勝竜寺城(しょうりゅうじじょう)

勝竜寺城の基本情報

通称・別名

勝龍寺城、小竜寺城

所在地

京都府長岡京市勝竜寺13-1

旧国名

山城国

分類・構造

梯郭式平城

天守構造

御主(天守相当の櫓)[階層不明/1571年頃築/破却]

築城主

細川頼春

築城年

暦応2年〔北朝〕/延元4年〔南朝〕(1339)

主な改修者

細川藤孝

主な城主

細川氏、永井氏

廃城年

慶安2年(1649)

遺構

曲輪、土塁、横堀(空堀)、井戸

指定文化財

再建造物

模擬石垣、櫓、石碑、説明板

周辺の城

淀古城(京都府京都市)[1.9km]
淀城(京都府京都市)[2.2km]
山崎城(京都府乙訓郡)[2.9km]
寺戸城(京都府向日市)[3.7km]
楠葉台場(大阪府枚方市)[5.0km]

勝竜寺城の解説文

勝竜寺城(しょうりゅうじじょう)は、現在の京都府長岡京市勝竜寺に所在した、南北朝時代から江戸時代初期に存在していた城である。城名は付近の同名古刹(勝竜寺)に由来する。

概要
勝竜寺城は京都盆地の西南部、小畑川と犬川の合流地点に位置し、西国街道と久我畷が交差する交通上の要衝で、京都では山崎城につぐ防衛拠点であった。また勝竜寺城は古墳を流用して築いたのではないかと言われているが、『図説中世城郭事典』によると「主郭や沼田丸ではそれらしき痕跡は認められない」としている。

勝竜寺城の戦い
観音寺城の戦いで勝利した織田信長は、足利義昭を奉じて上洛する2日前の永禄11年(1568年)9月26日、柴田勝家、蜂屋頼隆、森可成、坂井政尚ら4人の家臣に先陣を命じ、桂川を渡河し三好三人衆の岩成友通が守る勝竜寺城を攻撃させた。

岩成友通は足軽衆を全面に押し立て応戦したが、織田軍は精鋭の馬廻り衆を乗り入れ戦いを有利に進めて首級を50余りあげ、上洛を果たしていた信長の陣所である東福寺へ届けたとされる。

自ら首改めを済ませた信長は、上洛を果たした翌9月29日に全軍に出陣を命じ、信長自身が5万兵を率いて勝竜寺城の攻略に向かった。畿内の広範囲を勢力下に置いていた三好三人衆であったが、織田方の大軍を前に降伏・開城する。これは観音寺城の戦いで近江守護であった六角義賢・義治父子が織田軍の上洛を防ぐと予想していたが、一日も経たずに観音寺城が落城したことが少なからず影響していたと考えられている。

その後信長は芥川山城越水城高屋城を攻城、降伏させていき、三人衆を阿波に追い出し畿内から掃討することになる。

元亀2年(1571年)、細川藤孝が山城西岡一帯を信長より与えられ勝竜寺城主となり、二重の堀を持つ堅固な城に改修したとされる。同年10月14日の信長より藤孝宛ての『印判状』には

勝竜寺要害の儀に付て、桂川より西の在々所々、門並に人夫参カ日の間申し付けられ、普請あるべき事簡要に候、仍って件の如し

とあり、桂川より西にある家のすべては3日間の労働に出て、城の改修作事にあたるように信長自身が命じている。この頃の勝竜寺城は槇島城と共に信長の山城の二大前線拠点としての役割を担っていたと思われる。

また勝竜寺城は細川忠興・ガラシャ夫妻ゆかりの城としても有名である。天正6年(1578年)8月、藤孝の嫡男忠興と明智光秀の娘お玉(細川ガラシャ)が勝竜寺城で盛大な結婚式を挙げ、新婚時代を過ごしたとされている。...

勝竜寺城の口コミ情報

若狭守次郎吉様[2017年02月19日]
勝竜寺城の本丸跡と沼田丸跡は現在「勝竜寺城公園」となっている。公園には模擬櫓や模擬門、水堀、土塁等がある。模擬多聞櫓には石落まであってテンションアップ!公園管理棟では勝竜寺城についての展示室や復元模型、パンフレットがある。

一方で「勝竜寺城公園」付近にある神足神社には土塁や空堀・土橋が整備されて残っている。ここには元々、神足氏の居館・神足城があったが、戦国時代に勝竜寺城の一部になったようだ。上で述べた土塁や空堀・土橋は勝竜寺城の遺構である。ちなみに、神足神社には現在も神足氏の末裔の方が住んでおられる。

勝竜寺城跡には遺構の説明板が多くて分かりやすい。非常にオススメな城跡である。お近くを通られた際には是非1度!

城跡へのアクセスはJR京都線「長岡京」駅より徒歩10分ほどである。

刑部守数俊之介様[2014年03月10日]
住宅街の中にあります。
駐車場のそばに湧き水があり、近所の人が水汲みに来ていました。
行かれる方は、ペットボトル等を持って行かれるといいです。
ガリャシャの水だそうです。

徳川内大臣源朝臣康武様[2010年07月25日]
[武将像]細川忠興・玉(ガラシャ)像
本丸跡内に鎮座。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore