各諸城を攻め落とした。同年8月24日、赤沢朝経は郡山城を数千の兵力で取り囲んだ。この時、宝来衆、西京衆、生馬衆、郡山衆らが西脇衆と称して、郡山城に立て篭もったが、圧倒的兵力を前に、多くの武将が討ち死にした。その中には宝来九郎なども含まれていた。『多聞院日記』に、
郡山城没落— 多聞院日記 永正三年八月二十三日条
と記載されている。

その後郡山衆は、筒井城を本拠に地に持つ筒井氏に与したり、越智氏に属したり離合集散を繰り返してきたが、1559年(永禄2年)松永久秀が大和国に侵入してくると、当時郡山城の城主であった郡山辰巳は松永久秀軍に属して筒井氏から離反していく。
...

大和郡山城の口コミ情報

織田大宰大弐晃司様[2017年08月08日]
運がよければ追手門前の無料駐車スペース(7台くらい)に停められます。

水堀越しの追手向櫓と追手門を撮影
法印郭から水堀越しに天守台と天守郭(本丸)の石垣を撮影。

天守台の整備工事が終わり、天守台及びさかさ地蔵が見ることができます。
ただ天守台の周りは舗装されてました。
公園としては歩きやすいけど、史跡としてはいかがなものかと…

大和郡山市は金魚の町。金魚すくいの大会も行われています。

課長勘解由長官様[2017年05月16日]
2013年より行われていた天守台整備事業は今年3月完了し一般開放されています。

以前は樹木に遮られていた天守台周囲ですが綺麗に舗装され、天守台上には展望デッキと発掘された天守礎石の一部が見学できる箇所が設けられていました。(公開時間は4〜9月が7:00〜19:00、10〜3月が7:00〜17:00)
また説明板の類いも新調され、逆さ地蔵も見易くなっていました。

天守台や石段の手すりや舗装に
(´・_・`)と思わなくもないですが全体的に明るく見易くなったのは良いと思います。

余談ですが今後隣にある郡山高校城内学舎が二ノ丸にある冠山学舎に統合され敷地が公園化されるらしいのでどう整備されるのか今から楽しみです☆

ドラガン尾張守店長様[2016年08月04日]
JR郡山駅から外堀公園と大和郡山市役所を経て、徒歩20分程度。
追手門から入り、内堀の向こうに天守台があるも、平成29年3月まで工事中。
城の遺構は巨大かつ優美で、往事の秀長公の権勢の大きさが窺われる。
柳沢文庫や柳沢神社など、甲府へ移る前の柳沢吉保公の史跡を訪ねる。
また城の南西、少し離れた所に秀長公の墓所「大納言塚」がある。
学問を司り、砂を奉り、秀長公を偲ぶ。

若狭守次郎吉1022可児様[2016年04月30日]
この時期躑躅が咲いていてきれいですが、蜂も結構います。城郭散策の際には十分に気を付けてください。
大和郡山城はなんといっても 水堀と石垣 の組合せが綺麗です。これに躑躅も加わると尚更綺麗です!

梨畑安房守四十郎様[2016年03月19日]
やまと郡山城ホールは駐車場2時間以内は無料です。
天守台周辺は平成29年3月末頃まで工事中で入れず逆さ地蔵は見られませんでしたが周りから天守台の石垣がよく見えたので満足です。

シバヤン大和守22日可児入様[2016年03月07日]
先程辛口になりましたが、線路沿いに北に続く遊歩道は感じよくあり水を利用した街づくりでいい感じです。
城下に国道があり交通量の多いことを鑑みれば城内の車の出入り、駐車も仕方なしかなと。
豊臣秀長がに今の郡山城の原型を作ったと思いたいですね~。
秀長さんの質素な中に真面目な性格が表れているようです。櫓、天守台が何故か計ったように東西南北に合わせて建てられています。
五層の天守閣があったと謂われてますが、天守の土台はそれに耐えれない弱いと見て感じました。本当小さな3層ぐらいの天守だったと思います。
彼が家康みたいに長生きしてたらと想像してみたいと思うほど彼の早死にを惜しいと思いました。秀吉の死後も豊臣政権は盤石だったとしたら•••妄想は尽きませんね(^_^;)
帰りはJRの郡山駅からにしました。東に歩いて行くと途中に外掘公園があります。
この場所こそが郡山城の外堀だと思います。時間があればこの場所も散策して見て下さいませ( ^o^)ノ
では水と緑の郡山城を楽しんで下さい(^.^)

シバヤン大和守22日可児入様[2016年03月06日]
最初にお断りしておきます。只今天守閣跡周辺部は発掘調査中なので天守閣跡には平成29年3月まで入れません、ご注意下さい(^_^;
柳沢文庫で発売中の郡山城パンフレット購入(350円)。郡山高校から南に周り込み追手門へ到着です。石垣の景観、高低差が少ないので堀の水もすぐ足元に見えます。
大変美しいです、来て良かったと追手門までは思いました•••。しかし追手門を何台も車の出入りを見るにつれて気分が落ちこみました( -_-)。砂埃をかきあげてる姿は正直ガッカリです。この日は梅林展でしたが見る気分になれずにパス。この城の規模美しい石垣、堀、豊富な水と緑があるのに百名城の選考に外されたのはこのあたりに原因があるのでは? 周辺にきちんと駐車場を作って下さい。
しかし来年の天守台の発掘調査の発表に期待して帰路につきます(´-`).。oO

Ninja河内守青影様[2015年12月04日]
最近、九州各地の城を攻めて分かったこと。我が故郷の郡山城は巨城とまではいかないが、かなりの規模を誇る城である。なぜ100名城に含まれないのか不思議なくらい。

まるき〜淡路守高田純次様[2015年11月09日]

2015年11月11日(水)8時〜14時頃まで
追手門付近でテレビ東京系の新春時代劇の撮影が行われます。

11月14日、15日は石垣修復作業見学会、小雨決行、10時〜15時まで駐車場はありません。

ひろり様[2015年07月16日]
【↓補足、と云うか感想?】

現在、柳沢文庫で流されているのは『天守台展望施設整備プロジェクト 第二回 発掘調査』です(約40分)。
天守台の調査を密着取材されたもので、どんな風に調査が行われているのかがわかります。
調査に関わる人びとのコメントや、音楽のチョイス(クラシック)も楽しいです。ほかの石垣に混じる転用石についてもお話されていて、出るわ出るわ(笑)。
大和郡山市製作で、YouTubeにもアップされているそうです。
ご自宅やスマホでも視聴できますが、ぜひ柳沢文庫の展自室で畳に座ってのんびり楽しんでみて下さい。

石畳治部少輔三成様[2015年07月16日]
柳澤文庫で、郡山城天守台の発掘調査結果のDVD(40分)が上映されてます。DVDプレイヤーのリモコンが置かれているので、最初から見れます。天守があったのは確実なようで、最大五層くらいの天守だったようです。

参議一之介様[2014年05月05日]
26年9月21日まで、城内の柳沢文庫で「郡山城・郡山藩の歴史」展が開催されています。
ただし、祝日と月曜日は見られませんので、ご注意ください。

http://www.mahoroba.ne.jp/~yngbunko/event.html

きよまさ様[2013年06月08日]
私の地元の大和郡山城へ登城いただきありがとうございます。

邦順大和守大八郎宗久様[2013年02月26日]
概要は解説や他の皆様に任せて…

盆梅展が開催中(平成25年は2月2日~3月10日)。入場料が必要ですが、追手門・多聞櫓・追手向櫓の中で梅の花が楽しめます。
また入場者は柳沢文庫入館料が割引されます。こちらでは柳沢氏の歴史に触れられる他、郡山城再現CGを放映していましたので、時間があれば足を運んでみては如何?

根室守大ちゃん様[2012年10月10日]
平城京羅城門礎石は天守台石垣のさかさ地蔵より左側の角にある白っぽい石3つです。
案内板などがないので見落とす人は多いと思います
知ってる人のみが楽しめるレアな遺構ですね。

権中納言M三郎様[2011年08月23日]
大和郡山城は、豊臣秀吉の弟、大納言秀長の居城として改修された城です。所領100万石にふさわしい広大な城域を持つ城であり、丘陵地の南端部に城の北から西側を二重に掘り切る形で設けられています。このため、本丸は、西側外郭との高低差が小さく、とても深い堀で防御されているのが特徴です。主郭から東側には石垣が築かれ、東ほど新しい時代のもののようです。現在、梅林門や周辺の櫓、城壁が復元されていますが、その長押形を出し下見板張で仕上げられた外観は、古風で高い格調を感じます。水と緑豊かな落ち着いた城です

大和郡山城の周辺観光情報

春岳院

郡山城主柳澤家の菩提寺で、柳澤吉里が甲府から国替えの際、当地に移築したもので、山門は旧郡山城城門を移築したもの。

郡山金魚資料館

ガラス水槽に日本に実在する金魚を収集し、泳ぐ図鑑のように展示しています。金魚に関する古書や錦絵などが展示されています。

情報提供:大和郡山市役所地域振興課

詳細はこちら

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore