超昇寺城(ちょうしょうじじょう)

超昇寺城の基本情報

通称・別名

所在地

奈良県奈良市佐紀町字古所

旧国名

大和国

分類・構造

平城

天守構造

築城主

超昇寺氏

築城年

室町時代

主な改修者

筒井氏

主な城主

超昇寺氏、筒井氏

廃城年

天正8年(1580)

遺構

曲輪、土塁、横堀(空堀)

指定文化財

再建造物

周辺の城

多聞山城(奈良県奈良市)[3.8km]
鬼薗山城(奈良県奈良市)[4.4km]
西方院山城(奈良県奈良市)[4.6km]
辰市城(奈良県奈良市)[4.8km]
大和郡山城(奈良県大和郡山市)[5.1km]

超昇寺城の口コミ情報

邦順大和守大八郎宗久様[2017年04月03日]
平城京から北西に延びる丘にある城跡です。

竹林に覆われ、看板等の進入禁止の措置は見かけませんが、踏査OKか不安があります。城郭大系では南北に郭があり北側は地図で示された場所、南側は南の神社との間(竹林)です。

進入するなら神社傍の竹林か、北側の郭の空堀か、その付近の休耕中の田畑(昔は溜池)から進入し藪と切岸の緩い所を選ぶ、ですね。

私は北側から少しだけ進入し、空堀の他、郭と土塁の存在を確認しました。城の東西から注視すると南北間の空堀も何となく見えます。

北側がより高いので主郭でしょう。大系ではそこから西も城郭と考察していたと思いますが、同程度の標高の土地があり、北西に境内の広めな八幡神社(廃城前には存在していた)があるので屋敷や郭はあったと思われます。あと北側の溜池堤防に窪みがあり、もしかしたら堤防からの進軍に対する往時の防備の名残かも。

往時は東は超昇寺や佐紀神社(出城?)と溜池、南側は崖と神社(江戸期の分祀)にある空堀と郭か土塁らしき地形、西は村落と少し離れて秋篠川、北は御陵と防備の良い城。城跡以外は踏査に支障がないので、散歩がてら如何で?

北畠あきちか様[2011年03月05日]
 城の南東側に広い池があります。池の南東端すぐ傍、佐紀幼稚園の門前にある小さな森(神社境内)は佐紀城です。

位置登録しても取れる城ではありませんが、小規模ながら幅5〜8m、深さ5mもある立派な薬研堀(やげんぼり)があり、見応えあります。超昇寺城から徒歩5分程度ですので是非とも両方見て下さい。

北畠あきちか様[2011年03月05日]
 神社北側の藪内に曲輪の土塁が見えますが、立ち入りには注意してください。

土地の所有者が周囲を立入禁止にしていて、立ち入れば通報するという主旨の立て札があります・・・・。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore