御茶屋屋敷(おちゃややしき)

御茶屋屋敷の基本情報

通称・別名

お茶屋屋敷

所在地

岐阜県大垣市赤坂町3421-1

旧国名

美濃国

分類・構造

屋敷

天守構造

なし

築城主

徳川家康

築城年

慶長14年(1609)

主な改修者

主な城主

徳川氏

廃城年

寛永年間(1624〜1644)

遺構

土塁、横堀(空堀)、井戸跡

指定文化財

県史跡(お茶屋屋敷跡)

再建造物

説明板

周辺の城

長松城(岐阜県大垣市)[2.9km]
曽根城(岐阜県大垣市)[4.0km]
大垣城(岐阜県大垣市)[4.4km]
垂井城(岐阜県不破郡)[5.4km]
軽海西城(岐阜県本巣市)[8.2km]

御茶屋屋敷の解説文

お茶屋屋敷(おちゃや やしき)は、江戸時代に五街道に整備された将軍家の宿泊施設。または大名の宿泊・休憩施設。御茶屋御殿(おちゃや ごてん)、また単に御茶屋(おちゃや)ともいう。

ここでは最も大規模といわれる、岐阜県大垣市のお茶屋屋敷に関して記述する。このお茶屋屋敷は宿場の本陣の原型となったものという。

中山道赤坂宿の西に設置されている。

沿革・概況
1600年(慶長5年)、関ヶ原の戦いの後、徳川家康は全国主要街道の整備にとりかかる。
1609年(慶長14年)、徳川家康が上洛する際、中山道の要衝で、徳川家開運の地であるお勝山の北方に、自らが上洛の往復をするにあたっての休泊施設お茶屋屋敷を設置する。設置は美濃国の諸大名に命じ、岐阜城の稲葉山(金華山)山麓に存在した、織田信長の住居、千畳敷御殿など61棟を移築させたという。廻りには土塁や空壕が設置され、宿泊施設であると同時に緊急時の砦、城郭の要素もあったという。
宿場の整備とともに必要なくなり、寛永年間(1624年〜1644年)に建物は取りこわされる。

現在
土地は廃藩置県のとき、不破郡赤坂村(現大垣市赤坂)名主に払い下げられ、現在は個人所有である。
土塁や空壕の一部が現存する。
跡内には数多くのぼたんが植えられ、通称「赤坂ぼたん園」としてボタン開花時期公開されている。東海地方有数のボタン園であり、開花期は四月の下旬から五月初旬。

交通
東海道本線(美濃赤坂支線)美濃赤坂駅より徒歩12分。
東海道本線大垣駅南口大垣駅前バスのりば1番のりば
 名阪近鉄バス「赤坂総合センター」行き「虚空蔵口」下車、徒歩3分。

御茶屋屋敷の口コミ情報

青コアラ美濃守様[2017年06月24日]
城跡の北に広い駐車場があります。城域の西半分は中学校建設で失われていますが、東半分がボタン園として開放されており、土塁や空堀などが明瞭に残っているのが見られます。

正直ここだけだと少々物足りないですが、周辺には関ヶ原関連史跡や中山道赤坂宿など、史跡が徒歩圏内に点在しています。最寄りの美濃赤坂駅はなかなか趣のある終着駅なので、電車で来て半日ぐらいかけて見て回るのも一興かと。
ただし列車の本数(特に昼間)は恐ろしく少ないので、要事前確認です。

若狭守次郎吉様[2017年04月10日]
竹林に囲まれて土塁や空堀、井戸跡、虎口が残っています。どれも良好な状態で残っているので、見応え有りです!石碑や説明板は茅葺き門の処にあります。茅葺き門も雰囲気があって良い感じです。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore