辰市城(たついちじょう)

辰市城の基本情報

通称・別名

所在地

奈良県奈良市東九条町

旧国名

大和国

分類・構造

平城

天守構造

築城主

井戸良弘

築城年

元亀2年(1571)

主な改修者

不明

主な城主

井戸氏(筒井氏家臣)

廃城年

不明

遺構

消滅

指定文化財

再建造物

周辺の城

稗田環濠(奈良県大和郡山市)[2.4km]
若槻環濠(奈良県大和郡山市)[2.7km]
古市城(奈良県奈良市)[2.8km]
窪之庄城(奈良県奈良市)[3.0km]
大和郡山城(奈良県大和郡山市)[3.0km]

辰市城の解説文

辰市城(たついちじょう)は、奈良県奈良市東九条町に存在していた平城で短期間で築城した。また、大和最大の合戦である辰市城の合戦の舞台となった城である。

概要

辰市城は奈良線より南西の2.6kmの旧辰市小学校、現在の辰市幼稚園周辺にあった平城で、城郭についてはほとんど不明である。『多聞院日記』や『筒井家記』より、短期間で堀と塀が築かれたと思われている。現在辰市幼稚園の周辺は宅地化、耕作地となっており石碑もなく、城跡をうかがい知れるものはほとんど無い。

辰市城の合戦
辰市城の沿革もこの辰市城の合戦のみで、いつ頃廃城になったか、辰市城の合戦のみ存在していたのか、詳しい事は解っていない。

開戦までの経緯

筒井順慶は筒井城の戦いで居城を奪われ福住中定城に落ち延びていたが、ゲリラ戦を展開し挽回を目指していた。そんな中松永久秀軍に属していた十市遠勝が病死すると、十市城では内訌が生じ松永派と筒井派に城内が分裂した。その分裂を利用し『多聞院日記』によると筒井軍と興福寺軍500兵が連合軍となって永禄13年(1570年)7月27日夜半より攻撃を開始し、城内にいる筒井派の手引も手伝って、あっけなく十市城は順慶の手に落ちた。勢いに乗った筒井軍は郡山城を攻城させようと迫っていた松永久秀軍を破ったほか、窪之庄城を奪回し、椿尾上城を築城した。

この時期、久秀は大規模な反撃部隊を派兵していない。これは織田信長に反抗した北近江の浅井長政の討伐軍に大半を投入していたと思われている。黒部亨の『松永弾正久秀』によると「軍勢を遠隔地に派兵すれば、たちまち大和各地に反松永の動きが表面化する。久秀にとってせいぜい京都周辺か、大坂の石山本願寺の軍を差し出すのが関の山であったと考えられる。その程度の範囲であれば、大和に大きな動きがあっても、なんとか軍勢の一部を回すことができる。しかし信長の注文はもっと遠隔地への、まとまった軍勢の派遣であったのではないか。松永久秀は、そんな信長についていけない」と解説している。

甲斐の武田信玄が元亀2年(1571年)3月に信長の同盟者徳川家康の領国三河に侵攻、同年4月には足助城野田城を落城させた。信長の要請に応じて柔軟に兵力を出すことに不満をもっていた久秀は、前年の元亀元年(1570年)5月、武田信玄と本願寺法主顕如が同盟を結ぶと、自らも信玄と同盟を結び信長に謀反をおこす。反信長であり東大寺大仏殿の戦い等で戦った三好三人衆とも信玄の仲介で和睦する。

順慶が久秀の居城多聞山城を本格的に攻城しようと、強力な拠点となるべく着目したのは辰市村で、現在の奈良市東九条町に位置している。筒井城から東北に6kmの距離になる。ここに順慶の命をうけた井戸良弘が向城を築いた。『筒井家記』によると同年7月3日に築いたとされている。また『多聞院日記』によると同年8月2日に

辰市二筒ヨリ用害沙汰之
...

辰市城の口コミ情報

治部少輔蓋と城様[2010年07月21日]
松永弾正と筒井順慶が決戦した歴史的な城ですが、現在は幼稚園なので、写真撮影にはご注意

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore