鳥越城(とりごえじょう)

鳥越城の基本情報

通称・別名

所在地

石川県白山市三坂町

旧国名

加賀国

分類・構造

連郭式山城

天守構造

建造されず

築城主

鈴木出羽守

築城年

天正元年(1573)頃

主な改修者

主な城主

山内衆

廃城年

遺構

曲輪、土塁、横堀(空堀)

指定文化財

国史跡(鳥越城跡附二曲城跡)

再建造物

櫓門、門、石垣

周辺の城

二曲城(石川県白山市)[1.0km]
岩倉城(石川県小松市)[3.7km]
瀬戸丸山城(石川県白山市)[8.5km]
舟岡城(石川県白山市)[8.6km]
波佐谷城(石川県小松市)[10.8km]

鳥越城の解説文

鳥越城(とりごえじょう)は、石川県白山市三坂町(旧鳥越村)にある中世の日本の城(山城)跡で、附の二曲城とともに国の史跡に指定されている。史跡指定名称は鳥越城跡。

形状
手取川と大日川の合流点に位置する丘陵先端部を利用して築かれており、標高は主郭部で312mある。

面積は東西400m、南北1,200mにおよび、頂上を中心とした七ヶ所の主要な郭が構成する。

郭は、本丸・二の丸・三の丸・後二の丸・後三の丸などと名付けられ、空堀や土塁を挟んで尾根筋を巧みに利用して配置されていて、それを腰郭が囲む。

歴史
白山麓山内惣庄の旗本鈴木出羽守を城主とし、天正初年(1573年)頃、織田信長による加賀一向一揆討滅の経路がはかられる中で、門徒集団である山内衆の抵抗の拠点として築城されたもの。

天正8年(1580年)、織田方の柴田勝家軍によって落城し、山内衆の主領鈴木一族は滅ぼされる。その後この城は織田方の吉原次郎兵衛の管理下に置かれたが、白山麓門徒の抵抗は続き、攻防戦が展開された。

しかし天正10年(1582年)3月1日、織田方の佐久間盛政によって鎮圧され、三百余人が磔に処せられた。

この城は、加賀一向一揆の栄光と挫折を最後まで担い続けた、白山麓門徒たちの記録として歴史上の意義をもつ。

現況
発掘調査をもとに門や石垣が復元されている。
...

鳥越城の口コミ情報

まるき〜遠江守様[2015年11月16日]
せっかく近くに来たのなら、寄っても損は無いお城跡かと…
県道44号線沿いに城址碑と城の案内版があります
そこから3〜5分程車で登ると十数台停められる駐車場があり綺麗なトイレもあります。
歩いてほんの数分で後三の丸〜中の門〜前二の丸〜本丸とたどり着く事が出来る。本丸からの眺望はかなり良いですよ〜

石垣に再現された門構えではあるが、相当朽ちており、昔からあったのかな?と思うような錯覚をおこしそうでなんとなく入り込めるし…
建物跡の礎石を見ていろいろ想像するのも面白い。

時間が無くても20分もあれば回ってこられるかと…

参考までに、
鳥越城の駐車場にて鳥越城、
瀬戸丸山城、岩倉城、二曲城と
4ヶ所の城が攻略できました。
(iPhone ソフトバンク)

ŧ‹”ŧ‹”。様[2012年10月26日]
発掘調査済なのか自由に入れ、非常に整備もされた穴場的な山城。
頂上の本丸から眺める景色と周りの自然との調和だけでも一見の価値あり。

七州三河守願舟様[2012年07月03日]
織田軍と激戦した城ということで、城攻めしたのが去年の夏。
あの薬研堀は素晴らしかった。また見に行きたい。

三河守コーキしゃん様[2011年05月02日]
枡形門と本丸門の枡形は食い違い虎口になっています。本丸と後二ノ丸の間の空堀はかなり深くて迫力があります

tomm加賀守様[2010年07月07日]
山頂付近まで車道が整備されおり、本丸からの眺望は抜群です。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore