楢岡城(ならおかじょう)

楢岡城の基本情報

通称・別名

所在地

秋田県大仙市南外揚土

旧国名

羽後国

分類・構造

平山城

天守構造

築城主

佐原氏

築城年

不明

主な改修者

主な城主

佐原氏、楢岡(小笠原)氏

廃城年

慶長6年(1601)

遺構

曲輪、腰曲輪、堀切、横堀(空堀)、土塁、虎口

指定文化財

再建造物

碑、説明板

周辺の城

四十二館(秋田県大仙市)[12.3km]
唐松城(秋田県大仙市)[14.2km]
払田柵(秋田県大仙市)[14.9km]
六郷城(秋田県仙北郡)[15.2km]
本堂城(秋田県仙北郡)[15.8km]

楢岡城の解説文

主郭は一番北にあって、標高65m、比高40mに占地、一辺約40mの方形をなす。東・南側に2つの腰郭をもつ。

南方に出の丸があり、井戸跡がある。

主郭の西側は底幅約2m、深さ10mの堀切で背後の山地と画す。二の郭は東西約25m、南北約45mの削平地で西縁に土塁がある。南に1つ、東に2段の腰郭がある。

底幅約2mの堀をはさんで三の郭があり、40aの削平地で途中1mの段差があり、井戸跡がある。8m下に馬場跡とよぶ帯郭がある。中に門跡らしき土盛がある。

大手筋は三の郭の南斜面で登り口に削平地で砂利敷であった。

西麓に城主楢岡氏の菩提寺・常泉寺があり、その背後に幅約25mの空堀がある。

武家屋敷の揚土集落、城下町の横町、柳町、又鍔野の字地を残す。

佐原太郎時連の城であったが、長禄2年、平鹿郡増田城主・小笠原信濃次郎光冬(尾張守長景)が滅ぼし、翌年移住し楢岡氏と称す。

楢岡氏は戸沢氏と姻戚関係を結び、重臣として勢力をもつ。楢岡左馬介清長(長信)、同右衛門尉光清の名を伝える。

情報提供:大仙市教育委員会

楢岡城の口コミ情報

口コミがまだ投稿されていません。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore