垂井城(たるいじょう)

垂井城の基本情報

通称・別名

所在地

岐阜県不破郡垂井町垂井(専精寺)

旧国名

美濃国

分類・構造

平城

天守構造

築城主

不明

築城年

不明

主な改修者

主な城主

平塚為広

廃城年

遺構

消滅

指定文化財

再建造物

石碑、説明板

周辺の城

長松城(岐阜県大垣市)[4.1km]
菩提山城(岐阜県不破郡)[4.5km]
御茶屋屋敷(岐阜県大垣市)[5.4km]
不破の関(岐阜県不破郡)[6.1km]
松尾山城(岐阜県不破郡)[6.9km]
大垣城(岐阜県大垣市)[8.3km]
曽根城(岐阜県大垣市)[9.4km]
京極氏城館(滋賀県米原市)[10.1km]
長比城(滋賀県米原市)[10.3km]
西高木家陣屋(岐阜県大垣市)[10.6km]

垂井城の解説文

垂井城(たるいじょう)は、美濃国不破郡(現・岐阜県不破郡垂井町)にあった日本の城。明確な遺構がないため正確な位置は不明だが、文献や地形などから専精寺境内が所在地に比定されており、案内板と石碑が建っている。

概要
今須領主長江氏の一族の長屋景頼が、垂井の領主になってから築かれたとされている。天文年間に長屋景興が相羽城に居を移したが、1547年(天文16年)に斎藤道三の侵攻により相羽城で景興が戦死し、長屋氏は没落する。この時に垂井城も廃城もしくは機能が大きく損われたとされている。その後、1600年(慶長5年)に平塚為広が垂井領1万2千石で入封すると、垂井城を居城として整備拡張したと思われるが、同年の関ヶ原の戦いで為広が討死したため廃城になる。景興が戦死してから為広が入城するまでの期間は不明である。

交通
・JR東海東海道本線垂井駅北口より西へ500メートル(徒歩7分)

参考文献
・不破郡教育振興会『不破のあゆみ』

垂井城の口コミ情報

2020年09月16日 とんかつおやじND
美濃府中城[垂井城  周辺城郭]



山城国西之岡の住人松井蔵人直家は、六波羅探題に仕え、元弘元年(1331年)の笠置山落城の際に後醍醐天皇を探し出して、鎌倉幕府から恩賞として美濃国に数か所の荘園を得ると、不破郡府中村に移住して不破氏と改姓し、子の直重以下も代々府中村に住んだと伝わる。直家との系譜は明確でないが、『美濃国諸家譜』によると、府中城主不破河内守直道は長禄元年(1457年)に土岐氏の家督争いで揖斐左近太夫基春らに与して斎藤利永らと戦って武功があった。その子不破小太郎は、応仁の乱に土岐成頼に属して山名宗全方に加わった。その子不破孫左衛門道広は西之保城(西保村 (岐阜県)、現・岐阜県安八郡神戸町西保)に移り、道広の孫が不破光治であるという。   ウィキペディアより

安立寺に石碑あります 

近くに美濃国府跡もあり

2020年09月16日 とんかつおやじND
垂井城



2020.09.15 垂井観光案内所にて関ヶ原合戦420年記念特別仕様「関ヶ原合戦陣跡御朱印」発行されました。即日完売と言うより 販売1時間半で残り5組でした

「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「ニッポン城めぐり」 ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore