信貴山城(しぎさんじょう)

信貴山城の基本情報

通称・別名

信貴城、磯城

所在地

奈良県生駒郡平群町信貴山2280-1

旧国名

大和国

分類・構造

山城

天守構造

天守櫓[4重/1559年頃築/焼失(落城)]

築城主

木沢長政

築城年

天文5年(1536)

主な改修者

松永久秀

主な城主

木沢氏、松永氏

廃城年

天正5年(1577)

遺構

曲輪、横堀(空堀)、土塁、門跡

指定文化財

町史跡(信貴山城跡)

再建造物

石碑

周辺の城

高安城(奈良県生駒郡)[1.1km]
立野城(奈良県生駒郡)[2.2km]
恩智城(大阪府八尾市)[3.2km]
下垣内城(奈良県生駒郡)[3.4km]
椿井城(奈良県生駒郡)[4.5km]

信貴山城の解説文

信貴山城(しぎさんじょう)は、奈良県生駒郡平群町にあった城である。木沢長政・松永久秀の居城となった。

概要
信貴山城は大和と河内の国境にある生駒山系に属する信貴山(標高433m)山上に築かれた山城である。信貴山は大和と河内を結ぶ要衝の地で、松永久秀は山上に南北700m、東西550mに及ぶ城郭を築いて、大和経略の拠点とした。

信貴山中腹には、毘沙門天を本尊とする信貴山真言宗の本山である朝護孫子寺がある。この寺は聖徳太子が物部守屋討伐の戦勝祈願をしたことに由来する。

沿革
長禄4年(1460年)12月、応仁の乱で畠山義就軍が龍田城を攻めて筒井順永の後詰軍に敗れ、信貴山に陣を退いたというのがこの城の文献上の初見と思われている。しかし当時は城と呼べるようなものではなく、陣所として利用されていたと考えられている。その後本格的な城郭を築いたのが木沢長政で、『証如上人日記』の天文5年(1536年)6月26日によると、

木沢方へ、今度信貴山之上二城をこしらへ候て、はや移候間、従所々樽共行候条、遣候可然よし

という記載が見受けられる。信貴山城の完成を祝して本願寺より酒を贈ったと思われる。しかし、長政が天文11年(1542年)3月太平寺の戦いで敗死すると信貴山城は二上山城と共に落城してしまう。

その後17年間空白があったと思われており、永禄2年(1559年)8月に松永久秀が信貴山城を改修し、今日にみられるような規模の城郭を築いた。その後、大和を一挙に制圧した久秀は多聞山城も築城し、大和南部の抑えを多聞山城、河内の抑えを信貴山城とし、両城を頻繁に行き来した。多聞山城の間は直接距離にして20kmあり、その間に支城を築き、連絡路を確保していたのではないかと思われている。

-信貴山城の戦い-

破竹の勢いで大和を治めていた松永久秀に対して、永禄11年(1568年)6月、筒井順慶、三好三人衆連合軍が突然攻撃を仕掛けてきた。そして29日に筒井・三人衆連合軍が雨の降る中信貴山城を攻城、攻め落とした。

久秀は前年に東大寺大仏殿の戦いで一旦勝利したが、9月3日に三好政康及び順慶に多聞山城を攻城され再び窮地に立たされていたが、観音寺城の戦いで勝利し京に上洛していた織田信長によって助けられることになる。久秀は芥川山城で信長に臣従することができ、織田軍の精鋭2万兵の援軍を引き連れ、信貴山城を逆に攻城、落城から4ヵ月で再奪取に成功する。...

信貴山城の口コミ情報

まるき〜淡路守様[2016年04月11日]
口コミ追記。

信貴山の麓、JR新王子駅から南に数キロの所にある達磨寺に信貴山城で爆死したとされる松永弾正久秀の墓があります。

その他、
聖徳太子の連れていた犬、雪丸の墓や古墳も寺の境内にあり…
拝観無料、駐車場あり

25号線を北に向かえば法隆寺も近いですよ。

まるき〜淡路守様[2016年04月11日]
最近になって完成した大門ダム近くの朝護孫子寺へ行く開運橋を渡り信貴山観光iセンターの案内コーナーに「城に行きたい」と声を掛けると無料パンフの所には無い信貴山城×椿井城のパンフを出してもらえます。(無料)
センター内に信貴山城の想像絵図も掲示されています。(トイレ入り口付近)
同センター内の売店レジにて大門ダムのダムカードもGETでき、二度おいしい…。(=゚ω゚)ノ

観光iセンターから朝護孫子寺内(少し複雑ですがiセンターに地図あり)を抜けて軽い山登り、約30分程で信貴山城天守跡
大阪平野が一望できます。
空鉢護法堂と言う白へびさんを祀る社があり運が良ければ生きた白へびさんを拝めるかも…です。

アクセス
奈良側より
国道25号線、三室交差点から県道236号を(山側)信貴生駒スカイライン方面へ

駐車場は一般利用 1日500円の所があり。

大阪側からは車でのアクセス不可、
駐車場がありません。
近鉄信貴山口よりケーブルで高安山から歩く事になります。

シバヤン大和守22日可児入様[2016年01月19日]
まずこの城は信貴山門のバス停まで近づかないと攻略不可能です。近鉄信貴山口駅からケーブルカーに乗り山上の近鉄信貴山門行きのバスに乗って終点まで行って下さい。ケーブルカー550円、山上のバス代250円の計800円です。登城攻略の方はバス停から赤く塗られた道路をたどり開運橋を渡り観光センターでマップを見ながら行けば迷うことはないと思います
。信貴山城祉まで登りに40分、下りに30分の時間をみといて下さい。
山頂に自販機等はないので下で用意して下さい。トイレは簡易たですがあります。さてこの城は要害ではありますが守るほうもしんどい城のように感じます。郭が山頂の本丸から放射状に構築されてるのですべての命令伝達、補給も含めて本丸から下の前線へ登り下りしないといけないので兵士の疲労度はハンパでないと思います。この城は信長さんに50日の籠城の末、落城になったそうです。皆さんご存知の平蜘蛛の茶釜と共に松永久秀さんは爆死されました。この城の山上からの景観は良かったです。遠くに二上山を見、反対には八尾の街中が見れます。今回は荒天で雪に見まわれましたがまた寄りたいですね。

カーネル様[2015年11月11日]
ケーブルカーの高安山駅から高安城・倉庫跡を経由して信貴山へ向かいました

高安城から信貴山へはハイキングコースになっていて、快適に歩けます

信貴山はお城だけでなく、観光もできるのがいいですね
高安山駅には戻らず、信貴山門バス停からバスで信貴山口駅に戻るつもりが、バスが出たばっかりだったので、近鉄の信貴山下駅まで歩きました

アプリの城の説明文には、高安山駅から信貴山山頂まで2時間とあるんですけど、高安駅をでてから高安城・信貴山城・朝護孫子寺を満喫して2時間半で信貴山口駅まで歩けました
ただし朝護孫子寺は2回目だったので、さらっと見学です。じっくり観光すると、ここだけでも2時間くらいかかるのでは?

歩き計画している方の時間目安になれば幸いです

あきと様[2015年05月31日]
城域が広く、山歩きするだけでも楽しめました。かなり体力使うので注意でしょうか。

ステイゴールド弾正少弼久秀様[2011年12月30日]
大和三大山城の一つ。遺跡は良く残っています。遺跡は広くて、見ごたえがたっぷりです。城跡域はほとんどが植林化されていて、ばっちり確認できます。駐車場は信貴山寺前に有料であります。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore