本堂城(ほんどうじょう)

本堂城の基本情報

通称・別名

所在地

秋田県仙北郡美郷町本堂城回

旧国名

羽後国

分類・構造

平城

天守構造

築城主

本堂氏

築城年

天文年間(1532〜1555)

主な改修者

主な城主

本堂氏

廃城年

慶長5年(1600)

遺構

曲輪、土塁、横堀(水堀)

指定文化財

県史跡(本堂城跡)

再建造物

石碑、説明板

周辺の城

払田柵(秋田県大仙市)[1.5km]
六郷城(秋田県仙北郡)[6.6km]
四十二館(秋田県大仙市)[9.1km]
金沢柵(秋田県横手市)[11.8km]
白岩城(秋田県仙北市)[13.8km]

本堂城の解説文

本堂城(ほんどうじょう)は秋田県仙北郡美郷町(旧千畑町)に所在していた中世城館。城跡は県指定史跡となっている。

概要
本堂城は、戦国時代に構築された平城で、本堂氏の居城である。六郷複合扇状地の扇端近くに立地し、城跡の北西側を矢島川(雄物川水系)が南西方向に流れる。内堀は東西182m, 南北273mの矩形をなし、幅はおよそ10mで東西南北にめぐらされ、北西端のみ矢島川の自然の流れを利用していたとみられる。内城の周囲には内堀に接して高さ4m、基底部分の幅が6mの断面が台形状の土塁が築かれていたと考えられる。内城(曲輪)は、本丸のみのシンプルな構造と思われ、その広さは東西140m×南北180mであった。現在、内堀跡の一部は水田、また内城跡は畑地として利用され、東北端には土塁の一部が遺存している。

慶長19年(1614年)銘の現存する古絵図『本堂城廻絵図』(皆川氏旧蔵、現秋田県立博物館所蔵)によれば、さらに外堀があったことが記されている。その規模は東西436m、南北405mにもおよんでおり、小領主のものとしては大規模なものである。絵図によれば、内堀から20mから30mの距離をへだてて、内堀を包むように囲み、南側だけが凸状に出ており、南に正門、東西の中央部にもそれぞれ門のあったことがわかる。このうち、東門だけが城下町と本堂城を直接むすんでいる。

城跡から炭化米や礎石が出土しているが、規模や構造、立地などの面からみて軍事的意味はあまり高くない。おそらくは村落支配の必要上、平城の経営におよんだものと推定できる。

歴史・沿革
城主
本堂氏は、鎌倉時代の前半に陸奥国和賀郡に土着し、南北朝時代に出羽国山本郡(現在の仙北郡)に進出した和賀氏の庶流と考えられている。本堂氏は当初は角館を本拠とする戸沢氏と姻戚関係を結んだものの、周囲の安東氏、小野寺氏、戸沢氏の諸勢力に組み入れられることなく、山城の元本堂城を本拠とし、義親 - 頼親 - 朝親 - 忠親と続いた。『寛政重修諸家譜』によれば、義親は北の戸沢氏と戦い鶯野で戦死、頼親も南の金沢城主との戦いで戦死、朝親もまた戦死している。

戦国時代後半には付近一帯を支配する小大名に成長し、山城であった元本堂城から移ったのは天文年間(1532年 - 1555年)と考えられる。1590年(天正18年)、豊臣秀吉の小田原攻めに参陣、同年9月、上杉景勝の家臣藤田信吉による検地に協力している。同年12月19日、これらにより、本堂忠親は秀吉から元本堂、黒沢などの中郡(現在の仙北郡南部)11か村、8,983石余の知行地が本領安堵された(『本堂宛秀吉知行朱印状』)。なお、忠親は秀吉の朝鮮出兵にあたって肥前名護屋におもむき、文禄2年(1593年)の牧使城(晋州)攻撃の派兵が計画された際には秋田実季などとともに名前があがっており、兵25人の軍役が割り当てられている(『浅野家文書』)。


史料
真澄の記録
三河国出身の紀行家菅江真澄は『月の出羽路仙北郡』に、本堂城主について「元本堂より本覚寺も城引き移して、天文四年の頃は領地もいや増して、いよいよ家栄えて折々出陣ありし也」と記している。本覚寺は現在、六郷に所在する浄土宗の寺院である。また、本堂城跡より出土した漆塗りの手箱(魚藻文沈金手箱、後述)について、そのスケッチをのこしている。

考古資料...

本堂城の口コミ情報

はせちゃん弾正忠様[2012年08月10日]
明日8/11 10:00〜発掘調査現地説明会が実施されますよぉ

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore