菩提山城(ぼだいさんじょう)

菩提山城の基本情報

通称・別名

岩手城、(竹中陣屋、岩手陣屋、竹中氏陣屋)

所在地

岐阜県不破郡垂井町岩手

旧国名

美濃国

分類・構造

山城、(陣屋)

天守構造

築城主

竹中重元、竹中重門(陣屋)

築城年

永禄2年(1559)

主な改修者

主な城主

竹中氏

廃城年

慶長5年(1600)

遺構

曲輪、腰曲輪、土塁、堀切、竪堀

指定文化財

県史跡(竹中氏陣屋跡)

再建造物

石碑

周辺の城

不破の関(岐阜県不破郡)[4.3km]
垂井城(岐阜県不破郡)[4.5km]
松尾山城(岐阜県不破郡)[5.7km]
京極氏城館(滋賀県米原市)[6.1km]
長比城(滋賀県米原市)[7.8km]

菩提山城の解説文

菩提山城
菩提山城(ぼだいさんじょう)は、岐阜県不破郡垂井町の菩提山にあった山城である。竹中重元が岩手弾正を滅ぼした後、竹中氏の居城として新たに築城したものとされ、麓に竹中氏陣屋が築かれるまで使用された。西美濃では最大級の山城である。

概要
伊吹山系の東端にある菩提山(402メートル)山頂に築かれた東西150メートル・南北300メートルの山城で、竹中重元が同地の豪族であった岩手氏を滅ぼして新たに築城した。以後、重元・重治・重門の3代にわたり使用され、重門が麓の竹中氏陣屋に居を移したことで廃城となった。

歴史
1558年(永禄元年) - 竹中重元が岩手弾正を滅ぼし、6千貫の領主となる。
1559年(永禄2年) - 竹中重元が菩提山に菩提山城を築く。
1560年(永禄3年) - 重元が病没し、子の重治(半兵衛)が家督を継ぎ城主となる。
1565年(永禄7年) - 重治が16人の手勢で稲葉山城(岐阜城)を落とす。重治は、斎藤氏の滅亡後は織田信長・豊臣秀吉に仕える。
1579年(天正7年) - 重治が播磨三木城攻め(三木合戦)の陣中にて病没し、子の重門が家督を継ぎ城主となる。
1600年(慶長5年) - 重門は関ヶ原の戦いにて東軍につき、徳川家康に菩提山城を提供する。戦後、麓の竹中氏陣屋に居を移し、菩提山城は廃城となる。

アクセス
公共交通機関
JR東海 東海道本線 垂井駅で下車。→垂井町巡回バス(垂井・岩手線)「菩提」で下車。→菩提山の麓まで徒歩数分。

名神高速道路
関ヶ原ICから30分
東海環状自動車道...

菩提山城の口コミ情報

真田右衛門佐持郎様[2015年12月29日]
本日、登頂しました。初心者が軽い気持ちで登ってはいけませんね。
片道40分往復で90分あれば戻れると勘違いし、白山神社登山口から城跡を目指しました。その時点で15時。
ハイペースで登るもぬかるんだ足場に急な斜面、体力には自信ありですが、半分くらいで息切れしはじめ、なんとかやっとのおもいで菩提山城跡に到着、絶景に城跡に感動!しかし、楽しむ時間もなく急いで下山。
やはり足場がわるく滑って二度転倒!来た道を戻っていたはずがいつの間にか道ではない(; ̄O ̄)
左右上下目指す方向がわからない、こんな時はどうしたら良いですか?選択したのは下。とにかく山を出たい思いで道なき道を下ると神社に着きました。そこは竹中半兵衛様が眠るお墓のある禅幢寺でした。
軍師様に導かれ下山することができたような気がしました。浅はかな知識で誰もいない山に入るのはとても危険です、体力も失った時に熊に遭遇でもしてたらと思うと、ゾッとします。

菩提山城跡を目指す方、安全に無事に登頂下山して下さい。
1日に岐阜城とダブル登山は無理がありました、とにかく反省です。

三河守コーキしゃん様[2011年08月07日]
竹中半分兵衛の父、重元が築いたぉ城です。
白山神社から登りましたが駐車スペースがあり道も整備されています
主郭まで徒歩30分位でした。
主郭に入る時の土橋と空堀がはっきり残っていました他にも土塁や竪堀などがあります
主郭部の眺めは絶景です

徳川内大臣源朝臣康武様[2010年07月23日]
[武将像]竹中半兵衛像
麓の竹中氏館に甲冑座像が鎮座。同スタイルの像が、タイトピア(垂井町図書館、歴史資料館)、関ヶ原町歴史民俗資料館にありますが、首の向きが違うような・・・

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore