菩提山城(ぼだいさんじょう)

菩提山城の基本情報

通称・別名

菩提山寺城、岩手山城、(竹中氏陣屋、竹中陣屋、岩手陣屋、岩手城)

所在地

岐阜県不破郡垂井町岩手

旧国名

美濃国

分類・構造

山城、(陣屋)

天守構造

築城主

竹中重元、竹中重門(陣屋)

築城年

永禄2年(1559)、天正16年(1588)(陣屋)

主な改修者

主な城主

竹中氏

廃城年

慶長5年(1600)

遺構

曲輪、腰曲輪、土塁、堀切、竪堀

指定文化財

県史跡(竹中氏陣屋跡)

再建造物

石碑、説明板

周辺の城

不破の関(岐阜県不破郡)[4.3km]
垂井城(岐阜県不破郡)[4.5km]
松尾山城(岐阜県不破郡)[5.7km]
京極氏城館(滋賀県米原市)[6.1km]
長比城(滋賀県米原市)[7.8km]
長松城(岐阜県大垣市)[8.4km]
御茶屋屋敷(岐阜県大垣市)[8.8km]
小島城(岐阜県揖斐郡)[9.3km]
八講師城(滋賀県米原市)[11.7km]
西高木家陣屋(岐阜県大垣市)[11.8km]

菩提山城の解説文

菩提山城
菩提山城(ぼだいさんじょう)は、岐阜県不破郡垂井町の菩提山にあった山城である。竹中重元が岩手弾正を滅ぼした後、竹中氏の居城として新たに築城したものとされ、麓に竹中氏陣屋が築かれるまで使用された。西美濃では最大級の山城である。

概要
伊吹山系の東端にある菩提山(402メートル)山頂に築かれた東西150メートル・南北300メートルの山城で、竹中重元が同地の豪族であった岩手氏を滅ぼして新たに築城した。以後、重元・重治・重門の3代にわたり使用され、重門が麓の竹中氏陣屋に居を移したことで廃城となった。

歴史
1558年(永禄元年) - 竹中重元が岩手弾正を滅ぼし、6千貫の領主となる。
1559年(永禄2年) - 竹中重元が菩提山に菩提山城を築く。
1560年(永禄3年) - 重元が病没し、子の重治(半兵衛)が家督を継ぎ城主となる。
1565年(永禄7年) - 重治が16人の手勢で稲葉山城(岐阜城)を落とす。重治は、斎藤氏の滅亡後は織田信長・豊臣秀吉に仕える。
1579年(天正7年) - 重治が播磨三木城攻め(三木合戦)の陣中にて病没し、子の重門が家督を継ぎ城主となる。
1600年(慶長5年) - 重門は関ヶ原の戦いにて東軍につき、徳川家康に菩提山城を提供する。戦後、麓の竹中氏陣屋に居を移し、菩提山城は廃城となる。

アクセス
公共交通機関
JR東海 東海道本線 垂井駅で下車。→垂井町巡回バス(垂井・岩手線)「菩提」で下車。→菩提山の麓まで徒歩数分。

名神高速道路
関ヶ原ICから30分
東海環状自動車道...

菩提山城の口コミ情報

2020年11月04日 小山 飛騨守 政光
菩提山城



以前竹中氏陣屋と竹中半兵衛の墓のある禅幢寺に行った時、禅幢寺横に菩提山城への入り口を発見し、日を改めて登城。15時すぎ。
午前中に南宮山を登ったのもありますが、この1950メートルが思いのほか大変でした。
途中少しわかりにくい道もありましたが、16時ちょい前に本丸に到着。西の丸など含め15分ほど城内散策した後急いで下山、なんとか日の入り前に山を出ました。
 後で垂井町観光協会のハイキングコースを見ると、菩提寺と白山神社の近くのコースの方が距離が短いことが分かり、事前にしっかり確認してから行くべきと反省。しかしいい山城でした。

2020年09月24日 大納言織田晃司
竹中陣屋[菩提山城  寺社・史跡]

現存の櫓門の斜め向かいに駐車場があります。陣屋の敷地は岩手小学校となってますのでむやみやたらと入らずに櫓門周辺だけにしておきましょう。

陣屋を建てたのは竹中重門(半兵衛の子)で、時期も関ヶ原の後なので半兵衛は陣屋にはいなかったのですが半兵衛の銅像があります。

滋賀県方面に少し進むと関ヶ原古戦場跡があります。なぜかいつも夕方から薄暗くなる時間に関ヶ原を通ってしまうのでいまだに古戦場跡を散策しておりません。(そのような日程を組む私が悪いのですが…)

2020年08月15日 ❖真田右衛門佐持郎
菩提山城



昨日、白山神社より登頂しました。
前に登った時は知識も時間も準備もなくただただ焦って往復しようとしました。
真っ暗な山を降りると言う怖い思いをし、もうここには登らないと決めていましたが美濃守を頂き菩提山城に背を向け帰える事はできないと思い再チャレンジしました。
また間違えたら…熊と遭遇したら…など緊張しながら登りました。
あれから5年、山城登山のレベルも少々上がったようで、準備もして前回のミスも見つけそれを生かし無事に登頂、下山できました。
濃尾平野の絶景感激、城跡も前より見えるようになり楽しめました。
5年間のモヤモヤした気持ちが晴れてスッキリ千葉に帰る事ができました。
登って本当によかったです
また登りたいと言う気持ちになりました!

登る際は竹中陣屋跡隣にある菁莪(せいが)記念館にて話を聞いてみてください。
4コースあるのでご自分にあったコース選びが必要かと思いますし、地元の方の助言は必ず役に立つはずです。
熊よけの鈴、杖貸していただけます。
また、山の中で怪我をした時の連絡先など聞いておくと良いでしょう。
携帯の電波はギリギリでしたau
山頂付近で骨折した方の話しも聞かせて頂きました。
準備をして心にゆとりを持ち、楽しい山登りになる事を願っています。

上級者の方、説明付きの写真載せて頂けると勉強になります。
よろしくお願い致します。

2018年10月02日 玄蕃助がげちゃんⅡ号T型
菩提山城

竹中陣屋跡ですが、櫓門の内側は、小学校と幼稚園の敷地になっているみたいです。むやみに櫓門の内側に入らない方が、無難かもしれないです。

2017年09月07日 安田越後守秀俊
菩提山城

山麓の 竹中氏菩提寺 禅幢寺には、
竹中(半兵衛)重治
・(父)竹中重元
・(妻)得月院(安藤守就の娘)
・(弟)竹中(久作)重矩
・(家臣)所太郎五郎(半兵衛の稲葉山城乗っ取りの時の1人)
の墓があります。

2015年12月29日 ❖真田右衛門佐持郎
菩提山城

本日、登頂しました。初心者が軽い気持ちで登ってはいけませんね。
片道40分往復で90分あれば戻れると勘違いし、白山神社登山口から城跡を目指しました。その時点で15時。
ハイペースで登るもぬかるんだ足場に急な斜面、体力には自信ありですが、半分くらいで息切れしはじめ、なんとかやっとのおもいで菩提山城跡に到着、絶景に城跡に感動!しかし、楽しむ時間もなく急いで下山。
やはり足場がわるく滑って二度転倒!来た道を戻っていたはずがいつの間にか道ではない(; ̄O ̄)
左右上下目指す方向がわからない、こんな時はどうしたら良いですか?選択したのは下。とにかく山を出たい思いで道なき道を下ると神社に着きました。そこは竹中半兵衛様が眠るお墓のある禅幢寺でした。
軍師様に導かれ下山することができたような気がしました。浅はかな知識で誰もいない山に入るのはとても危険です、体力も失った時に熊に遭遇でもしてたらと思うと、ゾッとします。

菩提山城跡を目指す方、安全に無事に登頂下山して下さい。
1日に岐阜城とダブル登山は無理がありました、とにかく反省です。

2011年08月07日 三河守コーキしゃん
菩提山城

竹中半分兵衛の父、重元が築いたぉ城です。
白山神社から登りましたが駐車スペースがあり道も整備されています
主郭まで徒歩30分位でした。
主郭に入る時の土橋と空堀がはっきり残っていました他にも土塁や竪堀などがあります
主郭部の眺めは絶景です


2010年07月23日 徳川内大臣源朝臣康武
菩提山城

[武将像]竹中半兵衛像
麓の竹中氏館に甲冑座像が鎮座。同スタイルの像が、タイトピア(垂井町図書館、歴史資料館)、関ヶ原町歴史民俗資料館にありますが、首の向きが違うような・・・

「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「ニッポン城めぐり」 ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore