三木氏城館(みつきしじょうかん)

三木氏城館の基本情報

通称・別名

三木氏城館[松倉城・広瀬城(田中城)・鍋山城・三佛寺城・高堂城]

所在地

岐阜県高山市松倉町城山他(地図は松倉城を示す)

旧国名

飛騨国

分類・構造

城館遺跡群

天守構造

築城主

三木自綱[松倉城]、広瀬氏[広瀬城]、平野安室[鍋山城]、平時輔[三佛寺城]、広瀬利治[高堂城]

築城年

天正7年(1579)頃[松倉城]、不明[広瀬城・鍋山城]、平安時代後期[三佛寺城]、天文年間(1532〜1555)[高堂城]

主な改修者

主な城主

三木氏[すべて]、広瀬氏[広瀬城・高堂城]、鍋山(平野)氏[鍋山城]、金森氏[鍋山城]、平氏[三仏寺城]、畑氏[三仏寺城]

廃城年

遺構

曲輪[すべて]、石垣[松倉城・広瀬城・鍋山城]、堀切[松倉城・広瀬城・鍋山城・三仏寺城・高堂城]、畝状竪堀群[広瀬城・三仏寺城]、土塁[鍋山城]

指定文化財

県史跡[すべて]

再建造物

石碑[すべて]、説明板[すべて]

周辺の城

高山城(岐阜県高山市)[3.0km]
増島城(岐阜県飛騨市)[12.6km]
姉小路氏城館(岐阜県飛騨市)[16.7km]
江馬氏城館(岐阜県飛騨市)[23.3km]
神岡城(岐阜県飛騨市)[23.5km]
桜洞城(岐阜県下呂市)[27.4km]
萩原諏訪城(岐阜県下呂市)[28.1km]
帰雲城(岐阜県大野郡)[32.1km]
金森宗貞邸(岐阜県飛騨市)[34.6km]
二日町城(岐阜県郡上市)[43.3km]

三木氏城館の解説文

三木氏城館は飛騨南部に勢力を持っていた豪族・三木氏に関する城館群の総称。

以下の各城郭がこれに含まれ、それぞれすべてが県史跡に指定されている。

松倉城
松倉城(まつくらじょう)は、戦国時代、現在の岐阜県高山市にあった山城である。

高山市街の西南、標高856.7メートル(比高360メートル)の松倉山を活用して築かれ、本丸・二の丸・三の丸・出丸が配置された。石垣で固められた曲輪の遺構が残り、昭和31年(1956年)に岐阜県の重要文化財に指定された。

天正7年、飛騨の実力者三木自綱(みつき これつな)が築城し、居城を桜洞城から移した。

自綱は羽柴秀吉に対抗すべく越中富山城主佐々成政と手を組んだが、そのため天正13年に、秀吉から三木討伐の命を受けた越前大野城主金森長近が飛騨に侵攻しこれを制圧した。この戦いで難攻不落を誇った松倉城は味方の裏切りで落城し、その後金森氏の管理下に置かれ改修が行われたが、高山城築城により廃城となった。

広瀬城田中城
広瀬城(ひろせじょう)は岐阜県高山市国府町の城。城跡は1970年(昭和45年)8月11日付けにて岐阜県史跡に指定されている。

室町時代に広瀬利治が築城したとされ、広瀬氏の本拠地であった。『飛州志』では、藤原利仁将軍の末裔、広瀬左近将監利治が、広瀬山崎の城から当城を築いて移り、その後さらに高堂城を築いて移った、と記している。

特徴的な遺構としては、主郭西側の大堀切、西の郭の周辺の見られる畝状空堀がある。 特に畝状空堀は明瞭な形で現存しており、観察しやすい。また、この畝状空堀は、城の北側と尾根の西面とにだけ掘られており、防御すべき正面を意識した配置となっている。なお、当城の大手道の傍らには、田中筑前守の墓碑が残る。

鍋山城

信濃から飛騨へ入った平野氏が築城したとされる。天文年間に城主であった平野安室は三木氏から三木自綱の弟・顕綱を養子に迎えたが、顕綱は安室を毒殺し、安室の実子・左近太夫も追放した。左近太夫はのちに金森長近と共に三木氏を攻め復帰するが再度滅ぼされている。

三佛寺城

元は平氏の城館であったとされるが、戦国期には三木氏が入った。武田信玄の飛騨進攻の際に廃城となった。

高堂城

戦国期に広瀬氏によって築かれたとされる。その後、広瀬氏代々の居城であったが、のちに三木氏によって攻められ落城、三木氏が入る。だが金森長近の飛騨侵攻の際に落城した。

三木氏城館の口コミ情報

2020年06月18日 陸奥守松宙右衛門
三木氏城館



広瀬城 駐車場

先人様の補足をします。
ナビはセブンイレブン高山国府バイパス店に設定した方が分かりやすいです。
県文化財保護センターにナビを設定すると違う場所に行きます。
ゼブン側の道を突き当たり左を曲がると写真②にすぐ右に曲がります。
真っ直ぐ行くと写真①の場所に車を停められます。ここが県文化財保護センターです。
ここまで来ると登城口の看板が出てるので後は車を停めて歩いて看板通りに。
ネットで、草が刈られて…と書いてありますが、私の行った初夏は写真③の状態でボーボーでした。

広瀬城は、標高620mの戦国期の山城。
飛騨高山市内で、高山城、松倉城に次ぐ大きな規模を持っています。

遺構で特徴的なものは、西側の大きな堀切と畝状空堀群です。
特に畝状空堀群は圧巻でした。

2019年11月23日 小野近江守湖青
四天王神社(鍋山城登城口)[三木氏城館  寺社・史跡]



創建年代は不詳ですが、平安期はもしくはそれ以前であると推定されます。『三代実録』によりますと、「貞観九年(西暦867年)丁亥、10月5日授飛騨国正六位 四天王神従五位下」とあり、その後、宇多天皇の寛平5年授位一級より、朱雀・白河・崇徳・後鳥羽・土御門・亀山・後宇多の各天皇、建治元年乙亥、7月20日授位一級とあるまで、8回にわたり増位されています。由来の一説には、物部氏と藤原氏争乱の折、聖徳太子が四王像をみずらに飾って戦われたことから、四天王像を刻んだ白膠木(ウルシ科)より漆垣内の地名が生まれ、四天王神を祀ったとも言われているそうです。

崇徳帝期には平時輔による奉幣があり、天文20十年ころより、お社の後方地続きにある鍋山城歴代の城主から城の鎮護神として崇敬が厚かったとのことです。金森長近の飛騨入りの折にはまず鍋山城を居城とし、お社への一般民衆の参拝を禁止せず、その奥宮を天王宮と称え、遥拝所を二之宮として、例祭行事及び神事は二之宮で、これを行なわせたと伝えられています。

スポットを登城口に置きましたのでご参考になれば。こちら側からの登城路が大手道だったそうです。

2017年11月13日 ソバッソMG77.0
三木氏城館

11月中旬、松倉城跡

先人の通り松倉シンボル広場を目指す

「熊出没注意」のマークと「松倉遊歩道」の看板が出てきたら正解
トイレのある平坦地まで、車が離合出来ないウネウネ道を5分くらい登る(すれ違い出来る箇所はあるので、上手く譲り合ってね)
車は5台くらい停車可能

城跡登り口に一斗缶があり、ガンガン鳴らしてから登ってください
クマ避けです
搦め手側から登る形になると思われます
段曲輪状のデコボコ、堀切(甘いので分かりづらいが看板あり)を超えたら、もう有名な主郭石垣群が出てきます
多分10分もかからん

眺望はスゲぇ
石垣越しに高山市内一望、立山連峰(やと思う)が雪を纏った姿でハッキリ見えます
主郭部は石垣でグルリ囲ってますのでそこいら中が見所です
縄張り図には尾根筋に防御設備の表記あるが、嫡男をしょいこしていたので隅々まで散策出来ていません
フォトお持ちの方々、是非アップください

クマさんが出た実績のある城跡ですので、散策は自己責任で
ちなみに麓にはテディベアのお店があります
可愛いクマさんならいいんだけどね

2016年04月11日 征夷大将軍ひとりもん
三木氏城館

松倉城へは城跡西側を南北へ縦断する林道を上がった所にあるシンボル広場に駐車スペースがありました。
高山の町からは林道の南側から上がってくるほうが走りやすいかと思います。
そこから城跡までは250mです。

2013年06月30日 三日陸奥守落人
三木氏城館

このゲームでは複数の城跡が三木氏城館として「群」的に登録されており、登録地は三木氏の本拠・松倉城になっています。
畝状竪堀が見事な広瀬城なども一体的に扱われていますが、松倉城とはけっこう離れてますのでご注意を

広瀬城は見所たっぷりなんですが、夏は下草と虫が多くて大変です
県文化財センターのを拝借して登れました。


2010年09月20日 あと2城副将軍マイリバ
三木氏城館

飛騨随一の石垣が有名ですが、築城に纏わる悲語も伝わっています
158を西に向かうと41との交差点手前に「小糸坂」という坂があります
昔この坂の近くに小糸という娘が母親と2人で暮らしていましたが、ある日築城真っ最中の松倉城に連れ去られ、人柱とされてしまいました
母親は力尽きるまで「小糸~、小糸~」と一人娘を探し続け、その悲しげな声は母親の死後も城下に響き渡ったということです
小糸の尊い犠牲に報いるためにも、駅やバス停で攻略せずに現地で石垣を眺めてみてください

「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「ニッポン城めぐり」 ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore