大道城(おおどうじょう)

大道城の基本情報

通称・別名

若狭城

所在地

富山県富山市八尾町大道字山城、山田谷

旧国名

越中国

分類・構造

山城

天守構造

築城主

寺嶋氏

築城年

天正5年(1577)

主な改修者

佐々氏?

主な城主

寺嶋牛之助、小嶋甚介

廃城年

遺構

曲輪、横堀(空堀)、土塁、櫓台、井戸

指定文化財

市史跡(大道城跡)

再建造物

説明板

周辺の城

尾畑城(富山県富山市)[4.3km]
庄城(富山県砺波市)[8.3km]
井波城(富山県南砺市)[8.7km]
城生城(富山県富山市)[10.2km]
富崎城(富山県富山市)[11.6km]

大道城の口コミ情報

近江守Silvine様[2017年07月31日]
富山県道59号を南下し、若土ダムを越えてさらに1.5kmほど行くと集落があります。その集落を左手へ上がる道があるので、曲がってさらに1.5kmほど行くと右手に説明板が出てきます。
説明板のところからは未舗装路になっており、岩や枝がかなりゴロゴロしています。車によっては未舗装路の入口に置いて歩いた方が無難かもしれません。その道を2km行くと城の入り口に看板が立っています。車を停め、切り返すくらいのスペースはあります。

入るとすぐ城域です。
かなり明確な堀切や土塁、虎口などの遺構が迎えてくれます。またかなり山奥にも関わらず、各所に説明が立っていたり、遊歩道があるなどよく整備されている事には驚きます。
そして最大の見どころは大手門と搦手門の前にある巨大な井戸です。井戸というよりは、巨大なアリ地獄状の防御機構のようにも見えます。

残存度もよく、実戦的な山城で、見応えは十二分です。あとは、道さえもう少し良ければ…。雨上がりや雪の残る春先は避けた方が無難です。
最後に、クマには十分ご注意を。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore