寺家新屋敷館(じけあらやしきやかた)

寺家新屋敷館の基本情報

通称・別名

寺家新屋敷館、田中氏第、寺家新屋敷城

所在地

富山県南砺市寺家新屋敷

旧国名

越中国

分類・構造

平城

天守構造

築城主

田中貞行

築城年

南北朝時代

主な改修者

主な城主

田中氏

廃城年

遺構

曲輪、土塁

指定文化財

市史跡(寺家新屋敷古館跡)

再建造物

石碑、説明板

周辺の城

野尻城(富山県南砺市)[1.4km]
井波城(富山県南砺市)[6.2km]
庄城(富山県砺波市)[6.9km]
城端城(富山県南砺市)[8.4km]
安養寺城(富山県小矢部市)[8.6km]

寺家新屋敷館の解説文

寺家新屋敷館(じけあらやしきやかた)は富山県南砺市やかた(旧・福野町)に在った城。田中氏第、寺家新屋敷城ともいう。市史跡。

規模

ほぼ正方形の曲輪を持つ平城。規模は南北62m、東西80m。曲輪の周りには高さ3m程度の土塁を巡らせてあり、その四方を幅約5m、深さ約2.5mの堀で囲っていた。越中国庄ノ城の出城とされている。

歴史

南北朝期に南朝方の有力者として活躍した越中国守護桃井直常の家臣であった田中貞行が拠っていたという。恐らく彼が築いたのであろう。またその後に彼の縁者と思われる田中太郎兵衛なる者が拠っていたともいう。その後寺家新屋敷館の名前が史料に登場する事は無いのだが、近年の発掘調査では江戸時代初期辺りまで使用されていた形跡がある事が判明している。

現在

曲輪が在った場所は神明社の境内となっている。神明社の北側にははっきりと土塁が残っており、東側にもその痕跡が見られるが、堀が在った場所は耕地されておりその面影は無い。石碑、案内板が建てられている。

寺家新屋敷館の口コミ情報

三河守コーキしゃん様[2012年10月16日]
寺家新屋敷の信号を東へ進み、100m程行くと右手に神明社があります。

この神明社付近が館跡です。

専用駐車場がなかったので、広めの路肩に停めました。

神明社の裏に土塁の一部が残っています。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore