帰雲城(かえりくも(きうん)じょう)

帰雲城の基本情報

通称・別名

返雲城

所在地

岐阜県大野郡白川村保木脇(地図は石碑の場所を示す)

旧国名

飛騨国

分類・構造

山城

天守構造

築城主

内ヶ島為氏

築城年

寛正年間(1461〜1466)

主な改修者

主な城主

内ヶ島氏

廃城年

天正13年(1585)

遺構

消滅

指定文化財

再建造物

石碑、説明板

周辺の城

丸岡城(富山県南砺市)[19.1km]
姉小路氏城館(岐阜県飛騨市)[22.0km]
瀬戸丸山城(石川県白山市)[24.8km]
増島城(岐阜県飛騨市)[27.0km]
二曲城(石川県白山市)[30.9km]

帰雲城の解説文

帰雲城(かえりくもじょう)は、今の岐阜県大野郡白川村保木脇(ほきわき)にあったとされる城。

概要
帰雲城は当地の有力武将:内ヶ島氏の居城であった。寛正年間に内ヶ島為氏により築城された。

天正13年11月29日(1586年1月18日)に天正大地震が起き、帰雲山の山崩れで埋没。城主の内ヶ島氏理ら一族は全て死に絶えてしまい、この瞬間を以て内ヶ島氏は滅亡してしまった。また、そのとき埋まったとされる埋蔵金伝説があることで有名。

なお、城のあった正確な位置は現在も特定されていない。保木脇に帰雲城址の碑が建っているが、その場所が城跡であるとの確証は得られていない。

願泉寺資料
泉州貝塚(貝塚市)にある願泉寺住職道喜(宇野主水)が安土桃山時代につけていた日記、『貝塚御座所日記』に以下の記述がある。

:天正十三年七月五日、未刻、大地震。
:天正十三年十一月十一日、夜九ツ半地震。この頃「光るもの」みたるもの多し。
:廿九日夜四ツ半過ぎ大地震、十余日止まず。京都三十三間堂の六百体の仏像すべて倒る。飛州の帰雲と云う在所内島と云う奉公衆ある所なり。地震に山をゆりくずし山河多くせかれて、内島の在所へ大洪水はせ入って、内島一類地下人にいたる迄残らず死たる也。他国へ行きたる四人残りて泣く泣く在所へ帰りたる由。彼の在所はことごとく渕になりたる也。

他、「越中国名跡志」なる史料にも同様の記述があると言われる。

関連書籍
研究書
まぼろしの帰雲城 - 佐々克明による研究書。新人物往来社1972年刊。ISBN B000J969CK 絶版...

帰雲城の口コミ情報

秋田城介黒うさ様[2014年09月02日]
舗装はされていませんが駐車スペースはあります♪
国道沿いなので場所も分かりやすいと思います♪
近辺には道の駅も多数あるので車中泊される方や休憩される方にも便利な場所です(^o^)

古楽侍従広家様[2011年04月10日]
朝廷にも多額の銀を献上していたために、確実に埋蔵金がある場所の一つと言われています。しかしここの埋蔵金を掘るとなれば赤城山程度の規模では済まないでしょうね。

tomm加賀守様[2010年10月07日]
城址碑は国道156号沿いにあり看板もあるので分かりやすいです。
またその石碑の正面に見える上部が崩れた山が帰雲山です。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore