白華城(はっかじょう)

白華城の基本情報

通称・別名

所在地

秋田県秋田市豊岩豊巻字杉ノ下他

旧国名

羽後国

分類・構造

平山城

天守構造

築城主

安東義仁

築城年

戦国時代

主な改修者

主な城主

安東氏

廃城年

遺構

曲輪、堀切、横堀(空堀)

指定文化財

再建造物

碑、説明板

周辺の城

豊島城(秋田県秋田市)[7.0km]
白根館(秋田県秋田市)[7.3km]
久保田城(秋田県秋田市)[8.5km]
秋田城(秋田県秋田市)[10.6km]
太平城(秋田県秋田市)[12.2km]
湊城(秋田県秋田市)[12.6km]
亀田城(秋田県由利本荘市)[16.7km]
唐松城(秋田県大仙市)[18.5km]
小友館(秋田県秋田市)[19.4km]
楢岡城(秋田県大仙市)[29.2km]

白華城の口コミ情報

2021年07月26日 順☆散歩征夷大将軍378+28
白華城



入口に「立入禁止」と札が立ってました。近くにおばあちゃんがいたので、行ってよいものかどうか聞いてみたところ、「行けることは行けるが道が酷い」「でも行っても何もない」と言われました。で、おばあちゃんにことわって進んでみると…酷いどころではなく、シダに覆われて道がほぼ消滅。歩いた道を記録してくれるアプリなんかを持ってない人は「絶対に行かないほうが良い」です。が、何とか道っぽいところを7分ほど進むと説明板が見えてきました。ここが大手口です。そこからも酷い薮ですが、右側の曲輪には土塁と素晴らしすぎる二重堀切があり、これだけで来て良かったと思えます。左側にもいくつか曲輪や碑がありました。薮は酷いものの、全体的に「馬出」とか「搦手」とか説明のための標柱がちゃんとあるので、そこは大変親切です。※警告※登山口付近に穴があり、しかも植物に隠れて見えないので落ちる可能性大です。最初にも書いたように基本的には立入禁止になってますので、勝手に行かないようにしましょう。

2013年12月31日 中務少輔きたろう三世
白華城

県道65号から舗装路を歩き、畑を抜けて山林に入る。大手道はいまいち分かりにくいが、向かって左手の斜面を5分程度登って尾根に出れば、すぐに遺構と看板が見える。
各尾根筋は二重堀を含む堀切で遮断され、切り岸や土塁も明瞭に残っている。城好きにはお薦めの城。

2010年10月03日 楓橋太政大臣夜泊
白華城

戦国期に湊安東氏の一族である安東義仁が築いたと伝わります。湊安東氏領南側の雄物川西岸を守備していました。1567年、安東季林が城主の時、豊島氏の奇襲を受け落城しました。
入口の標識から車で行くと、民家で行き止まり駐車場はありません。県道65号線沿いに車を止めて徒歩20分程度です。現在は丘陵に戻り、下調べして行かないと、城の形状がよく分かりません。

「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「ニッポン城めぐり」 ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore