若槻環濠(わかつきかんごう)

若槻環濠の基本情報

通称・別名

若槻平城、若槻塁

所在地

奈良県大和郡山市若槻町

旧国名

大和国

分類・構造

環濠集落

天守構造

なし

築城主

若槻氏、吉岡氏、番条氏

築城年

鎌倉時代

主な改修者

主な城主

若槻氏、吉岡氏、番条氏

廃城年

遺構

横堀(水堀)

指定文化財

市史跡(若槻環濠及び集落)

再建造物

周辺の城

稗田環濠(奈良県大和郡山市)[0.7km]
筒井城(奈良県大和郡山市)[2.0km]
大和郡山城(奈良県大和郡山市)[2.7km]
辰市城(奈良県奈良市)[2.7km]
窪之庄城(奈良県奈良市)[3.3km]
小泉城(奈良県大和郡山市)[4.0km]
古市城(奈良県奈良市)[4.5km]
大和田城(奈良県奈良市)[4.6km]
豊田城(奈良県天理市)[5.8km]
鬼薗山城(奈良県奈良市)[5.9km]

若槻環濠の解説文

若槻環濠(わかつきかんごう)は、奈良県大和郡山市若槻町にある環濠集落。

歴史
文正元年(1466)の『若槻荘土帳』に堀や屋敷の記載がある。これ以降、若槻集落が集村化して環濠を備えたとみられ、応仁・文明などの戦乱を機に軍事力の向上を目的に環濠が整備されたと推定される。文禄4年(1595)の検地帳では、2つの堀をつないで東西に細長い環濠が形成されている。

遺構
若槻環濠は若槻荘園域内にあり、東西200m×南北70mの東西に長い形態だ。環濠はほとんどが細長い水路となってしまっているが、集落の西端部分は比較的よく残り、幅約3mほどが現存している。

交通
西日本旅客鉄道関西本線・郡山駅から車で約6分

参考文献
『若槻環濠発掘調査報告書第1次』大和郡山市教育委員会、2000年。
『図解 近畿の城Ⅰ』戎光祥出版、2014年。

文:萩原さちこ

若槻環濠の口コミ情報

2012年03月01日 June02
若槻環濠

環壕及び環濠集落は、知ってはいましたが、訪れたのは初めてでした。
食わず嫌いで、お恥ずかしい…。
集落入口には標柱があり、集落内は狭い道、鉤型?と想わせる道、そして板塀や土蔵のある家、雰囲気のある風情にちょっとnostalgiaな気分をあじわいました。
写真は集落の北側西入口風景をアップします。
また、天満宮には濠と土居が残ってはいますが、周囲の濠はコンクリート化されてはいるものの、集落の自治と独立性を感じました。
尚、北側中央入口に説明板があります。
(ファミマ?5分?)

「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「ニッポン城めぐり」 ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore