唐松城(からまつじょう)

唐松城の基本情報

通称・別名

所在地

秋田県大仙市協和境字唐松岳

旧国名

羽後国

分類・構造

山城

天守構造

築城主

不明

築城年

不明

主な改修者

主な城主

安東氏

廃城年

遺構

曲輪、腰曲輪、堀切、畝状竪堀、土塁

指定文化財

市史跡(唐松城)

再建造物

櫓門等(まほろば唐松中世の館)、説明板

周辺の城

豊島城(秋田県秋田市)[12.0km]
白根館(秋田県秋田市)[13.8km]
楢岡城(秋田県大仙市)[14.2km]
太平城(秋田県秋田市)[17.2km]
白華城(秋田県秋田市)[18.5km]

唐松城の解説文

唐松城は、唐松岳の麓から山頂にかけて築かれた、空堀や土塁が残る中世城館である。この地は、16世紀末頃に、湊城(秋田市土崎)等を拠点とする安東氏、横手盆地北部を拠点とする戸沢氏、同南部を拠点とする小野寺氏の勢力が対峙する要衝であり、度々戦が行われた古戦場である。城の造営年代や城主等は判然としないが、関連古文書等から安東氏の最前線基地と考えられている。

情報提供:大仙市教育委員会

唐松城の口コミ情報

毘沙門天山城守乱丸様[2012年11月10日]
能楽殿まほろば唐松の脇の赤い鳥居から登り頂上付近に石碑、濡れた落ち葉に足をとられながら周囲の堀切などの遺構が確認できた
車は物部長穂記念館及び唐松神社の駐車場に多数駐車できる模様!

んな摂政な!マイリバ様[2010年09月22日]
共にこのゲームの異名に登場する『斗星の北天』・安東愛季と『夜叉九郎』・戸沢盛安が鎬を削った『唐松野合戦』の舞台となった城です
直接対決させるには惜しい羽州の名将2人、今で言えば夏の高校野球秋田県大会準決勝で秋田商業と金足農業が激突するようなものでしょうか
中世の館『唐松城』背後に両軍の供養塔が建立され、主郭付近に『唐松野合戦と峰の山対陣』の碑が設置されています
主郭背後の竪堀のハンプバックぶりもなかなか趣深いものがありますので、リアル異名でのリアル攻めをオススメします

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore