槇島城(まきしまじょう)

槇島城の基本情報

通称・別名

槙島城、填島城、真木嶋城、薗場城

所在地

京都府宇治市槇島町大幡

旧国名

山城国

分類・構造

平城

天守構造

築城主

長瀬左衛門

築城年

承久3年(1221)

主な改修者

主な城主

長瀬左衛門、赤沢宗益、真木島氏、塙氏、井戸氏

廃城年

文禄3年(1594)

遺構

消滅

指定文化財

再建造物

石碑、説明板

周辺の城

向島城(京都府京都市)[3.8km]
伏見城(京都府京都市)[4.7km]
水主城(京都府城陽市)[7.1km]
淀城(京都府京都市)[7.3km]
淀古城(京都府京都市)[7.3km]
禅定寺城(京都府綴喜郡)[8.3km]
勝龍寺城(京都府長岡京市)[9.1km]
草路城(京都府京田辺市)[9.7km]
山科本願寺(京都府京都市)[9.7km]
寺戸城(京都府向日市)[10.8km]

槇島城の解説文



槇島城(まきしまじょう)は、京都府宇治市槇島町にかつて存在した日本の城。「槙島城」とも表記される。

概要 

かつて南山城宇治近縁には巨椋池という巨大な池沼が存在し、槇島はそこに浮かぶ島であった。この地には真木島氏(槇島氏、槇嶋氏、真木嶋氏、牧島氏など様々な表記あり)という豪族が根を張り、城郭を築いていた。それが槇島城である。

元亀4年(1573年)7月3日、時の公方・足利義昭は織田信長に対して兵を挙げ、幕府奉公衆であった真木島昭光を頼り、槇島城へ籠城した。信長は即座に入洛、城を包囲して義昭を屈服させた(槇島城の戦い)。

その後、義昭は河内若江城へ退去させられ、足利幕府は事実上滅んだ。義昭退去後、細川昭元、塙直政、井戸良弘らが城将となったが、伏見城築城後はその戦略的価値を低下させ廃城となった。

遺構 

現在は完全に失われており、石碑を残すのみである。

所在 

  • 京都府宇治市槇島町大幡(おおはた)

アクセス 

  • 最寄り駅 - 宇治駅(JR西日本)

槇島城の口コミ情報

2022年05月08日 刑部大輔ヒロロ
槇島城

住宅街の小さな児童公園に石碑がありました

2022年02月07日 ぶぶのすけ和泉守
槇島城

小さな公園に石碑があります。それ以外の遺構は見つけられませんでした。

2021年09月20日 藤岡木工助但馬
槇島城



住宅街の中、遺構はなく公園に説明板と石碑がポツンとあるだけです。実際にはその公園からもう少し南に本丸があったそうです。

2012年05月06日 A&M
槇島城

公園の中に石碑があります。駐車場はありませんが、一時的に止めるスペースはありました。

槇島城の周辺スポット情報

 平等院鳳凰堂(寺社・史跡)

「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「ニッポン城めぐり」 ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore