萩原諏訪城(はぎわらすわじょう)

萩原諏訪城の基本情報

通称・別名

所在地

岐阜県下呂市萩原町萩原

旧国名

飛騨国

分類・構造

平城

天守構造

築城主

金森長近

築城年

天正13年(1585)

主な改修者

主な城主

佐藤氏、金森氏

廃城年

元和元年(1615)

遺構

曲輪、石垣、横堀(空堀)

指定文化財

県史跡(諏訪城跡)

再建造物

周辺の城

桜洞城(岐阜県下呂市)[0.7km]
宮地城(岐阜県下呂市)[14.3km]
郡上八幡城(岐阜県郡上市)[26.3km]
篠脇城(岐阜県郡上市)[26.8km]
三木氏城館(岐阜県高山市)[28.1km]

萩原諏訪城の解説文

萩原諏訪城(はぎわらすわじょう)は岐阜県下呂市の平城。

歴史
天正13年(1585年)に金森長近は三木氏を滅ぼして飛騨国の領主となり、高山城を本城とした。これに加え、支城として増島城と萩原諏訪城を置いている。萩原諏訪城は諏訪神社の跡地に建てられ、近くの桜洞城を廃し、佐藤秀方が城主となった。
元和5年(1615年)の一国一城令により廃城となった後も金森氏の旅館が残っていたが、元禄5年(1692年)に金森家の転封に伴って破却された。その後、宝永6年(1709年)に諏訪神社が戻ってきて現在に至る。

構造
城の敷地は正方形で、南と西に虎口が設けられ、正門が南側、搦手が西側にあった。遺構は石垣と堀がある。

アクセス
JR東海高山本線飛騨萩原駅から徒歩5分

萩原諏訪城の口コミ情報

合戦準備前守せんとくん様[2015年07月20日]
飛騨萩原駅の改札を出て、正面の下り坂を5分くらい歩いたら、すぐわかります。

小さな城跡ですが、石垣が、全体的に丸っこいのが特徴です。

三河守コーキしゃん様[2010年06月20日]
国道41号線「萩原」の信号を右です。
100m程進むと森になっていて地図では「諏訪神社」になっていますのでそこです。

堀と石垣が殆ど残ってる感じです。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore