久保田城(くぼたじょう)

久保田城の基本情報

通称・別名

窪田城、矢留城、葛根城、秋田城

所在地

秋田県秋田市千秋公園1-39

旧国名

羽後国

分類・構造

平山城

天守構造

築城主

佐竹義宣

築城年

慶長8年(1603)

主な改修者

主な城主

佐竹氏

廃城年

明治13年(1880)

遺構

曲輪、横堀(水堀)、土塁、門、番所

指定文化財

市文化財(御物頭御番所)

再建造物

本丸新兵具隅櫓、本丸表門、石碑、説明板

周辺の城

秋田城(秋田県秋田市)[4.2km]
湊城(秋田県秋田市)[5.8km]
太平城(秋田県秋田市)[6.6km]
白華城(秋田県秋田市)[8.5km]
豊島城(秋田県秋田市)[9.9km]

久保田城の解説文

久保田城(くぼたじょう)は、羽後国(旧出羽国)秋田郡久保田(現在の秋田県秋田市千秋公園近辺)にあった城である。

概要
久保田藩主佐竹氏の居城である。矢留城、葛根城とも呼ばれる。江戸時代の公式文書では「秋田城」と書かれることが多かったが、古代に出羽国府が置かれた秋田城とは所在地ともに別の城であり、今日では「久保田城」の方が一般的である。

雄物川の支流仁別川左岸、程野村窪田にある神明山(しんめいやま、標高40m)に築かれた平山城で、石垣は基底部に僅かにあるのみでその上に土塁を盛られており(鉢巻土手)、天守も持たず塁上に出し御書院と呼ばれる櫓座敷を建ててその代わりとし、8棟の櫓を建て並べていた。石垣が無いのは幕府に遠慮したためとも言われるが、佐竹氏の旧領常陸国を含む東国ではもともと石垣を用いない築城法が一般的であったため、石垣作りに精通した者が居なかったともされる(但し後に江戸城の修築を命じられた時、佐竹氏は石垣の普請も担当している)。いずれにせよ山川沼沢を巧みに利用し防御を図っており、水堀や円郭式城郭など西国の様式も採り入れられている。

1880年(明治13年)の大火で城内の建造物はほぼ焼失しており、市街再建の過程で堀の多くも埋め立てられ、城下の中通を中心に秋田県初期の官庁街へと変貌した。現在、久保田城本丸のあった一帯は千秋公園となり、秋田県民会館や秋田市立中央図書館明徳館、平野政吉美術館などが整備されている。建造物としては、前述の大火を唯一逃れた御物頭御番所が現存し、本丸新兵具隅櫓(御隅櫓)、本丸表門が再建されている。

歴史・沿革
江戸時代以前
神明山には安東氏配下の三浦氏(川尻氏)が所在し、氏神(神明社)を奉っていた。三浦氏の城は「鎗留ノ城」「矢留ノ城」と呼ばれ、久保田城の別名の由来となっている<。また、神明山の名も神明社に由来する。更に古くは、頂が3つ(大嶽山・小嶽山・光明山)ある様から三森山・三嶽山と呼ばれていた。

江戸時代
1602年(慶長7年)9月17日 - 久保田藩初代藩主である佐竹義宣、安東氏の居城であった出羽湊城に入城。
1603年(慶長8年)5月 - 神明山に新城を築城開始(三浦氏の氏神は川尻村下浜へ移転。更に1694年に川尻村上野へ、1707年9月6日に川尻村総社へ移転。現在の川尻総社神社である。)。同時に城下町と徳川家康が推進していた主要道の整備も行う。
1604年(慶長9年)8月28日 - 窪田城本丸竣工。湊城を破却し窪田城を本城と定める。また、年内に他の藩へ通じる主要道が完成。
1607年(慶長12年) - 内町の町割(第一期)が開始。三の丸と中通廓が新設される。外町の町割もこの頃開始されたと見られる。
1619年(元和5年) - 内町の町割(第二期)が開始。中通廓が割直しされ、亀ノ町廓が新設される。
1629年(寛永6年) - 内町の町割(第三期)が開始。楢山・保戸野・手形・川口の侍町が新設される。...

久保田城の口コミ情報

武蔵守長可様[2014年02月14日]
2月に訪問しました。冬期期間中はお隅櫓は閉館中で、佐竹資料館のみ開館です。
城内は通路、階段ともに除雪されていて閉館中のお隅櫓までも楽に歩けます。 冬靴で行きましたが、底が滑らない靴ならばブーツでなくても登城可能です。
城内から周囲の山並みも綺麗に見え、冬の登城も気持ちがいいです。

ロドリゲス兵部卿百名城制覇様[2013年08月11日]
8月25日までの夏休み期間中、午後7時まで御隅櫓に入場できます。
櫓の4階は風通しが良く、秋田の街並みが一望できる素晴らしい空間でした♪♪

かなりのオススメです♪♪

中務少輔きたろう三世様[2013年07月30日]
城内の茶室にある手水鉢は、加藤清正が朝鮮から持ち帰り秀吉に献上したものを、佐竹義宣が石田三成の手引きで譲り受けたと伝えられる。

león飛騨守氏郷様[2012年11月06日]
秋田駅から歩いて10分程、現在は千秋公園となっています。

常陸から転封となった佐竹氏の城らしく、石垣を一切使っていない総土づくりの関東風城郭です。
遺構としては城内の警備を担当する御物頭御番所が現存してます。
一ノ門は木造の再建、御隅櫓はコンクリート製の模擬復元です。

幅の広い掘と土塁が見所でした。
土塁の上を歩ける箇所が多いので、曲輪の形がとても解りやすいです。

城内にある佐竹史料館には佐竹義宣所用の具足等、面白い展示品がたくさんありました。
興味ある方は是非。

傾奇揚げ仙兵衛様[2012年06月02日]
30分100円のコインパーキングが有るが滞在中車を停めた形跡がない

久保田城の周辺観光情報

あきた文化産業施設「松下」

千秋公園内にある「旧割烹松下」。あきた文化産業施設「松下」は、この建物をリノベーションして2016年にオープンした。オリジナルの飲み物、甘味を楽しめる松下茶寮、秋田県内全蔵の銘酒を取り揃える松下酒房など、秋田の文化を嗜む複合施設となっている。

お問い合わせ:あきた文化産業施設「松下」(018-827-3241)

ポートタワーセリオン 道の駅「あきた港」

高さ143メートルと日本海沿岸屈指の高さを誇るポートタワー。展望室は高さ100メートルとなっており、男鹿半島から鳥海山、太平山までを一望できる360度のパノラマが楽しめる。1階のセリオンガーデンでは、秋田のおみやげ、地元の農産品、名産品のショッピングも楽しむことができる。

お問い合わせ:ポートタワーセリオン 道の駅「あきた港」(018-857-3381)

赤れんが郷土館

明治45年に旧秋田銀行本店として建設された、国の重要文化財にも指定されている赤れんが館を利用した施設。秋田の歴史・民俗・美術工芸に関する企画展などを随時開催している。年末年始、不定期の展示替え期間のみ休館。

お問い合わせ:赤れんが郷土館(018-864-6851)

秋田県立博物館

考古・歴史・民俗・工芸・生物・地質の6部門を中心とした総合博物館。周囲は小泉潟公園となっており、日本庭園やフィールドアスレチックなども楽しめる。毎週月曜日、年末年始と全館燻蒸消毒期間(9月はじめ)は休館。

お問い合わせ:秋田県立博物館(018-873-4121)

情報提供:秋田県観光連盟
「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore