戸沢氏城館(とざわしじょうかん)

戸沢氏城館の基本情報

通称・別名

戸沢氏城館[門屋城・古堀田城]

所在地

秋田県仙北市西木町小山田他(地図は門屋城を示す)

旧国名

羽後国

分類・構造

城館遺跡群

天守構造

築城主

戸沢兼盛[門屋城]、戸沢行盛[古堀田城]

築城年

承久2年(1220)?[門屋城]、不明[古堀田城]

主な改修者

主な城主

戸沢氏[すべて]、門屋氏[門屋城]、小保田氏[古堀田城]

廃城年

遺構

曲輪、横堀(空堀)[すべて]、土塁、井戸[門屋城]、竪堀[古堀田城]

指定文化財

県史跡(戸沢氏城館跡)

再建造物

石碑[すべて]、説明板[すべて]

周辺の城

角館城(秋田県仙北市)[6.7km]
白岩城(秋田県仙北市)[10.2km]
本堂城(秋田県仙北郡)[20.9km]
唐松城(秋田県大仙市)[21.0km]
戸沢城(秋田県仙北市)[21.3km]
払田柵(秋田県大仙市)[21.9km]
楢岡城(秋田県大仙市)[24.7km]
六郷城(秋田県仙北郡)[26.9km]
四十二館(秋田県大仙市)[28.0km]
豊島城(秋田県秋田市)[31.1km]

戸沢氏城館の解説文

戸沢氏城館は、鎌倉時代より同地を支配した戸沢氏が築城した、門屋城・古堀田城の総称。

県の指定史跡にもなっており、それぞれ土塁、郭、堀などを確認することが出来る。

門屋城
門屋城は、安貞2年(1228)に戸沢兼盛によって築かれたとされる。その後、200年ほどの間、戸沢氏の本城として機能していた。戸沢氏が角館城に拠点を移した後は、戸沢氏の家臣が入った。その後戦国時代後期に破却された。

古堀田城
古堀田城は、戸沢氏の北方防備における重要拠点とされていた城郭である。そのため、代々、戸沢氏一門が入ることが多かった。その後、門屋城と共に戦国時代に破却された。

戸沢氏城館の口コミ情報

2021年07月25日 RED副将軍古典厩
古堀田城[戸沢氏城館  周辺城郭]



出羽角館大名で夜叉九郎・鬼九郎の異名の持ち主、戸沢盛安で有名な戸沢氏の重要な支城です。「こぼたじょう」と読みます。

この辺りは良い山城が多いのですが、特に素晴らしいと地元秋田の城友さんの情報から訪城してきました。

縄張りは北郭と南郭に分かれ、北郭は公園として整備されています。あまりメンテはされておりませんが…

近くの畦道の脇に駐車しヤブ化しつつある林道を登っていきます。100mほど進むと人気の無い林道脇に結構なお爺さんが急に座っており吃驚します。「上にお城があるんですよね〜」と話しかけても耳が遠いのか、方言が凄いのか全く理解できませんでした。謎は深まるばかり…

謎の刺客を後にし登った先に北郭がありますが荒廃した感じ。北郭を巡る空堀は見事なはずでしたが、林道による改変にしか思えず残念でした。北郭の北側に堀切があるはずですが余りの藪で確認できず。

続いて目玉の北郭と南郭を隔てる二重堀切に向かいます。北郭南端から確認できますがヤブと鋭く深い堀切で降りようがありません。そこで南東の林道脇からヤブを掻き分け何とか到達。夏でも長袖長ズボンに登山靴、手袋装備だから行けました。
二重堀切は深さ6m、幅10mはあり、中央に畝を確認。やはり素晴らしいです。

続いて南郭に登りますが完全にヤブの世界。南東部に深い畝状竪堀群、南端に堀切等があるみたいですがヤブで確認できず。
冬に再訪したい城跡ですが、遠方で出来るかどうか…

以上で半分くらいしか実際には見れてませんが、再訪困難な上に口コミが未だ無かったので投稿しましたー。ご参考になれば幸いです。

写真
①北郭と南郭を隔てる二重堀切。真ん中に畝があります。
②二重堀切を上から。ヤブと深さで降りられません。
③二重堀切を別角度。
④北郭南端の帯郭。この先のヤブに二重堀切があります。
⑤北郭の土塁。
⑥南郭はこんな感じの激ヤブ。
⑦北郭東側の堀切。たぶん、この先の送電線を建てた際に改変している。
⑧北郭は公園。

2014年11月13日 中務少輔きたろう三世
戸沢氏城館

古堀田城は、西明寺中学校から東に延びる道の先にあり、登城口に案内板がある。

100m程度登ると東屋のある郭があり、南に延びる道の先に大堀切や 畝状阻塁がある。

東屋からはそれなりに藪をかき分ける必要があるが、少し進むと藪は楽になる。

2012年11月13日 新規攻略遠征自粛中納言乱丸
戸沢氏城館

角館よりR105北上
秋田内陸線西明寺駅付近に入口の案内板有り、城跡までスムーズに行けます。
残念ながら時間の都合上場所確認で終わる(^^;)


2011年10月25日 足軽越中守一歩
戸沢氏城館

鳥居をくぐり、幅が2mもない急な階段と道を、ちょいと歩くと、だだっ広い雑木林に出て神社だけがポツンとある。狭い入り口からは想像出来ないが、5ヘクタールの広さだそうだ。甲子園球場のグランドが、1.3ヘクタールだから約4倍である!角館城が出来るまで200年間居城であった。秀吉が領内35城を破却するまでの360年間使用されてたとは凄い!

「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「ニッポン城めぐり」 ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore