増山城(ますやまじょう)

増山城の基本情報

通称・別名

所在地

富山県砺波市増山字一ノ丸他

旧国名

越中国

分類・構造

山城

天守構造

築城主

不明

築城年

南北朝時代以前

主な改修者

主な城主

神保氏、上杉氏、佐々氏、前田氏

廃城年

遺構

曲輪、櫓台、土塁、虎口、堀切、竪堀、井戸 堀、水の手、畝状竪堀

指定文化財

国史跡(増山城跡)

再建造物

模擬冠木門、石碑、説明板

周辺の城

富崎城(富山県富山市)[6.9km]
日宮城(富山県射水市)[7.1km]
二塚城(富山県高岡市)[7.6km]
庄城(富山県砺波市)[8.1km]
高岡城(富山県高岡市)[11.0km]

増山城の解説文

増山城跡は、富山県西部に展開する砺波平野東縁、標高約120mの丘陵上に立地し、平野全域をほぼ眼下におさめる大規模な中世山城である。城の西側を南北に蛇行して流れ、深い谷を形成する和田川の対岸には城下町遺跡がある。

増山城が所在する地は和田ともといわれ、南北朝の史料にみえる「和田城」が増山城の初見とされている。この地は交通の要衝に位置し砺波、射水、婦負の三郡の境にあって、戦国期から織豊期にかけて、多くの武将の攻防の舞台となり、これに応じて城は変遷した。戦国期には越中守護畠山氏の守護代神保氏が勢力をのばしたが、一向一揆勢、越後長尾(上杉)氏との狭間にあった。永禄3年(1560)上杉謙信が攻め込むと、神保長職は富山城を放棄して増山城へ移ったが、謙信の相次ぐ侵攻を受け、天正4年(1576)に増山城は落城した。謙信が没すると織田信長勢が進出し、天正9年(1581)に城は織田勢により焼き払われ、天正11年、信長配下の佐々成政の越中平定以降、その居城となった。その後、豊臣秀吉が越中に侵攻し、天正13年成政は降伏した後、前田利家の重臣中川光重が城に入り、慶長年間頃まで存続したと考えられる。

城の縄張と防御施設
砺波市教育委員会は、平成9年から平成15年にかけて測量・発掘調査を実施した。増山城跡は、和田川東岸の南北約1.4㎞、東西0.9㎞の広大な範囲に及び、二つの谷によって城域は南北におおよそ3つに分けられる。

中央に増山城の中心部、北に亀山城、孫次山砦、南に増山城の赤坂山屋敷・団子地山屋敷がある。城の主郭は二の丸と考えられる。二の丸は標高が最も高く、東西90m、南北50mの最大規模をもち、北東隅に櫓台が設置されている。これに加えてこの郭を囲むように四方に一ノ丸、安室屋敷、三ノ丸、無常の郭群が配置して中心部を固めている。東側から南側にかけては長さ300mにも及ぶ長大な堀切を二重に配し、さらに畝状竪堀群を設置して和田川を最外周の外堀にするなど、強固な防御線を構築している。

出土遺物と城下町
出土遺物は国産・中国産の陶磁器類、釘、銭貨、砥石、碁石、漆塗椀などの木製品、炭化米がある。年代比定が可能な土師器皿には16世紀中葉のものがあり、縄張の基礎が神保氏によって造られた可能性を示すが、主体は16世紀後半から末頃にあることから、神保氏の後、上杉、佐々、前田各氏によって大規模な改修・拡充がおこなわれたものと推定される。江戸時代は加賀藩の藩有林となり富山県を代表するマスヤマスギが育成され、現在は富山県定公園及びとやま森林浴の森として市民・県民に親しまれている。

活用される城跡へ
一方、和田川西岸には城下町が展開していた。堀を伴う長さ約80mの南北の土塁をはさんだ東側に「下町」、西側に「寺土居町」がある。東側は昭和43年にできたダム湖によってほぼ水没しているが、昭和52年度に行われた圃場整備に伴う発掘調査では、16世紀末から17世紀にかけての遺構・遺物が豊富に出土し、佐々氏から前田氏の時代に城下町が整備されたことが知られる。

このように増山城跡は、戦国期から織豊期に北陸地方の覇権形成において重要な役割を果たし、富山県内屈指の規模と防御機能が発達した縄張を有する城であり、越中を代表する中世城郭である。

平成21年に国の史跡に指定された後、地元住民を中心に増山城戦国祭りが開催されて賑わいを見せている。また釣り大会やウオークラリーなど盛んに活用が行われている。平成22年には増山城解説ボランティア養成講座の受講生を中心に「曲輪の会」が結成され、日常のガイド活動も行われるようになった。

情報提供:砺波市教育委員会

増山城の口コミ情報

藤乃左近衛少将龍神様[2017年05月25日]
軍神・謙信が三たび攻めた城です。

彼の書状にも「増山之事、元来嶮難之地」とありますから寄せてには厳しい山城やったのでしょう。

近年は虎口と伝わる和田ダムからの登城口に大手門も復元されました。

駐車場、トイレ完備の「増山陣屋」もあります。
山城が初心者の方でも勾配が少なく気軽に
堀切や空堀が見れますよ(*^_^*)

近くに「伝」長尾為景塚(←謙信の父)もありますんで是非ともお立ち寄り下さいませ。
R359に案内板あります。

麓を流れる庄川の鮎は地元の誇り。

6月から9月にお越しになるメグラーさんは
是非ともご賞味あれ(^ー^)

まるき〜遠江守様[2016年09月21日]
最高!規模、遺構、探索のし易さ、全てにおいて満足!あまりに書くことが沢山ありすぎて書ききれない…郭の配置や高さ、連絡道、どれをとってもこれぞ "THE山城" だ!と言いたくなる程興味深い(^◇^;)さすがは県内一の山城と言われるだけあります。探索当日は雨だったため晴れた日に改めてチャレンジしたい城跡。全て回るにはたぶん3時間くらい?かかるんじゃないかと…登城口は和田川ダムの堤体奥ダム手前の駐車場に増山陣屋という小さな建物がありパンフや資料、書き込みノート、トイレもここにあるまた、希望者には「増山城登城認定書」というものが発行されるらしく増山城で撮った写真を砺波市埋蔵文化センター受付に見せると発行してもらえる。私はセンター休館日だったので発行不可でした…残念!今年は9月25日に戦祭りが開催される。そのため雨にも関わらず職員さん数十名の方々が草刈り作業されており城内の整備に当っておられました、この後来られる方は遺構がとても見やすくなっています。パンフレットですが去年の物とデザインが若干変更されていました。あっ!手前の和田川ダムてもダムカード発行しています、興味ある方は是非!

車楽斎 越中守様[2014年09月21日]
今日は、沢山の方々にご協力頂きありがとうございました。

車楽斎 越中守様[2014年08月30日]
現在、馬洗い池までは行ける様になってます
が、馬洗い池から先はまだ。。。

毎年 恒例の戦国祭り
今年は、「災害レスキューの陣」と題し、9月21日に開催します
つきましては、皆様方のお力をお借りし
残る土砂の除去をお願いする運びとなりました

多数の方のお力をお借りしたく
詳しくは、砺波市教育委員会 生涯学習・スポーツ課まで、お問い合わせ下さい

車楽斎 越中守様[2014年07月26日]
増山城跡 解説ボランティアよりお願い!!

7月19、20日の豪雨により
城内、複数箇所にて崩落あり。

皆様の安全を守る為、城跡への入山はご遠慮願います

車楽斎 越中守様[2013年06月02日]
今日、地元の方と共同で草刈りしました ^^
見やすくなったので、是非♪

車楽斎 越中守様[2013年03月17日]
ボランティアガイド 養成講座 受講生募集中♪

受講だけして終了はNG!!

長期で活動して頂ける方のみ募集です ^^

詳しくは、曲輪の会HPで♪

車楽斎 越中守様[2012年02月26日]
ボランティアガイドの方が解説をして下さいます

三河守コーキしゃん様[2011年05月01日]
中世山城の特徴が全て詰まったようなとても見応えのあるお城でした時間がなくて全部の遺構を見れませんでした

tomm加賀守様[2010年10月28日]
10月27日に「冠木門」が完成しました!
また10月31日(日)には「第2回 増山城戦国祭り」が開催されます

tomm加賀守様[2010年07月01日]
アメーバブログ「学芸員の小部屋」にて増山城に関する様々な情報発信がされていますので、ご興味のある方は閲覧してみて下さい。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore