長松城(ながまつじょう)

長松城の基本情報

通称・別名

所在地

岐阜県大垣市長松町789

旧国名

美濃国

分類・構造

平城

天守構造

築城主

竹中重利

築城年

天正年間(1573〜1592)

主な改修者

主な城主

竹中重利、武光忠棟

廃城年

遺構

消滅

指定文化財

再建造物

石碑、説明板

周辺の城

御茶屋屋敷(岐阜県大垣市)[2.9km]
垂井城(岐阜県不破郡)[4.1km]
大垣城(岐阜県大垣市)[4.3km]
曽根城(岐阜県大垣市)[6.4km]
菩提山城(岐阜県不破郡)[8.4km]

長松城の解説文

長松城は岐阜県大垣市に存在した中世の平城である。

豊臣秀吉の参謀・竹中重治の従弟(甥とも)であった竹中重利が、重治から長松城周辺を分知され、築城した。

文禄3年(1594)重利が加増を受けて豊後高田へ移ると、代わって豊臣秀吉に仕えた武光忠棟が入るも、忠棟は慶長5年(1600)関ヶ原の戦いで西軍に属し敗北、長松城は廃城となった。

現在の大垣市立荒崎小学校付近が城域であったが、遺構は残っておらず、小学校の校門付近に石碑が立てられているのみとなっている。

長松城の口コミ情報

関ケ原近江守佐吉。さん[2018年12月20日]
長松城は、現在荒崎小学校に「長松城跡」の標石が建てられている。

古城図が残っており、「大垣の古城」著者清水春一氏によると、旧長松村の集落地全体が城郭の形をなしており、西濃地域で見る限り大垣城のように近世に整備して存在した城郭以外の、いわゆる中世の城として、これだけの規模を持った城の様子がわかる古図が残されているのは少ないであろうとのこと。

長松城は竹中半兵衛の従兄の竹中重利が城を構え、豊臣秀吉も度々ここを訪れたそうである。

竹中重利→武光忠棟→一柳監物が入城し、戦後は廃城となった。

青コアラ美濃守さん[2013年08月14日]
荒崎小学校周辺が跡地とされ、正門横に城址碑がありますが、遺構はありません。

「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。