払田柵(ほったのさく)

払田柵の基本情報

通称・別名

所在地

秋田県大仙市仙北町払田

旧国名

羽後国

分類・構造

古代城柵

天守構造

なし

築城主

不明

築城年

延暦年間(782〜806)

主な改修者

主な城主

不明

廃城年

遺構

石垣、土塁、横堀(空堀)

指定文化財

国史跡(払田柵跡)

再建造物

外柵南門、木橋、石碑

周辺の城

本堂城(秋田県仙北郡)[1.5km]
六郷城(秋田県仙北郡)[5.2km]
四十二館(秋田県大仙市)[7.5km]
金沢柵(秋田県横手市)[10.9km]
楢岡城(秋田県大仙市)[14.9km]

払田柵の解説文

払田柵跡(ほったのさくあと)は、秋田県大仙市払田・仙北郡美郷町本堂城廻にある日本の古代城柵遺跡。国の史跡に指定されている。

文献資料にその名がないため、「幻の柵」とも呼ばれる。軍事施設と行政施設の役割を果たしていたと考えられる。日本における木簡研究の嚆矢となった遺跡としても知られる。

沿革
発見
1902年頃、耕地整理の際に秋田県仙北郡千屋村(現在は美郷町)の水田から200本余の柵木が発見された。だが、この木は燃料にされたり、下駄に加工され売られたりした。しかし、後藤宙外が遺跡の存在に注目し、遺跡内の文字の書かれた木片を採集して、敦煌出土の「木簡」に似ていると論考している。1930年3月に文部省に嘱託された上田三平[1]が発掘調査を開始し、払田柵跡の存在が明らかとなった。1930年10月には本格的な調査が開始され、その結果、1931年(昭和6年)3月30日に秋田県としては初めて国の史跡に指定された。

調査の本格的開始
1973年度「仙北地区新農村基盤総合整備パイロット事業」が立ち上げられ、柵跡は壊滅の危機に立たされた。そのため翌年の1974年4月1日に「秋田県払田柵跡調査事務所」を立ち上げ、さらなる調査や柵跡の実態把握、そして柵跡の保護を行っていった。

1989年1月23日外郭の柵木は奈良国立文化財研究所によって、年輪年代法による年代測定が行われ、801年に伐採された材であることがわかった。これにより、桓武朝における坂上田村麻呂らによる征夷事業によるものであり、陸奥国側の胆沢城志波城と一連のものであることが判明した。払田柵跡からは「嘉祥二年正月十日」と記された木簡が発見されており、この結果とおおよそ一致する。

現況
払田柵跡は、1931年(昭和6年)3月30日、国の史跡に指定され、1974年(昭和49年)4月1日、地方機関として「払田柵跡調査事務所」が開設されたのち、毎年、学術調査が進められ、その発掘調査にもとづいて外郭南門や大路、政庁などが復元されてきた。出土品は、近接する払田柵総合案内所(旧仙北町が設置)や秋田県払田柵跡調査事務所(建物は秋田県埋蔵文化財センターと共通)で見学することができる。

それ以外の場所はほとんどが民家や水田となっており、現状変更には許可が必要である。

立地と構造
横手盆地の北部に位置し、硬質泥岩の丘陵である真山(しんざん)と長森(ながもり)を囲むように外郭が築かれ、そのさらに内側には、長森だけを囲むように内郭が築かれている。内外郭の東西南北にはそれぞれ掘立柱による門が築かれていた。...

払田柵の口コミ情報

アグボンラホール様[2016年05月13日]
今まで、三回おとずれてます。

STRADA様[2015年10月18日]
ガイダンス施設に無料の貸出自転車が有ります。

野呂利駿河守休三25謎栗毛様[2015年09月28日]
城郭基本情報にもありますように中心部の長森の西隣の独立丘の真山も払田柵の外郭に囲まれていますが、真山には中世に堀田氏の堀田城がありました。今も切岸で区切られた曲輪状のものが見られます。

真山の頂上にある高梨神社は大正時代に付近の神社を統合した神社です。このあたりは当時高梨村でした。この神社には、ドンパン節の原型を創った円満造翁(円満造=えまぞう)作の彫刻が施されています。円満造翁は明治から戦前まで活躍した宮大工です。

なお高梨神社から南西1.7kmの所にある南陽院にも作品が残されているそうです。南陽院は室町末期創建と伝えられる寺で鐘楼門が目印です。

真山に話を戻すとすぐ南に東北三大地主池田家の分家の庭園があります。払田柵周辺はこの池田家の土地で同家の支援なくしては払田柵の調査はありえませんでした。

カーネル様[2012年04月23日]
HPで調べたときは、大曲バスセンターから、秋田埋蔵センター前バス停下車とありましたが、自由乗降区間のため、左にに南門が見えますので、ボタンを押して降りましょう
アナウンスも『払田前』と言っていたような・・・

楓橋右大臣夜泊様[2011年11月13日]
整備が進んでいて、正面の八脚門、政庁に登る石階段と柱列などは見応えがあります。
大曲駅より車で約15分、案内施設、駐車場もあるので安心です。
すぐ近くには「柵の湯」という温泉もあります。

払田柵の周辺観光情報

秋田県立農業科学館

秋田県の農業の歩みを紹介するほか、食や農業について楽しく考え学ぶことができる展示が多数。敷地内には広場や遊具、バラ園なども併設されており、家族でも楽しむことができる。

お問い合わせ:秋田県立農業科学館 (0187-68-2300)

唐松神社

天元5年(982)年、物部氏が唐松山山頂に社殿を奉還したのがはじまりで、その後、現在地に移築された。参道の樹齢300年以上の杉並木は壮観。子授け、安産の神として広く知られており、全国から祈願者が集まっている。

お問い合わせ:大仙市協和支所市民サービス課 (018-892-2111)

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore