下垣内城(しもがいとじょう)

下垣内城の基本情報

通称・別名

所在地

奈良県生駒郡平群町下垣内字古城

旧国名

大和国

分類・構造

丘城

天守構造

築城主

嶋氏?

築城年

不明

主な改修者

主な城主

嶋氏?

廃城年

天正8年(1580)

遺構

地中埋没

指定文化財

再建造物

説明板

周辺の城

椿井城(奈良県生駒郡)[1.1km]
立野城(奈良県生駒郡)[2.9km]
信貴山城(奈良県生駒郡)[3.4km]
高安城(奈良県生駒郡)[4.2km]
小泉城(奈良県大和郡山市)[5.0km]

下垣内城の口コミ情報

OROKA遠江守様[2017年03月20日]
平群中央公園に、下垣内城と西宮城が一緒に存在します。滑り台がある丘が西宮城で、谷(底は池になってる)を挟んだ丘のあたりが下垣内城です。

西宮城は堀や土橋があったようですが、埋められ花壇や時計台、遊具が設置されています…劇的すぎるビフォア&アフターで縄張り図見て現状との差に愕然f(^_^;
…が、しかし奥の林の中を覗くと、かなり深い空堀が公園郭をぐるりと囲むように残っています!これは一見の価値ありです!( ´∀`)
上段の滑り台で遊ぶ親子の声も相まって、ギャップ自分的No.1の城です!何なら親子連れでも楽しめます(笑)

邦順大和守大八郎宗久様[2016年05月27日]
書籍で遺構の一部……北側の堀、南北に走る堀の北端部、楼台跡等が残っている事を知り、軽く散策。

東屋の北側は木々が繁るのですが、そこに楼台跡と思わしき地形、ならびに北側の東西に延びる堀とも谷ともつかない地に向かって降る堀跡が残っていました。

落ち葉が大して分解されておらず滑りやすい地面(実際、こけました……)、蜘蛛や羽虫が待ち構え、藪生い茂るので秋までは散策には向かないです。

まるき〜淡路守様[2015年10月13日]
下垣内城口コミ

現在の平群中央公園内
遺構等はほぼわかりませんでした…
小高い丘の上に案内の碑があるのみで、この城を感じるのには想像力が必要かもです。
公園駐車場前に城めぐでは収録されていない城、嶋氏の後に松永久秀が乱入したのち改修した可能性がある西宮城も隣接していて小さな文字での案内が書かれていました。そして、城よりも同公園内にある西宮古墳が凄いです。
石舞台とまではいかないが一枚岩で組み立てられた古墳石室内に石棺がそのまんま置かれていて出入り自由…何処のどなたを葬っていたのか詳しい事は書かれていませんでしたがこの様な立派な古墳、さぞ高貴な方の物かと…(;^_^A

とにかく、今は人々の憩いの場となっています、テニスコート、ゲートボール場、子供用遊具、トイレ、自販機有り、お弁当片手に是非!

なつりん河内守様[2014年04月19日]
4月29日にはへぐり時代祭が開催。武者行列などがあるようです。国道沿いにはのぼりが沢山ありました!

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore