江馬氏城館(えましじょうかん)

江馬氏城館の基本情報

通称・別名

江馬氏城館[下館・高原諏訪城・土城・寺林城・政元城・洞城・石神城]

所在地

岐阜県飛騨市神岡町殿他(地図は下館を示す)

旧国名

飛騨国

分類・構造

城館遺跡群

天守構造

築城主

江馬氏[下館・高原諏訪城・石神城]、不明[土城・寺林城・政元城]、麻生野直盛[洞城]

築城年

不明[下館・土城・寺林城・政元城・石神城]、永禄7年(1564)[高原諏訪城]、大永年間(1521〜1528)[洞城]

主な改修者

主な城主

江馬氏[下館・高原諏訪城・石神城]、一の瀬氏[土城]、久米氏[寺林城]、吉村政元[政元城]、麻生野氏[洞城]

廃城年

遺構

曲輪[すべて]、土塁、横堀(空堀)[土城・政元城]、堀切[高原諏訪城・洞城・石神城]、竪堀[高原諏訪城・洞城]

指定文化財

国史跡(江馬氏城館)

再建造物

庭園、会所、主門、土塀、空堀[下館]、碑[すべて]、説明板[すべて]

周辺の城

神岡城(岐阜県飛騨市)[0.7km]
金森宗貞邸(岐阜県飛騨市)[12.4km]
増島城(岐阜県飛騨市)[14.7km]
姉小路氏城館(岐阜県飛騨市)[18.0km]
高山城(岐阜県高山市)[21.4km]

江馬氏城館の解説文

江馬氏城館は、高原郷の領主であった江馬氏が高原川の河岸段丘上に築いた城館群である。

この城館群は、室町時代に江馬時盛、時経らが築城したとされる高原諏訪城を本拠に、居住の館である下館、北方の土城、西方の寺林城、政元城、南方の石神城で構成され、これらは一括して国史跡に指定されている。

下館跡の発掘調査によって庭園や堀、土塁などの遺構が発見された。堀については中世最大級の薬研堀が現存している。

江馬氏城館の口コミ情報

まー宮内卿様[2015年05月01日]
駐車場は道の駅に停め徒歩5分ほどだがわざわざ200円払ってまで見る価値はなし。そばの高原諏訪城跡は路駐しましたが対面走行が、なんとか出来るところですが停めるとこは十分注意して停めると良い。

三日陸奥守落人様[2013年06月29日]
山麓の館と山上の詰の城(高原諏訪城)で構成される城館で、山麓の館部には発掘成果をもとに会所などが復元されています。
会所の背後、東南方向に見える山が高原諏訪城です。

は道の駅「宙ドーム神岡」を利用すると館まで徒歩約5分で行けます。高原諏訪城も近くまで車道はあるものの、スペースはないのでご注意を。

館部分がしっかり整備されてるためそこで見学完了してしまいそうですが、高原諏訪城にも二重堀切や片側土塁の道など、見逃すには惜しい遺構があります。
伐採もされてて、見晴らしも良かったですよ〜

三河守コーキしゃん様[2011年10月03日]
駐車スペース有りです。入場料200円で親切に館の説明をしてくれます。
高原諏訪城の縄張り図をもらえるので先に館に寄るといいと思います。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore